Japan car from Zhuan Athletic League
2017/01/24

2017Cyclocross World Cup Netherlands Hoogerheide tournament report

MurakamiKotaro_20170122last year、But big course layout has been changed、Hijoni weather is good track conditions this year was a different thing。
Low morning and evening temperature for that sunny、Easy situation seemingly under the road surface which is visible to dry the surface has been frozen chattering is that Hijoni slip。
On a high speed race、Low temperature and intense road surface of the bumpy it was expected that afflict players。
<Men's Junior>
The first race of Murakami、Some of the tension before the start was off to a good start of what was felt。
Since the morning is the most of the race、Although the temperature is low road surface was Hijoni hard and slippery、Big trouble was fully run without in concentrated race strokes。
1. PIDCOCK Thomas (GBR) 0:39:46
50.Murakami Kotaro +2:42

OdaHijiri_20170122<Men U23>
織田は序盤からの積極的な走りが目立ったが、中盤の転倒によりリズムが崩れ、さらに脚が攣ってしまいペースダウンを余儀なくされ-3LAPに終わった。
1. Joris Nieuwenhuis (DOWN) 0:50:51
46.織田聖 -3LAP

SakagichiKiyoka_20170122<女子エリート>
坂口は序盤から積極的な走りが目立った。
舗装路での踏み込みはひじょうに力強く、トップからの遅れを最小限におさえられた。
Also、U23選手中12番目の成績であり、週末の世界選手権での活躍を期待したい。
今井は序盤坂口と同じ位置でレースを進めたが、徐々に順位を下げる結果となった。経験不足の感があるが、積極的な走りは印象的であった。
武田は序盤出遅れ気味であったが、最後まで集中して走りきりゴール。
トップとのタイム差はついてしまったが、力強い走りができた。
1. VOS Marianne (DOWN) 0:42:48
42.坂口聖香 +2:58
51.今井美穂 +3:43
61.武田和佳 +5:19

SawadaToki_20170122<男子エリート>
沢田は序盤から積極的な走りができ、トップから4分強の遅れでゴール。舗装路で踏み込めていたことが結果につながった。Maeda、小坂は中盤以降同一の集団でレースを進めた。
両選手とも多少のミスはあったが、踏み込みがきちんとできており良い走りができた。
1. VAN DER HAAR Lars (DOWN) 1:03:32
51.沢田時 +4:17
56.前田公平 +5:11
57.小坂光 +5:11