Auto Giappone da Zhuan League Athletic
2018/05/02

2018全日本選手権/アジア選手権-トライアル<REPORT>

■第7回全日本トライアル選手権
・男子エリート20は寺井一希が7連覇!
・男子エリート26は塩﨑太夢はエリート1年目で優勝!

2018年で7回目を迎える全日本トライアル選手権大会。20インチの自転車で競う「男子エリート20」は第1回から負けなしの寺井一希(埼玉・チームハリケーン)が世界選手権3位(2013年)の実績を見せつける貫禄勝ち。翌日のアジア選手権に向けて期待通りの実力を見せつけた。
「男子エリート26」では初のエリートカテゴリ(19歳以上)となった塩崎太夢(山梨)が初優勝。将来有望の19歳が今後に期待をもたせる成績でファンを沸かせた。

Risultatohttp://jbta.jpn.org/img/result/result/2018/result_2018_jnc.pdf
大会ページ http://jbta.jpn.org/event/2018/2018_jnc.htm
トライアルとは? http://jbta.jpn.org/about_trial/_about.htm

■2018Asian Trials Championships/2018アジア自転車競技選手権大会-トライアル

・自転車トライアルのアジア選手権大会 初開催!
・男子エリートでは寺井一希と塩﨑太夢が初代アジアチャンピオンに!

今大会が初開催のアジア選手権大会トライアル。日本含むアジア5カ国の代表チームで争われた。

実施されたのは男女あわせて4カテゴリ。
「男子エリート20」は昨日全日本選手権7連覇を果たした寺井一希(日本)がワールドレベルの圧倒的な競技力を披露。
「男子エリート26」も同じく前日の全日本選手権勝者・塩崎太夢(日本)が優勝。
女子エリート(優勝・横田華奈)、男子ジュニア(優勝・尾又太一)を含めた実施4カテゴリの優勝を日本が独占。会場を盛り上げた
トライアルは知名度の高い競技ではないものの、アジア選手権実施によって機運を高め、今後さらなる発展を目指す。

Risultatohttp://jbta.jpn.org/asiantrials2018/2018_atc_result.pdf
大会 HPhttp://asiantrials2018.strikingly.com/