日本自転车竞技连盟
2018/03/15

2018女子エリート BIWASE CUP stage7 レポート

BIWASE CUP Stage7
Stage7は1周2.8kmの周回コースを18周する50kmで争われた。吉川がリタイアしスプリンターのいない日本チームはレース後半に上野の抜け出しによるステージ優勝を狙った。
前半は集団から細かなアタックが続くが大きな動きはない。12周あたりで上野と韓国の2名が逃げるが大きな差はつけられない。その後の下山を含む5名ほどの動きも長くは続かない。レース後半も逃げはあっても集団スプリントに持ち込みたいチームが多く逃げきれる雰囲気はない。ラスト2kmで上野が狙いすまして攻撃すると集団との差が開く。上野が粘り続けるがゴール手前30mほどで集団に飲み込まれ5位となった。優勝はタイのスプリンターJutatip Maneephanが3勝目を挙げた。
この日は上野を最後に逃がすためにラスト周回に入る前から樫木が集団にゆさぶりをかけて逃げやすい状況を作り、上野が良いタイミングで抜け出した。結果は得られなかったがステージごとにチームとして動けるようになってきている。Stage8もチームで攻撃をかけ、樫木の個人総合順位のアップとチームでのステージ優勝を狙う。(JCF強化コーチ柿木孝之)

Stage7結果
1 Jutatip Maneephan(タイ)1時間14分29秒
2 Lee Joohee(韓国)同时
3 Lee Eunhee (韓国)同时
5 上野みなみ  同タイム
12 下山美寿々 同タイム
32 樫木祥子同タイム
42 中井彩子 7秒差

Stage7 個人総合成績
1 Nguyen Thi Thi( Gao Hat Ngoc Troi AG)17時間7分6秒
2 唐見美世子(BIWASE) 12秒差
3 Nguyễn Thị Thu Mai( Gao Hat Ngoc Troi AG)29秒差
6 樫木祥子 1分35秒差
17 上野みなみ 9分20秒差
18 中井彩子 9分49秒差
36 下山美寿々 20分15秒差