日本自転车竞技连盟
2019/01/11

2018-2019UCIトラックワールドカップ第4戦 レポート

2018年12月13日から16日の4日間にわたり、イギリス・ロンドンのオリンピックベロドロームにて2018‐2019UCIトラックワールドカップ第4戦ロンドン大会が行われた。
日本からは中距離から男女3名が男子オムニアム、女子オムニアム、女子マディソンに出場。今シーズン、ヨーロッパで行われる3大会目のワールドカップとなり出場国は少なかったが、14日にはパラサイクリングのトラック大会も併催。週末にはベロドロームが満席となり、トラックサイクリングの新たなメッカ・ロンドンをであると再認識させられた。
大会3日目の女子オムニアムに出場した梶原は、3種目めのエリミネイションの17位以外を上位にまとめ、81ポイントの総合は6去处。
大会4日目の女子マディソンは梶原・古山ペアでのぞみ、上位争いに加われなかったものの、周回遅れにはならず11位となった。
男子オムニアムに出場した橋本は、1種目めのスクラッチで落車し以降の種目を棄権したものの、幸い大事には至らなかった。

■競技結果
12月15日(泥)
・女子オムニアム
6位 梶原悠未(日本) 81点

12月16日(日)
・男子オムニアム
DNF 橋本英也(日本)
・女子マディソン
11位 梶原悠未・古山稀絵(日本) 0点

結果詳細はTISSOT TIMMING HPより
HTTP://www.tissottiming.com/2018/ctrwcIV/ja-jp/Default/

本大会の日本選手団