メインメニュー

新着情報

2017年UCIジュニアネイションズカップ(フランス・スイス)大会派遣選手団

2017 年 5 月 17 日

派遣期間:2017年5月17日(水)~30日(火)
大会期間:2017年5月20日(土)~21日(日)(フランス)
2017年5月25日(木)~28日(日)(スイス)
開催場所:フランス・スイス
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ: ,

動画<2017全日本トラック TT/スクラッチ>

2017 年 5 月 16 日


カテゴリー: 新着情報 タグ:

アジアMTB選手権<レポート>DHI

2017 年 5 月 16 日

大会二日目となる13日はDHIの決勝が行われた。
コースは1.3km標高差約250mで、前半は森の中を急勾配で下っていき、後半はジャンプなど人工的セクションがある近年のアジア選手権においてはしっかりと作りこまれたコース。
昨年優勝の清水一輝を筆頭に日本勢全員に優勝のチャンスがある中、決勝までにお互いにラインどりやコースの状況、バイクのセッティング、そして他国ライダーの様子など情報を共有して個人戦ではあるが、チームとしてまとまりを見せレースに臨んだ。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

動画<2017全日本トラックケイリン>

2017 年 5 月 15 日


カテゴリー: 新着情報 タグ:

「超人たちのパラリンピック」藤田選手 NHK総合で再放送

2017 年 5 月 15 日

超人たちのパラリンピック「“挑戦”に向かって走れ! 自転車競技・藤田征樹」の再放送がNHK総合で予定されています。
放送予定:NHK総合 5月22日(月)午前0時10分〜 (5月21日(日)深夜24時10分~)
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-05-21&ch=21&eid=11046&f=3791

カテゴリー: 新着情報 タグ:

2017 UCI BMX Supercross World Cup 第3−4戦<レポート>

2017 年 5 月 15 日

5月13日よりワールドカップシリーズ第3−4戦がベルギー・ゾルダーサーキットにて開催されました。
第1−2戦オランダ大会同様、男子は長迫吉拓、女子は畠山紗英が日本人最高位で大会を終えましたが、前回大会のリザルトを上回ることはできませんでした。
レース展開の組み立て方法が課題として浮き彫りとなりましたが、継続的な海外大会参戦により改善可能と見込んでいます。
男女での決勝進出には届きませんでしたが、オランダ大会からの転戦により、日本では不可能なSXタイプコースでの実践形式練習機会を得ることができ、各選手の現状把握へ繋がりました。
次回ワールドカップシリーズは9月にアルゼンチンにて開催されます。(BMX強化コーチ 古幡陵介)
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

アジアMTB選手権<レポート>

2017 年 5 月 12 日

第23回アジアマウンテンバイク選手権大会が中国・Xuanchengにて5月12日ー14日で開催される。
5月12日大会初日の種目はXCR(クロスカントリーチームリレー)が行われた。
今までは1ヵ国4名だったのが、今回は5名(女子1名、ジュニア1名を含む)でのエントリーとなり、日本からは第一ライダー平林安里、第二ライダー川口うらら、第三ライダー村上功太郎、第四ライダー北林力、アンカーに中原義貴でレースはスタート。

続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

全日本選手権トラックレース 明日開幕!

2017 年 5 月 12 日

全日本自転車競技選手権大会トラックレースが明日から開幕します。詳しくは大会HPをごらんください。

大会名:第86回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース/2017日本パラサイクリング選手権・トラック大会
会 場:宮城県自転車競技場(333.33m)
日 程:
5/13(土)9:00~16:00 1日目(ケイリン、個人パーシュート、チームスプリント、タイムトライアル)
5/14(日)8:45~15:30 2日目(チーム・パーシュート、スプリント、スクラッチ、ポイントレース、マディソン)
大会HP http://nationalchampionships-track.com/

カテゴリー: 新着情報 タグ:

全日本ロード要項

2017 年 5 月 10 日
全日本ロード要項 - 1.12 MB - (2613 hits)
カテゴリー: 新着情報 タグ:

実業団より『第51回JBCF西日本トラック』レポート

2017 年 5 月 9 日

男子ケイリン 1位 橋本凌甫(マトリックスパワータグ)西日本トラックはラバネロ、マトリックス、松山城南高らが活躍
今年で51回目を迎える伝統ある一戦が岸和田競輪場で行われ、スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロが男女ともに活躍、マトリックスパワータグがポイントレースで圧倒した。今年に国民体育大会を迎える愛媛県から参加の松山城南高等学校自転車競技部は、スクラッチとチーム・パーシュートを制しポイントレースでも3位に入るなど高校生ながらも大活躍を見せた。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ: