Japon voiture de Zhuan Athletic League
  • HOME
  • Nouveau information Livre

Nouveau information Livre

MTBクロスカントリー・エリミネーター<レポート3>

November 12th, 2018

Day4(119 mars)
本日はクロスカントリー・エリミネーター競技(XCE)レースデイ。
スケジュールは午後14時半より予選が行われ、決勝は16時より行われる。エントリーは男子11名、女子10名と昨年より少ないが、フランスは現世界チャンピオンを含む男子4名、女子2名を送り込んできており、他国も今年のワールドカップ優勝者も参加していて、間違いなく世界トップレベルとの戦いになることは明らかだ

会場への移動は午後にしたため午前中は朝食を済ませた後に、Joueurには思い思いの時間を過ごさせた。澤木選手は軽く1時間ほどのロードワークで汗を流し、中村選手は部屋で音楽を聴きながらリラックスしていた。

12時ホテル発のバスに乗って会場入りをした。すでに、各国の選手が仕切られたゾーンに展開しており日本チームもそれにならいローラー台や椅子をセッティングして準備にかかった。Calendrierもオンタイムで動いており、程なく女子の予選タイムトライアルが始まった。続々とゴールをしてくる選手のタイムは2分30秒~40秒ほどだったので、男子のトップタイムは2分~10秒ではないかと想定したが、澤木、中村選手ともに前日の試走ではセクション毎でレーススピードで走行していたが、1周のタイムは取っていなかったため、想定タイムとどれほどの差があるのかわからないまま、予選タイムトライアルに突入した。中村選手は10番目、澤木選手は最終11番目のスタートとなった。決勝へ進めるのは8名となるため、全出場選手11名のうち3名は予選突破出来ないことになる。

想定通り予選トップタイムは、1番目に出走した全世界チャンピオンが出した2分05秒808だった。続いてフィニッシュする選手のタイムは2分10秒台前半が多く、2分10秒後半では予選突破は厳しく思われた。

中村龍吉選手 予選タイムトライアル:2分20秒766
澤木紀雄選手 予選タイムトライアル:2分19秒851

残念ながら、澤木選手、中村選手の予選突破はならなかった。
この後、女子のセミファイナル、スモールファイナル、男子のセミファイナル、スモールファイナルと続いた後に、女子のビッグファイナル、男子のビッグファイナルとオンタイムでスケジュールが進んだ。

Résultat、女子も男子もフランスの優勝となった。男子はフランスが表彰台を独占し全世界チャンピオンの連覇と完全優勝だった。決勝はタイムが発表されてなかったが、予選タイムトライアルでは日本選手とトップ選手とは約15秒ほどの差があり、わずか2分10秒~20秒のレースで15秒差は圧倒的であった。決勝レースを観戦した日本選手は、そのスピード、テクニックに自分たちとの差を感じずにはいられなかったようだった。しかし直後から今回のレースの反省とともにこの世界選手権で学んだ経験と明確な目標、課題を次々に口にし、やるべき事がたくさんあることを自覚していた。

今回で2回目となった成都市でのエリミネーター競技世界選手権。昨年は舗装路メインのスピード重視のコースで、今年は未舗装セクションが増えて総合力が試されたコースとなった。そのどちらのコースでも圧倒的な力を見せつけたフランスチームは、まだまだこれから発展していく競技であるエリミネーター競技において確実にチームとして他国を一歩も二歩も上のレベルで機能していたと感じた。選手だけではなく、コーチやスタッフの育成、そして共通の目標、課題を持ってチーム作りをしていく事もより日本チームを強くしていくために必要な手段のひとつと感じた。

最後に今回の遠征について尽力していただいた各位にあつく御礼申し上げます。

山田 智(連盟強化スタッフ)

【結果】
Homme
1. PERRIN GANIER Titouan
2. BRIATTA Hugo
3. SERRES Lorenzo
10. 澤木紀雄
11. 中村龍吉

Femme
1. CLAUZURE Coline
2. POPOVA Iryna
3. FROMBERGER Marion

Nom de Conférence:2018年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS
Pendant les rappels ouverts:平成30年11月5日(月)‐11日(日)
Ouvrir lieu de rappel:中華人民共和国 / 成都
実施競技:BMXフリースタイル・パーク、MTBクロスカントリー・エリミネーター

【クロスカントリー・エリミネーター】
監督
山田  智(強化支援スタッフ)
Joueur
澤木 紀雄(東 京・acu-power Raching Team)
中村 龍吉(福 島・学校法人石川高等学校)

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

MTBクロスカントリー・エリミネーター<レポート2>

November 9th, 2018

Day3(118 mars)
本日のスケジュールは、午前10時よりバイクによるコーストレーニングが行われた。
早めに会場入りをして、女子選手から始まったコーストレーニングを見ながら準備を始めた。昨日のオンフットトレーニングとミーティングで確認するセクションは予めチェックしてあった。特に前半の階段を使ったセクション、中盤部の未舗装セクションが今回のコースの大きなポイントとなると思われた。

数周走り終えたところで澤木、中村選手に感触を確認したところ、難しいかと思われていたセクションも実際に走ってみるとそれほどでもなかったり、また実走すると思った以上に難しいセクションもあり、改めて試走の重要性と難しさを感じた。今回、コースでもっとも難所と思われた中盤部の未舗装セクションは大きな岩が転がる急斜度の登りから、ラダーを下り降りた後の漬け物石ほどの石が転がるロックセクションのライン取りに、どの各国の選手も念入りに何度も試走を繰り返しベストラインを探っていた。澤木、中村選手も何本か想定されるラインを繰り返し試走を行った。

今回、2度目の世界選手権出場となる澤木選手は、初めて出場する中村選手と一緒に試走を行いながら反復練習、気づいた点などをアドバイスするなど日本代表チームとしての連携も機能していると感じた。遠征も3日目となりコーストレーニングも行って選手も疲労を感じはじめており、午前中でコーストレーニングは終了したため早々にホテルへ戻り午後からは選手には思い思いリラックスしてもらう時間に充てた。

demain、いよいよエリミネーター競技のレース。
現地時間で午後2時半(日本時間で3時半)より予選が開始され、午後4時(日本時間で5時)から決勝が行われる。
日本代表である澤木、中村選手がベストなレースが行えるように精一杯のサポートをしていきたい。また日本国内からの熱いエールをよろしくお願いいたします。

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

2018UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS MTB クロスカントリー・エリミネー ター<レポート1>

November 7th, 2018

Nom de Conférence:2018年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS
Pendant les rappels ouverts:平成30年11月5日(月)‐11日(日)
Ouvrir lieu de rappel:中華人民共和国 / 成都
実施競技:トライアル・BMXフリースタイル・MTBクロスカントリーエリミネー
ター

【クロスカントリー・エリミネーター】
監督 山田  智(強化支援スタッフ)
選手 澤木 紀雄(東 京・acu-power Raching Team)
中村 龍吉(福 島・学校法人石川高等学校)

Day1(11月6日)
朝6時に成田空港で澤木紀雄、中村龍吉選手とともに集合して出国手続きを行った。
自転車のサスペンションについて照会に時間がかかったものの無事に出発した。

成都市は曇天で東京よりもやや肌寒く感じる程度で入国審査も難なく済んだ。
ホテルにチェックインし少し休憩をした後に、澤木選手の経験から短時間高強度の
レースを繰り返すエリミネーター競技では、レース間のインターバルの回復が大きな
鍵になるため酸素缶があった方がより回復し易いとのことで、買い出しも含めて出か
けた。幸い酸素缶も薬局で簡単に入手する事が出来たため、11Mois9日のレースに向け
て選手の希望を得られ、幸先良い初日となった。

demain、選手登録、réunion du Directeur、オンフットでのトレーニングが午前中のスケジュール
に組み込まれているため、いよいよ明日から会場入りし、レースに備えることにな
る。

Day2(11月7日)
本日より会場入りとなった。本日のエリミネーター競技のスケジュールは、選手登録
と監督会議に続き、UCIスタッフによるコースインスペクションの後、選手によるオ
ンフットでのコーストレーニングが行われた。昨年と同じ会場となった新華公園は大
幅な改修工事が行われた影響もあり、スタート地点をはじめコースレイアウトや、
コース途中のセクションも変更された。そのためオンフットトレーニングもより念入
りに行うこととなった。

コースレイアウトはスタート直後の芝生、前半の2つのセクションのうち新設された
滑りやすい逆バンクの下り、その後に続く階段を利用した急斜度の登りから階段降
り、もっともトップスピードに乗る公園の中心にある池を囲むようにコースから、今
回大きく変更、新設された中盤部のセクションへと続く。中盤部は、未舗装の直線と
大きな岩が転がるロックセクションの登り、急斜度の下りセクション、さらに平坦で
のロックセクションと続く。後半は、トップスピードに乗る直線路と最後にジャンプ
セクションが待ち構えており、ゴールへと続く。全体的な印象としてより総合力が試
されるようなレイアウトとなっており、中盤の未舗装路やロックセクションはクロス
カントリー競技のスキルが活かされるレイアウトになっており、クロスカントリーオ
リンピックをベースに持つ澤木選手とモトクロス、La concurrence de première instance、Course sur route、
トラック競技と多才なベースを持つ中村選手にとって、楽しみなコースレイアウトと
なっている。

オンフットトレーニングの後、午後2時過ぎよりオンロードバイクトレーニングを2時
間ほどこなした。ホテルに戻ってから中村選手とスタート練習を数回行い確認しあっ
た。

明日はバイクでのコーストレーニングが、午前10時より予定されている。まずはどう
コースを攻略するのか、またエリミネーター競技は気温が一気に下がりはじめる午後
4時からのスタートとなるため身体を冷やさないよう事前の対策についても、今夜の
ミーティングで選手と詰めていきたい。

2018UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS(大会情報)
http://www.uci.org/mountain-bike/events/uci-urban-cycling-world-championships

 

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

2019年JCF登録について

November 1st, 2018

11月1日から2019年JCF登録の継続申請を開始いたします。
2019年は、国際ライセンスのWebからの個ね人申請が可能になります。
※運用は12月1日から開始予定です。(11月はまだ対応しておりません。)
2018年分の申請はこれまで通り、各加盟団体からJCFへご申請ください。

2019年JCF登録について - 350.74 kB - (720 résultats)

詳細は「JCF登録」ページをご覧ください。

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés: , , , , , , ,

Coupe du Japon妙高杉ノ原STAGE DHI, XCO速報

October 28th, 2018
Coupe du Japon 妙高杉ノ原STAGE DHI 第6戦 ダウンヒル競技が10月28日(日曜日)新潟県妙高市 妙高杉ノ原スキー場にて行われ、最終戦となった本レースの結果本年度の総合チャンピオンも決定した。
主な競技結果は以下の通り

ダウンヒル競技
Elite Hommes
1 清水 一輝 愛知県 LIFE,,,machinestore 3:56.197
2 泉野 龍雅 愛知県 Acciarpone racing 3:57.346
3 九島 勇気 神奈川県 玄武/Mondraker 3:57.501

Elite féminine
1 吉川 千香子 愛知県 重力技研/DKMC 4:43.836
2 中川 弘佳 大阪府 Lovespo.com 4:54.230
3 富田 敬子 大阪府 Acciarpone racing 4:55.921

Masters hommes
1 竹本 将史 兵庫県 TRIPCYCLE GLOBAL RACING 4:15.184
2 Gilsenan Paul 千葉県 Nukeproof 4:19.521
3 望月 克彦 静岡県 MARSH/Body Architect 4:21.363

Jeunesse Hommes
1 齋木  司 新潟県 重力技研/八海山麓MTBパーク 4:37.829
2 中島  渉 埼玉県 Limited Team 846 / Team-K 4:43.699
3 久保 稀光 千葉県 BreezeBike/fiftycycles 4:44.577

Jeunesse de la femme
1 中島  瞳 埼玉県 Limited Team 846 / Team-K 5:55.280

男子アドバンス
1 成岡 勇気 静岡県 TEAM NARO 4:33.491
2 長縄 亮磨 愛知県 カトーサイクル 4:34.281
3 倉林 快明 栃木県 SEO cycle 4:34.678

男子チャレンジ
1 阿部 渓太 群馬県 SEO cycle 5:00.831
2 渡辺 真人 神奈川県 denim男 5:12.107
3 坂川 優希 大阪府 シマノドリンキング XC B 5:13.378

Défi de la femme
1 中谷 順子 東京都 teamAST 7:07.138

DHI_Myoko_181028 - 175.41 kB - (93 résultats)

2018年度 ダウンヒル競技各カテゴリー年間チャンピオンは以下の通り決定しました。

男子エリート 井本 はじめ 東京都 Sram/Santacruz
女子エリート 吉川 千香子 愛知県 重力技研/DKMC
男子マスターズ30代 大野 良平 岐阜県 KYB含み損
男子マスターズ40代 Gilsenan Paul 千葉県 Nukeproof
男子マスターズ50代 三山 孝幸 石川県 FRS
男子ユース 齋木  司 新潟県 重力技研/八海山麓MTBパーク
女子ユース 中島  瞳 埼玉県 Limited Team 846 / Team-K
チーム Acciarpone racing

テクニカルデータ
コース長 3.2km スタート標高 1449m フィニッシュ標高 852m
Nom Assemblée: Coupe du Japon 妙高杉ノ原STAGE DHI/XCO
Rappels quotidiens ouverts: 2018/10/26-28
Catégorie:MTB DHI
Rappels pour ouvrir: 新潟県妙高市 妙高杉ノ原スキー場

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

Coupe du Japon 妙高杉ノ原STAGE XCO速報

October 27th, 2018

Coupe du Japon 妙高杉ノ原STAGE XCO第8戦 クロスカントリーオリンピック競技が10月27日(土曜日)新潟県妙高市 妙高杉ノ原スキー場にて行われ、最終戦となった本レースの結果本年度の総合チャンピオンも決定した。
主な競技結果は以下の通り

クロスカントリーオリンピック競技

Elite Hommes
1 平林 安里 SPECIALIZED RACING JAPAN 長野県 59:19.28
2 前田 公平 弱虫ペダルサイクリングチーム 東京都 1:00:56.11
3 宮津 旭 PAXPROJECT 長野県 1:01:08.47

Elite féminine
1 矢吹 優夏 B・B・Q 東京都 54:39.48
2 橋口 陽子 TEAM 轍屋 神奈川県 57:00.20
3 佐藤 寿美 drawer THE RACING 神奈川県 57:21.29

Junior Hommes
1 藤木 雄大 ProRide 滋賀県 52:41.63
2 Kang Changhyeon FDRclub 韓国 52:50.32
3 山口 創平 ProRide 滋賀県 53:25.52

Junior Femmes
1 松本 璃奈 TEAM SCOTT 長野県 51:28.37

Masters hommes
1 村田 隆 快レーシング 長野県 54:31.98
2 石川 正道 Champion system japan test team 千葉県 54:44.94
3 大橋 尚哉 tours.net 千葉県 57:08.82

Masters de femmes
1 北島 優子 Power sports SICK 千葉県 1:0039.86

Jeunesse Hommes
1 松本 一成 TEAM SCOTT 長野県 42:00.98
2 中島 渉 Limited Team 846 / Team-K 埼玉県 42:14.98
3 高本 亮太 Limited Team 846 / Team-K 東京都 44:54.14

Jeunesse de la femme
1 中島 瞳 Limited Team 846 / Team-K 埼玉県 1:04:16.99
2 太田 まどか TEAM 轍屋 神奈川県 1:05:15.85

男子アドバンス
1 鈴木 謙太 カントリーモーニング 静岡県 47:20.37
2 多端 亮 DECOJA RACING TEAM 大阪府 47:37.53
3 長谷川 拡介 みなそら北海道 北海道 48:15.26

男子チャレンジ
1 太田 真 TEAM 轍屋 神奈川県 22:50.00
2 坂川 優希 シマノドリンキング XC B 大阪府 23:17.82
3 菊地 省吾 TEAM YOUCAN 神奈川県 23:31.45

Défi de la femme
1 広瀬 由紀 SABU’s 神奈川県 35:58.42

XCO_Myoko_181027 - 220.67 kB - (180 résultats)

2018年度 クロスカントリーオリンピック競技の各カテゴリー年間チャンピオンは以下の通り決定しました。

男子エリート 恩田 祐一 MIYATA-MERIDA BIKING TEAM 新潟県
女子エリート 橋口 陽子 TEAM 轍屋 東京都
男子ジュニア 藤木 雄大 ProRide 滋賀県
女子ジュニア 松本 璃奈 TEAM SCOTT 長野県
男子マスターズ30代 品川 真寛 TEAM YOUCAN 神奈川県
男子マスターズ40代 大橋 尚哉 tours.net 千葉県
男子マスターズ50代 有持 真人 Team ARI 神奈川県
女子マスターズ 北島 優子 Power sports SICK 千葉県
男子ユース 松本 一成 TEAM SCOTT 長野県
女子ユース 中島 瞳 Limited Team 846 / Team-K 埼玉県

テクニカルデータ
コース長 4.0km 標高差 70m
Nom Assemblée: Coupe du Japon 妙高杉ノ原STAGE DHI/XCO
Rappels quotidiens ouverts: 2018/10/26-28
Catégorie:MTB XCO
Rappels pour ouvrir: 新潟県妙高市 妙高杉ノ原スキー場

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

2018年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS派遣選手団

October 15th, 2018

Nom de Conférence:2018年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS開催期間:平成30年11月5日(月)‐11日(日)
Ouvrir lieu de rappel:中華人民共和国 / 成都
実施競技:BMXフリースタイル・パーク、MTBクロスカントリー・エリミネーター

【フリースタイル・パーク】
監督
出口 智嗣(強化支援スタッフ)
メカ
中村 辰司(強化支援スタッフ)
マッサー
判冶 由弘(強化支援スタッフ)

Joueur
中村 輪夢(京 都・ウイングアーク1st)
高木 聖雄(愛 知・JFBF)
西  昂世(三 重・JFBF)
大霜 優馬(神奈川)
大池 水杜(岡山)

【クロスカントリー・エリミネーター】
監督
山田  智(強化支援スタッフ)

Joueur
澤木 紀雄(東 京・acu-power Raching Team)
中村 龍吉(福 島・学校法人石川高等学校)

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés: ,

Coupe du Japon 十種ヶ峰国際 UCI DHI Class 1 Asia Mountain Bike Series 10月7日速報

October 7th, 2018
台風の影響で10月6日の予定がキャンセルになったダウンヒル競技が10月7日(日曜日)山口県山口市十種ヶ峰MTBパークにて行われた。
主な競技結果は以下の通り

ダウンヒル競技
Elite Hommes
1 清水 一輝 愛知県 JPN LIFE,,,machinestore 2:49.998
2 CHIANG Sheng Shan TPE Chinese Taipei Cycling Association 2:51.369
3 井本 はじめ 兵庫県 JPN Sram/Santacruz 2:52.955
Elite féminine:
1 中川 弘佳 大阪府 Lovespo.com 3:52.462
2 吉川 千香子 愛知県 重力技研/DKMC 3:53.520
3 富田 敬子 奈良県 Acciarpone racing 4:03.310
Masters hommes
1 竹本 将史 大阪府 JPN TRIPCYCLE GLOBAL RACING 3:16.259
2 望月 克彦 静岡県 JPN MARSH/Body Architect 3:17.943
3 大野 良平 岐阜県 JPN KYB含み損 3:18192
Jeunesse Hommes
1 古城 栄翔 広島県 COMMENCAL 3:13.027
2 羽口 鉄馬 京都府 アールズサイクル 3:16.144
3 齋木 司  新潟県 重力技研/八海山麓MTBパーク 3:17.741
男子アドバンス
1 志賀 孝治 山口県 VAN-QUISH 3:22.446
2 守井 晴信 岡山県 TEAM DACHS-HUND 3:29.433
3 内富 哲男 山口県 VAN-QUISH 3:33.035
男子チャレンジ
1 千同 慎也 広島県 アドヴァンス/P.G 3:25.136
2 青木 暢大 静岡県 TEAM NARO 3:43.368
3 谷口 雄己 山口県 VAN-QUISH 4:00.866
Défi de la femme
1 仲上 和花 京都府 ThinkRacingTeam 6:30.965

テクニカルデータ
コース長 1.81km スタート標高 960m フィニッシュ標高 683m
Nom Assemblée: Coupe du Japon 十種ヶ峰国際 UCI DHI Class 1 Asia Mountain Bike Series
Rappels quotidiens ouverts: 2018/10/6,7
Catégorie:MTB DHI
Rappels pour ouvrir: 山口県山口市十種ヶ峰MTBパーク
DHI_Tokusagamine_181007 - 188.75 kB - (80 résultats)
Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

2019マウンテンバイクカレンダー暫定版

October 3rd, 2018

2019マウンテンバイク カレンダー 暫定版

04/20-21 Coupe du Japon くまもと吉無田 XCO 熊本県御船町 CJ-1 XC#1
05/04-05 Coupe du Japon びわ湖高島Stage XCO 滋賀県高島市 CJ-1 XC#2
05/25-26 Coupe du Japon やわたはま国際 XCO 愛媛県八幡浜市 CJ-UCI
HC AsianSeries+UCI JuniorSeries
06/08-09 Coupe du Japon 前橋 群馬県前橋市 CJ-2
06/22-23 Coupe du Japon 妙高杉ノ原Stage XCO 新潟県妙高市 CJ-2
06/29-30 Coupe du Japon 富士見国際 XCO/DHI 長野県富士見町 CJ-UCI C3 +
UCI JuniorSeries XC#4 DH#1
07/20-21 第32回全日本選手権大会 XCO / DHI / XCE  UCI
CN 秋田県仙北市 田沢湖
08/03-04
JOCジュニアオリンピックカップ/全国ユース選抜 長野県白馬村 CJ-2
08/10-11 Coupe du Japon 白馬国際 XCO 長野県白馬村 CJ-UCI C3 XC#5
09/14-15 Coupe du Japon ウイングヒルズ白鳥 DHI DH#2
09/21-23 Coupe du Japon 国際妙高杉ノ原Stage XCO/DHI 新潟県妙高市
CJ-U C3 XC#6  DH#3 
09/28-29 Coupe du Japon 深坂国際 XCO  山口県下関市 CJ-UCI C3
XC#7
10/26-27 Coupe du Japon やまぐち十種ヶ峰国際 DHI 山口県山口市 CJ-UCI
C1 AsianSeries DH#4
11/09-10 Coupe du Japon  京都ゆぶねStage  XCO  京都府和束町 CJ-1
XC#8

*10/26-27 やまぐち十種ヶ峰国際、11/09-10京都ゆぶねStage にてCoupe du
Japon年間ランキングによる表彰を行います。

UCIカレンダーより
04/27-28 UCI ワールド・カップ – DHI Maribor  スロベキア
05/18-19 UCI ワールド・カップ – XCO/XCC Albstadt  ドイツ
05/25-26 UCI ワールド・カップ – XCO/XCC Nove Mest na Morave  チェコ
TBC アジア・マウンテンバイク選手権大会 レバノン 
07/06-07 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Vallnord – Pal
Arinsal アンドラ
07/13-14 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Les Gets フランス
08/01-02 UCI マウンテンバイク4Cross世界選手権大会  Val Di
Sole イタリア
08/03-04 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Val di
Sole  イタリア
09/07-08 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI
Lenzerheide   スイス
08/21-23 UCI
マウンテンバイク・マスターズ世界選手権大会 Mont-Saint_Anne カナダ
08/31-09/01 UCI マウンテンバイク世界選手権大会  Mont-Saint_Anne カナダ
09/07-08 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Snow
Shoe  アメリカ
09/21-22 UCI マラソン世界選手権大会 Grachen スイス
10/05-06 東京2020テストイベント/マウンテンバイク  静岡県伊豆市
TBC UCI アーバンサイクル世界選手権大会  XCE

2020
06/26-28 UCI マウンテンバイク世界選手権大会 – XCO / XCR Albstadt
 ドイツ
07/24-08 / 09 第32回オリンピック競技大会  日本
09/05-06 UCI マウンテンバイク世界選手権大会 – DHI
Leogang  オーストリア
09/10-11 UCI マウンテンバイク世界選手権大会 – 4Cross Val Di Sole
09/26-27 UCI マウンテンバイク・マラソン世界選手権大会 – XCM
Sakarya  トルコ

予定は予告なく変更される場合があります   20181002

2019cal_mtb20181002 - 95.12 kB - (153 résultats)

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés:

2019マウンテンバイク・クラス登録基準について

October 3rd, 2018

大変遅れましたが、標記の通り2019マウンテンバイククラス登録基準を公示いたします。

Coupe du Japon
2019 Technical Guide “General”抜粋

18. 各クラス登録資格設定

これら各クラス毎に設定されている基準を満たしたものが、それらの各クラスに登録が可能で
ある。

共通基準
1)
UCI規定14才以上の年令(当該年12月31日現在14才以上)の公益財団法人日本自転車競技連盟

競技登録者(通年)であり、JCFマウンテンバイク・チーム登録手続きを済ませた競技者。
2)ここでいうナショナル・ランキングとは、毎年1月1日より12月31日までの期間に

於いて、JCFランキング制度に基づく該当大会ポイント集計によるものである。
3)日本登録以外のUCI加盟国連盟の競技登録者については小委員会選定による。
4)本資格設定におけるナショナル・ランキングについては国内登録者を対象とする。そのために
海外臨時登録者などはこの基準に含まず、繰り上げが行われる。

●エンデュランス(クロスカントリー)
男子エリート(19才以上−U23含む 2000年以前生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子エリート1位-50位までの競技者。
−男子アドバンスよりの男子エリートへの既途中特別昇格者。
−男子ジュニア1-10位までの年令対象者(19才)。
−男子マスターズ1-5位までの競技者。(マスターズを選択しない場合)
−男子アドバンス1-10位までの年令対象者(19才)。
2)
UCI個人ランキング(クロスカントリー・エリートおよびジュニア)保持者
3) UCI登録チーム所属の競技者
4) 小委員会特別推薦者
* 全日本選手権大会ではU23・クラスを別開催
* 年度途中でのマスターズ、エリート間のクラス変更は不可

男子ジュニア(17-18才 2001年−2002年生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者。
−男子ジュニアポイント獲得者

−男子ユースポイント獲得者で年令対象者(この者はチャレンジを選択可能)
-男子アドバンスポイント獲得者で年令対象者
-男子チャレンジポイント獲得者で年令対象者
2) UCI個人ランキング(クロスカントリー・ジュニア)保持者

男子マスターズ(30才以上 1989年以前生まれで、このクラスを選択した競技者)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者で年令対象者
−男子アドバンスポイント獲得者で年令対象者
2) 2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3) 2018年男子マスターズ登録者
4) 小委員会特別推薦者

年度途中でのエリートへのクラス変更は不可。UCI登録チーム所属の競技者はこのクラスに参
加できない

男子マスターズ40、50、60(1979年以前生まれでこのクラスを選択した競技者)

1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者で年令対象者
−男子アドバンスポイント獲得者で年令対象者
-男子チャレンジポイント獲得者で年令対象者
2) 2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3) 2018年男子マスターズ登録者
4) 小委員会特別推薦者

年度途中でのエリートへのクラス変更は不可。UCI登録チーム所属の競技者はこのクラスに参
加できない

男子ユース(14-16才 2003年ー2005年生まれ)
* 共通基準のみ

男子アドバンス(17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー男子アドバンスポイント獲得者
-男子チャレンジ1-20位までの競技者
2) 2018年男子チャレンジよりの既途中特別昇格者
3) 2018年男子エリート,マスターズの登録者で当該年度基準に該当しない者
4) 小委員会特別推薦者

男子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年度男子アドバンスポイント未獲得者。およびチャレンジ登録者
2) 他のクラス基準に該当しない者
3)新規登録者

女子エリート(19才以上−U23含む 2000年以前生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー女子エリート、Maîtres、Junior、チャレンジ、ポイント獲得者
2) UCIランキング(クロスカントリー)保持者
3) UCI登録チーム所属の競技者
4) 小委員会特別推薦者
* 全日本選手権大会ではU23・クラスを別開催する場合がある
* 年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可。

女子ジュニア(17-18才 2001年−2002年生まれ)
* 共通基準のみ

女子マスターズ(30才以上 1989年以前生まれ、このクラスを選択した競技者)
1) 2018年女子エリート、マスターズ登録者で年令対象者
2) 2018年ナショナル・ランキング、ポイント獲得者
3) 小委員会特別推薦者

年度途中でのエリートへのクラス変更は不可。UCI登録チーム所属の競技者はこのクラスに参
加できない

女子ユース(14-16才 2003年ー2005年生まれ)
* 共通基準のみ

女子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年女子チャレンジ登録者
2) 他のクラス基準に該当しない者
3) 2018年度新規登録者


各ランキング参照に於いては年齢クラスに関係なく総合の順位が基準となる。
* UCI登録チーム所属の競技者はエリートとなる。

特別昇格は別途、昇格手続きを行う必要があります。(2018年最終大会(CJ-1)での資格取得
者含む)

●グラビィティ(ダウンヒル)
男子エリート(ジュニア含む 17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子エリート1位-40位まで
−男子アドバンスよりの男子エリートへの既途中特別昇格者
−男子マスターズ1-5位まで。(マスターズ選択可能)
−男子ユース1-5位までの年令対象者(17才以上)。
−男子アドバンス1-10位まで。
2) UCIランキング(ダウンヒル)保持者
3) UCI登録チーム所属の競技者
4) 小委員会特別推薦者
* 年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可
* 全日本選手権においてもジュニア・エリート統合で行う

男子マスターズ(30才以上 1989年以前生まれ、このクラスを選択した競技者)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者でこのクラスに参加資格がある者
−男子アドバンスポイント獲得者でこのクラスに参加資格がある者
−男子チャレンジポイント獲得者でこのクラスに参加資格がある者
2) 2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3) 2018年男子マスターズ登録者、エリート登録者で年令対象者。
4) 小委員会特別推薦者
* 年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可

男子マスターズ40、50、60(1979年以前生まれで、このクラスを選択した競技者)

1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者
−男子アドバンスポイント獲得者
−男子チャレンジポイント獲得者
2) 2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3) 2018年男子マスターズ登録者、エリート登録者で年令対象者。
4) 小委員会特別推薦者
* 年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可

男子ユース(14-16才 2005年ー2003年生まれ)
* 共通基準のみ

男子アドバンス(17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー男子アドバンスポイント獲得者
-男子チャレンジ1-10位まで
2) 2018年男子チャレンジよりの既途中特別昇格者。
3) 次のクラス基準に該当しない者(男子エリート,マスターズ)
4) 小委員会特別推薦者

男子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年度男子アドバンスポイント未獲得者。およびチャレンジ登録者
2) 他のクラス基準に該当しない者
3)2018年度新規登録者

女子エリート (ジュニア含む 17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー女子エリート、Maîtres、Junior、チャレンジ、ポイント獲得者
2) UCIランキング(ダウンヒル)保持者
3) 小委員会特別推薦者
* 年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可

女子マスターズ (30才以上 1989年以前生まれ)
1) 2018年女子エリート、マスターズ登録者
2) 2018年ナショナル・ランキングー女子チャレンジ、ポイント獲得者
3) 小委員会特別推薦者

女子ユース(14-16才 2005年ー2003年生まれ)
* 共通基準のみ

女子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1) 2018年度女子チャレンジ登録者
2) 他のクラス基準に該当しない者
3) 2018年度新規登録者


各ランキング参照に於いては年齢クラスに関係なく総合の順位が基準となる。
* UCI登録チーム所属の競技者はエリートとなる。

特別昇格は別途、昇格手続きを行う必要があります。(2018年最終大会(CJ-1)での資格取得
者含む)

2019class_mtb20181002 - 160.67 kB - (49 résultats)

Catégories: Nouveau information Livre Mots clés: