Auto Giappone da Zhuan League Athletic
  • HOME
  • Nuove informazioni Prenota

Nuove informazioni Prenota

ツール・ド・ラヴニール(U23ネイションズカップ最終戦)

August 18th, 2018
ツール・ド・ラヴニール(UCI U23ネイションズカップ最終戦)
場所:フランス ブルターニュ地方~アルプス
期間:8月17日~26日 全10ステージ
日本代表チーム:石上優大、山本大喜、松田祥位、渡辺歩、大前翔、大町健斗

8月17日 第1ステージ GRAND-CHAMP ⇒ ELVEN 138.2㎞
レース結果
1 KANTER Max(ドイツ)03h15’01”
2 BANASZEK Alan(ポーランド)+0s
3 TOUZE Damien(フランス)+0s
…30石上優大、31大前翔、32山本大喜、41渡辺歩、124松田祥位、134大町健斗

コメント
U23版ツール・ド・フランスと呼ばれる今大会に世界各国から優秀な選手が集結。日本チームは3年連続の出場となり、今年は石上の個人総合30位以内、山本のステージ上位入賞を目指しスタート。今日の第1ステージは比較的動きの少ない大人しいステージとなり全員が集団ゴールでレースを終えた。明日はより激しい展開を予測し積極的に逃げに参加させたい。/浅田 顕

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1 第4ステージ

August 13th, 2018
チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1
8月12日 第4ステージ 147.9㎞

レース結果
第4ステージ結果
1 FORTIN Filippo(イタリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS)3h32m11s
2 GUARDINI Andrea(イタリア/BARDIANI CSF)+0s
3 15 SISR Frantisek(チェコ/CCC SPRANDI POLKOWICE)+0s
…25入部正太朗、39石上優大、54小石祐馬、81雨澤毅明+0s、100山本大喜+6m38s、106山本元喜+7m21s
松田祥位は途中棄権
特別賞=山本大喜
完走109人/出走111人

Finali singoli risultati di sintesi
1 ZOIDL Riccardo(オーストリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS) 13h25m40s
…28雨澤毅明+4m18s

コメント
最終ステージは前半の起伏コースと後半は緩い登りを含む10㎞の周回コースを9周するステージ。集団スプリント勝負になる可能性が高いステージではあるが、チームは最終日として積極的に逃げに乗り、雨澤は集団待機し起こりうる終盤の重要な攻撃に備える作戦でスタート。レースはアタック合戦の末形成された主要チーム6名の逃げグループに山本大喜が入る。対して集団は2分前後のタイム差で周回コースに突入しラップを重ねる。山本は積極的で粘り強い走りで4名に絞られた先行グループにまで残る健闘を見せた結果、レース途中で主催者より特別賞受賞の発表がされた。レースはラスト20㎞で集団がひとつになるが動きはゴールスプリントに向けた展開となり、大きな集団のまま最終局面を迎え閉幕した。
今回はナショナルチームとしてヨーロッパツアーで得点が出来る事を立証したかったが、挑戦意欲の低さと重要部分での詰めの甘さが結果に反映されたと省みる。リベンジの機会は必要だが同じことの繰り返しは時間の無駄。本気で世界に挑戦する意識を持つ者のみが代表に相応しい。五輪を2年後に控え、ヨーロッパツアーで得点すらできなければエリートナショナルチームはもはや価値は無い。/浅田 顕
Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1 第3ステージ

August 12th, 2018
チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1
8月11日 第3ステージ 178㎞

レース結果
第3ステージ結果
1 KUKRLE Michael(オーストリア/ELKOV AUTHOR)4h31m57s
2 ZOIDL Riccardo(オーストリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS) +2s
3 VELASCO Simone(イタリア/WILIER TRIESTINA – SELLE ITALIA)+2s
…30雨澤毅明+1m47s、64入部正太朗、69松田祥位+9m25s、72石上優大+9m32s、91山本大喜、92小石祐馬+14m47s、111山本元喜+20m58s
112人完走/122人出走

第3ステージ終了後個人総合成績
1 ZOIDL Riccardo(オーストリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS) 9h53m29s
…30雨澤毅明+4m18s

コメント
第3ステージは8つの山岳ステージを含むハードなコース。最終局面で絞られた先頭グループに雨澤を残す事が課題。レースは最初の山岳ポイントとなる標高1200mの峠の麓から約20名の先行グループが形成され、チームからは小石が見事に逃げに乗り後半まで長い逃げが続いた。集団はリーダーチームのコントロールにより山岳コースを淡々と進んだがラスト30㎞地点のゴール周回に入ると集団からの攻撃により小石らの逃げグループを吸収。そして勝負所の周回に入り前衛でアタックが繰り返される中、絞られた先頭グループには雨澤と石上が残り粘って対応するが、複数のアタックで形成された約20名の先頭グループに入れず雨澤は追走グループで30位のゴールとなり、昨日71位からの個人総合も30位までの上昇に留まり25位以内のUCIポイント圏内まで一歩届かなかった。明日の最終ステージは集団ゴールになる可能性の高いステージだが積極的に攻撃に乗り可能性を試したい。/浅田 顕

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1 第2ステージ

August 11th, 2018
チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1
8月9日 第2ステージ 197.7㎞

レース結果
1 ZOIDL Riccardo(オーストリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS)5h00m59s
2 63 FORTIN Filippo(イタリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS)+2m01s
3 15 SISR Frantisek (チェコ/CCC SPRANDI POLKOWICE)+2m01s
…33山本大喜、39入部正太朗、48雨澤毅明、67石上優大、85小石祐馬+2m01s、95山本元喜+2m37s、123松田祥位+17m58s
完走125人/出走129人

第2ステージ終了時点個人総合リーダー
1 ZOIDL Riccardo(オーストリア/FELBERMAYR SIMPLON WELS)5h21m36s
…71雨澤毅明+2m27s

コメント
雨澤のトップとのタイム差なしでのゴールを目指してスタート。序盤から山岳賞争いの動きがありチェックに入った入部が最初の山岳ポイントを5位通過するなど好調ぶりを見せた。レースはその後3名のが先行し集団はBORA HANSGROHEのコントロールで所々ペースアップがあるものの3分前後で後半に入る。しかし先頭グループ3名が分解され1名(優勝したZOIDL)になってからはタイム差が縮まらず、驚きの強さで最後は2分差を付けての単独ゴールを果たした。チームは要所でのペースアップに耐えて雨澤を含む6名がメイン集団ゴール。前日のチームTTで機関車役を果たした松田は、今日の登りでは調子が出ずに遅れた集団でのゴールとなった。明日は山岳ポイントが8か所ある最重要ステージ。雨澤の個人総合順位をUCIポイント圏内に押し出すことが目標となる。/浅田 顕

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)自転車競技日本代表選手団

August 10th, 2018
Categories: Nuove informazioni Prenota Tags: , , ,

チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1 Primo stadio

August 10th, 2018
チェコ・サイクリングツアー UCI 2.1

8月9日 第1ステージ 18.2㎞ チームタイムトライアル

レース結果
1 BORA HANSGROHE 19m33s
2 CCC SPRANDI POLKOWICE 19m46s
3 WILIER TRIESTINA – SELLE ITALIA 20m23s
…17 ジャパンナショナルチーム 21m03s(雨澤毅明、入部正太朗、山本元喜、小石祐馬、山本大喜、石上優大、松田祥位)
完走19チーム/出走19チーム

コメント
ナショナルチームとしてヨーロッパツアー1クラスのステージレースに参戦。山岳レースに合わせ登りに強い雨澤毅明をエースとしたメンバーで臨む。初日はフラットコースでのチームタイムトライアルが行われ、日本チームは平均速度18.2㎞を平均速度51.8㎞で走り17位で終えた。順位こそ下位であったが3位以下は大きなタイム差が無く、少しの調整でトップ10入りまでは果たせる感触を得た。優勝はプロツアーチームのBORA HANSGROHEでジャパンナショナルチームよりも4㎞/h速い55.8㎞/hの平均速度で走り力の差を見せつけられた。明日の山岳を含む200㎞近いロングステージでは雨澤をトップと0秒差でゴールさせる事を目標にし7名でスタートする。/浅田 顕

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

世界大学選手権 レースレポート2

August 8th, 2018

・8/4 土曜日 個人ロードレース

8:55~ 女子(89.3km)

【結果】
1位 Marta Lach(ポーランド) 2時間54分57秒
2位 Karolina Sowa(ポーランド) 2時間54分57秒
3位 Jaqueline Dietrich(ドイツ) 2時間56分23
7位 福田咲絵(慶應義塾大) 3時間01分57秒
10位 中井彩子(鹿屋体大) 3時間03分42秒

近年まれに見る猛暑が予報されたため、午前中のレースながらも距離が5km弱短縮されたコースで総勢23名が争うこととなった。コースは3カ所の登坂を含む大周回コースを回った後、5kmの登坂がある17kmの小周回を1周回るレイアウトとなっており、6名のエントリーをしてきたオランダや強豪オーストラリア、またタイムトライアル優勝者を擁するチェコチームを中心にレースが展開することが予想された。

暑さによる消耗を懸念してか、序盤はオランダ勢がコントロールしながら一つの集団で落ち着いたペースで走行。大周回最後のもっとも険しい登りでTTチャンピオンのTereza Korvosová選手(チェコ)がペースアップしたことで集団が一気に絞られる。一時は先頭の7名に日本チームの2名が残るも、登坂をクリアする前に2人同時にドロップを余儀なくされる。こぼれてくる選手を捉えようと、福田、中井両選手は追い上げを図るも、小周回で後方の選手に捕まり、スプリントのすえ、福田選手が7位、中井選手は最後の下り坂でコースアウトしてしまうトラブルもあり、10位でフィニッシュした。

 

14:00~ 男子(105km)

【結果】
1位 Ande Van Engelen(オランダ) 2時間56分33秒
2位 Jacob Mathijs(オランダ) 2時間57分35秒
3位 Liam Magennis(オーストラリア) 2時間57分35秒
12位 冨尾大地(鹿屋体大) 3時間01分01秒
15位 石原悠希(順天堂大) 3時間03分46秒
完走 西尾憲人(明星大)
完走 重満丈(鹿屋体大)
DNF 川嶋祐輔(中京大)
DNF 石井駿平(鹿屋体大)

レースレポート
男子も同様に猛暑の影響で後半の小周回が3周から2周回に短縮されてのレースとなった。スタート前から氷や水をかぶる選手が多くみられ、異常な暑さを物語っていたものの、女子とは対照的にリアルスタートからハイペースな展開となった。日本チームからは序盤のアタック合戦に冨尾、石井、重満選手を中心に参加し、積極的な動きをみせていた。15km地点あたりで冨尾が単独で飛び出し、そこに先日のTTチャンピオンであるLiam Magennis選手(オーストラリア)含む3名の選手が合流し、逃げが形成される。徐々に集団との差を広げていくが、強力な引きと急勾配の坂によって冨尾選手は逃げグループからドロップしてしまう。どうにか体制を立て直したい日本チームであったが、下り区間で石井が単独落車によってDNFとなり、主力を欠く中での戦いを強いられてしまう。気温がさらに上昇し、ばらばらとメイン集団から選手がドロップしていき、川嶋選手もその一人となってしまうも、石原選手はメイン集団で冷静に展開し、重満、西尾選手の献身的なサポートの動きが見られた。小周回に差し掛かったあたりでメイン集団が活性化し、日本チームの選手も統率がとれなくなってしまうが、冨尾選手がそこから5,6名で抜け出すことに成功し、9位集団のスプリントで4着、12位でフィニッシュし、日本チーム最上位となった。

 

学生レベルとはいえ、レベルの高いレースをこなす他国の選手を相手にどう立ち向かうかが試された今大会。レース戦術のみではなく、自国とは異なった気象や文化、環境の中でいかに順応して戦っていくかという総合的な能力が問われていたようにうかがえた。2年後のオランダ大会では、より選手として多角的な能力が試される世界大学選手権へのチャレンジ精神を抱いた多くの学生が名乗りを上げてくれることを期待したい。

本遠征にご支援いただいた関係者の皆様に、心から御礼申し上げます。

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

世界大学選手権 レースレポート1

August 4th, 2018

7/31 火曜日 個人タイムトライアル

12:00~ 女子(8.63km×2周=17.26km)
出場選手:福田咲絵(慶應義塾大学)、中井彩子(鹿屋体育大学)

14:00~ 男子(8.63km×3周=25.89km)
出場選手:石原悠希(順天堂大学)、冨尾大地(鹿屋体育大学)

今大会の最初の種目である女子個人タイムトライアルは正午12時から行われた。コースはほとんど直線でテクニカルなコーナーはないものの、1周で獲得標高が134m、スタートから上り基調で、ペーシング戦術が鍵を握るコースレイアウトとなっていた。
女子の最初の出走選手は今年度の全日本学生個人タイムトライアルでの優勝者でもある福田選手。スタートからものの5分で1分前を走る中国の選手をパスする好ペースを刻み、26分46秒73(+58秒35、平均38.7km/h)の6位でフィニッシュした。続く中井選手は29分02秒59(+3分14秒21、平均35.7km/h)の13位でレースを終えた。優勝はチェコのTereza Korvosová選手であった。

続いて14時から男子のレースがスタートした。この頃には日差しも照っており、気温は30℃を超えていたため、猛暑の中厳しいレースになることが予想された。
男子は昨年度のツールド北海道における山岳賞獲得の活躍が記憶に新しい冨尾選手からスタート。後半にかけて後続の選手を引き離す走りをみせるも、38分40秒68(+4分48秒17、平均40.2km/h)で課題の残る結果となった。個人タイムトライアルを得意とする石原選手は最後から6番目スタートで、ある程度他国の選手タイムを把握できる位置で出走した。1周回目で好タイムを記録し、そのまま維持できれば上位入賞が狙えるくらいの勢いであったものの、後半での失速を余儀なくされ、35分55秒57(+2分03秒06、平均43.2km/h)の10位でフィニッシュした。優勝はオーストラリアのLiam Magennis選手であった。


 

8/1 水曜日 クロスカントリー

10:30~ 女子(4.19km×5周=20.95km)
出場選手:山田夕貴(松本大学)

14:30~ 男子(4.19km×7周=29.33km)
出場選手:上野蓮(日本経済大学)、江越昇也(桐蔭横浜大学)、穴田玖舟(札幌大学)
     黒瀬文也(東海大学札幌キャンパス)、松田賢太郎(慶應義塾大学)
     松本佑太(法政大学)


大会2日目はクロスカントリー競技が行われた。
午前中の女子の部には日本チームから唯一のエントリーである山田選手が出場。スタート直後の位置取りが重要となるため、選手達はUCIランキング順にスタート位置に並ぶ。山田選手は18人中8番目の位置からのスタートであった。スタート早々有力選手が数名飛び出し、追う展開に。段々と気温も上がり、レースを降りる選手も出る中で、山田選手は力を振り絞り1時間15分44秒62(+13分02秒38)の9位でフィニッシュした。優勝はドイツのFelicitas Geiger選手、ランキング上位の選手を振り切る力強い走りであった。

現地では14時から16時にかけて気温がピークに達するため、暑さとの戦いもハードなレースになることが確実であった。日本チームの中では先日行われた全日本選手権のU23において最上位であった上野選手の入賞に期待がかかった。男子のレースも女子と同様にスタート直後から数名の有力選手が飛び出し、後続がばらばらと続く展開になるものの、期待のかかる上野選手が5、6番手の好位置で最初のフィーディングゾーンを通過した。今回のコースでは1周回の内に2回、同じゾーンでのフィーディングを行う形式であったため、出走していないロード選手も総出でサポートにあたった。その支援もあってか、上野選手が9位と健闘し、その他の5名の選手も全員無事完走することができた。


以下、Risultato
1位 Erno Mccrae(ベルギー)   1時間17分04秒
9位 上野蓮   (日本経済大学) 1時間24分23秒
13位 穴田玖舟 (札幌大学)   1時間27分36秒
14位 江越昇也 (桐蔭横浜大学) 1時間28分28秒
15位 松田賢太郎(慶應義塾大学) 1時間29分09秒
16位 黒瀬文也 (東海大学札幌) 1時間29分34秒
17位 松本佑太 (法政大学)   1時間30分29秒

 

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags: ,

J SPORTS放送予定(全日本ロード,Japan cup pista)

July 28th, 2018
<Cycle*2018 第87回全日本自転車競技選手権大会>
~ロードレース~

解説:飯島誠
実況:足立清紀
Aperto tutti i giorni promemoria:2018年6月22-24日
Sede:島根県益田市

日の丸をあしらったナショナルチャンピオンジャージを巡る熱い戦いに注目!

■放送予定
<Cycle* 2018ジャパントラックカップ>
~ハイライト~

Aperto tutti i giorni promemoria:2018年7月6-8日
Sede:Izu, Shizuoka Prefecture Berodoromu

伊豆修善寺のベロドロームを舞台に、世界トップクラスの選手が集まる国際レース「2018ジャパントラックカップ」をハイライトでお届け!

■放送予定
Categories: Nuove informazioni Prenota Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP 2018 Tour de l’abitibi stage7

July 23rd, 2018

Stage7

Stage7はSenneterreをスタートしてVal-d’Orに戻ってから5kmの周回を10周走ってゴールする120kmで争われた。日本チームは最初の30kmの横風区間をチームでまとまり注意することと、日野のステージ優勝、そしてスプリントポイントを含めてボーナスタイムで個人総合6位までのジャンプアップを狙ってスタートした。

スタートしてすぐに横風が吹く中でフランス、ニュージーランドが攻撃を開始すると一気に集団後方はばらばらとなる。日本チームはうまくまとまれず単騎で動く形となり危険な状態になるが、攻撃が長くは続かず集団に全員とどまる。横風区間が終わると追い風で進み周回に入る。1回目のスプリントポイントは総合に関係のない選手が逃げていたためそのまま集団で通過する。2回目のスプリントポイントの2周前に個人総合8位のフランスのMAINGUENAUD Tom選手を含む5名の逃げが出来るが、日野の個人総合を守るために山本が日野を連れて集団からブリッジをかけて7名の先頭集団を形成する。この逃げによりスプリントポイントでは日野は1位通過して3秒獲得する。この逃げはフランス3名を含む強力なもので、山本がここから遅れた後も続いたが残り3周あたりで吸収される。その後フランス2名、ニュージーランドを含む6名の逃げが決まり25秒ほどのタイム差をつける。個人総合上位の選手は含まない逃げであるがアメリカが強力にコントロールし、メイン集団の人数も絞られる。タイム差がなかなか縮まらない中ラスト2kmほどで先頭集団が牽制したため一気に集団が追いつく。そこからは日野、福田で集団前方をキープして最終コーナーを6番手あたりで回る。最後は力勝負となり、カナダナショナルチームのPICKRELL Rileyの先行を差せず日野が2位、福田が3位となった。8月のトラック世界選手権ではスプリントに参加予定のPICKRELLがこの日も圧倒的なスピードでステージ3勝目を挙げた。スプリントポイントとゴールでのボーナスタイムにより日野は個人総合で5位まで上がり、また福田もネイションズポイント圏内の個人総合20位に入った。

レース中盤のスプリントポイントを狙って予想通りフランスが攻撃してきたのにしっかり2名で対応して個人総合の逆転を許さず、またステージ優勝のチャンスを広げた。ただこの日は横風区間の対応に遅れ危険な場面もあった。またラスト3周で決まった逃げは個人総合に関係のない選手とはいえ逃げ切られる可能性が非常に高いもので、日野でステージ優勝、そしてゴールでのボーナスタイムで日野の個人総合を上げるためには日本チームで追わなければならないところをアメリカに全て任せてしまった。

今回は個人総合上位にいる選手を抱えながら、ステージ優勝を狙うということで選手自身レース中に頭を使わなければならない場面が多く、ステージ優勝はかなわなかったが貴重な経験を積むことが出来た。

Stage7順位
1 PICKRELL Riley (カナダナショナルチーム) 2時間37分37秒
2日野泰静 同タイム
3福田圭晃  同タイム
25小野寺慶 同タイム
35小笠原匠海 同タイム
88山本哲央 9分9秒差

Stage7個人総合順位
1 SHEEHAN Riley (America) 14時間5分15秒
2 BOOTS Kendrick (America)19Parsec
3 GARRISON Michael(America)19Parsec
5日野泰静 33秒差
20福田圭晃 1分24秒差
21小笠原匠海 1分24秒差
27小野寺慶 1分48秒差
98山本哲央 33分23秒差

JCF強化コーチ 柿木孝之

Categories: Nuove informazioni Prenota Tags: