メインメニュー

新着情報

2017年ロード世界選手権<速報>女子ジュニア

2017 年 9 月 22 日

女子ジュニア(76.4km)
1 PIRRONE Elena ITA 2:06:17
2 JORGENSEN Emma Cecilie Norsgaard DEN 2:06:29
3 PATERNOSTER Letizia ITA 2:06:29
26 SHIMOYAMA Misuzu JPN 2:10:29

リザルト - 199.77 kB - (233 hits)

続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

2017年世界選手権レポート<レストデイ>

2017 年 9 月 21 日

ノルウェー・ベルゲンで行われている世界選手権ロードレース、タイムトライアル種目が終了し、本日はコースでのトレーニングが行われている。
明日からはいよいろロードレースが開始され、金曜日には女子ジュニアと男子U23、土曜日には男子ジュニアと女子エリート、日曜日には男子エリートが開催される。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

2017年世界選手権レポート<MJ TT>

2017 年 9 月 20 日

世界選手権タイムトライアル2日目は午前中にジュニア男子、午後にエリート女子のカテゴリーがベルゲンの街を周回する21.1kmで争われた。途中12%以上の勾配区間を含む1.4kmの登り区間があるが、コース全体でのコーナーの技術、ライン取り、バイクコントロール能力もタイム差を左右する。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

2017年世界選手権レポート<WJ TT>

2017 年 9 月 19 日

2017ロード世界選手権が9月17日からノルウェーのベルゲンで始まった。9月18日から3日間開催される個人タイムトライアルに日本チームはジュニア男女、U23男子、エリート女子のカテゴリーに参加する。
9月18日午前に行なわれたジュニア女子タイムトライアルには下山美寿々が出走。ジュニア女子はアップダウン、そして石畳区間を含むベルゲンの街を1周回する16.1kmのコースで争われた。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

2017年世界選手権レポート<U23 TT>

2017 年 9 月 19 日

個人タイムトライアルとしてはテクニカルで急勾配を含むアップダウンの多いサーキットで開催された。日本から出場の小野寺と岡は厳しいコースで苦戦し、平均速度43㎞/前後で走り切り43位44位の成績となった。優勝は唯一平均速度47㎞/h台で走り切ったデンマークのBJERG。フラット基調のTTでは50㎞/hオーバーで走る上位者に対して、全日本選手権タイムトライアルのエリートクラスで上位の小野寺と岡の成績は、日本人のタイムトライアルレベルそのものの評価として受け入れ強化して行きたい。(浅田 顕)
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

実業団より『第1回 JBCF秋吉台カルストロードレース』レポート

2017 年 9 月 17 日

「無敵マトリックス アイラン・フェルナンデスが初開催の秋吉台を制する」
山口県下で初のJプロツアーロードレースとなった秋吉台カルストロードレース。美祢市の風光明媚な観光道路である秋吉台カルストロードを往復するコース設定で、両端に上りと下りがあるもの。とりわけフィニッシュ地点へ至る1kmは勾配10%を優に超え、集団をふるいにかける強烈な劇坂が待ち構える。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体 大会情報

2017 年 9 月 16 日

愛媛国体監督会議資料 - 4.27 MB - (811 hits)

愛媛国体選手監督一覧 - 215.92 kB - (1379 hits)

トラック公式練習時間表 - 71.93 kB - (463 hits)

カテゴリー: 新着情報 タグ: ,

VUELTA A VALENCIA レポート<第4ステージ>

2017 年 9 月 12 日

2位でゴールの「2」サインで微笑む小野寺玲第4ステージ MONCADA-MONCADA 122.3km
最終ステージは1周13.5㎞の平坦サーキットコース。チームは逃げの展開とスプリントと両方の展開を想定しスタート。強風の影響で1周目から集団が分裂し43人に絞られ1分30秒リードする先頭グループには日本チームから5名が参加する好展開。中間スプリントでは混戦の中新城の好サポートで渡辺がポイントを加算しスプリント賞を決定づけた。 続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

VUELTA A VALENCIA レポート<第3ステージ>

2017 年 9 月 11 日

第3ステージは標高差のある大きな周回を4周する準山岳ステージ。下りは道幅が広く登りは勾配が緩いため流れるようにレースは進む。展開は序盤から山岳賞雨澤を含む逃げグループが展開するが、集団もスピードを緩めずハイペースで進む。後半に逃げは吸収されレースは長く伸びた大きな集団のまま進み、周回を外れる引き込み線のような20%を越える急勾配ゴールへ差し掛かる。 続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

VUELTA A VALENCIA レポート<第2ステージ>

2017 年 9 月 9 日

第2ステージは今大会最大の山岳ステージで2級と1級の2つの峠を越える。山岳に強い雨澤が良いコンディションでスタートに並ぶ。レースは序盤から3名の逃げグループが形成され、総合リーダーの新城雄大が自ら逃げに乗り周囲を驚かせる。追走を迎え受け5名になった逃げグループは最初の2級山岳まで持ちこたえるが、頂上付近で後続集団から雨澤が単独アタックしブリッジに成功。 続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ: