メインメニュー

新着情報

学連より「女子選手参加について」のお知らせ

2017 年 3 月 13 日
カテゴリー: 新着情報 タグ: ,

ベトナムBIWASE CUP2017<レポート>Stage6

2017 年 3 月 13 日

Stage6
Stage6は緩やかなアップダウンはあるがほぼ平坦の110kmのコースで、日本チームは個人総合上位選手と5人以上の逃げはいかさないように注意してスタートする。昨日のステージで個人総合2位の選手がほかのチームからバイク交換したということでレース後に2分のペナルティーを受けて個人総合争いから脱落した。これによりチーム間の利害関係が崩れ、日本チームのみで対応しなければならない場面が増えることが予想された。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

ベトナムBIWASE CUP2017<レポート>Stage5

2017 年 3 月 13 日

Stage5
Stage5の最初の40kmまでは平坦であるが、40km過ぎから1.5kmの急勾配の山岳ポイントを始めに66km地点までは3つの山岳ポイントを含む登りが続く。そこからラスト40kmは平坦のコースで、山岳区間でいかにチームの人数を残して最後の平坦区間に臨めるかが問われるステージとなる。
最初の平坦区間で多くのアタックがあるがなかなか決まらず、30kmあたりでようやく3名の逃げが決まる。登り口まで1分差まで広がったが、個人総合2位で山岳賞を唐見から奪いたい地元ベトナムチームが集団を牽引して登りに入る。最初の山岳ポイントで集団は分裂し始め、その後アップダウンを繰り返しながら登る59km地点の山岳ポイント、66km地点の最後の山岳ポイントでは毎回7名ほどの少人数に絞られる。 続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

第11回明治神宮外苑大学クリテリウム コミュニケ

2017 年 3 月 12 日

全コミュニケ - 5.76 MB - (679 hits)

カテゴリー: 新着情報 タグ:

U23 ナショナルチーム ベルギー遠征 第2戦

2017 年 3 月 12 日

Meulbeke
前回 積極的に動いたもののリタイヤとなってしまった山本だったが、今回は的を絞って動き結果を残した。
何回か大きな動きがあり、アタックと吸収を繰り返しながらレースは集団のまま中盤へ。
横風区間で集団が割れ、山本が第1集団の約20名に残る。ラスト1周に5名が抜け出し、山本は追撃体制に入るが後続からきた選手1名に追い抜かれ7位でフィニッシュした。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

ベトナムBIWASE CUP2017<レポート>Stage4

2017 年 3 月 12 日

Stage4
Stage4は1周5kmの湖の周りを10周する50kmのコースで、日本チームは個人総合成績に関係のない逃げはステージ優勝狙いのチームに任せて、厳しいレースとなることが予想されるstage5のために温存して望みたい。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

石川車連よりチームアテンダント講習会のお知らせ

2017 年 3 月 11 日

石川車連ではチームアテンダント講習会を開催します。詳しくはhttp://ameblo.jp/ishikawa-cf/entry-12255183576.htmlをご覧ください。

カテゴリー: 新着情報 タグ: , ,

ベトナムBIWASE CUP2017<レポート>Stage3

2017 年 3 月 11 日

Biwase Cup2017 stage3
Stage3の最初の60kmはアップダウンコースで、中盤に2kmの登り、そしてレース終盤に勝負ところとなる7kmの登りをこなし、そこから2kmほどの下り基調でゴールを迎える112kmで争われた。
レース前半のアタック合戦で日本チームは逃げの選別をして、最終的には7名の逃げを容認した。アップダウンコースのため集団からも逃げグループを追うアタックが続くが日本チームで問題なく対応し、2分から3分差ほどの差をキープする。 続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

ベトナムBIWASE CUP2017<レポート>Stage2

2017 年 3 月 10 日

Biwase Cup2017 stage2
Stage2は87kmのコースで緩やかなアップダウンののち60km過ぎからの9kmの登りが勝負所となる。日本チームは個人総合で梶原がトップに立つが、この日の登りは梶原には厳しいためチームで集団をコントロールしないことを事前に確認した。日本チームがコントロールしないことでスタート直後からアタック合戦になることを想定していたが、この日は大きなアタックが起こらず穏やかに進む。 続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ:

ベトナムBIWASE CUP2017<レポート>Stage1

2017 年 3 月 8 日

FinishBIWASE CUP2017 Stage1
3月8日から16日まで9ステージで行なわれるBIWASE CUP2017がスタートした。このレースはUCIレースではないが、ナショナルチームが7チーム、ベトナムのクラブチームの10チームが参加し、3つの登りのステージと6つの平坦ステージで争われる。日本からは唐見実世子、梶原悠未、樫木祥子、福田咲絵、下山美寿々の5選手が出走した。
第1ステージはホーチミン郊外の22kmの平坦周回コースを3周する66kmのコースで、日本チームは集団スプリント勝負での梶原のステージ優勝と途中のスプリントポイントでのボーナスタイムによるこの日の個人総合リーダーを狙った。
続きを読む…

カテゴリー: 新着情報 タグ: