Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • New Book Information

New Book Information

2018-2019UCIトラックワールドカップ第3戦 レポート

December 11th, 2018

2018年11月30日から12月2日の3日間にわたり、Germany・ベルリンにて2018‐2019シーズンの第3戦となるトラックワールドカップ
ベルリン大会が行われた。
シーズン3戦目のワールドカップとなり、各国・各種目のオリンピックポイントが見え始め、ポイント獲得の戦略が練り直された様子が伺えた。
日本は、短距離から男女6名と中距離から男女6名の合計12名で参戦。女子ケイリンで2017-2018シーズン善戦を見せていた小林優香が3位に入り念願のメダルを獲得、太田りゆが7位と、共に過去最高の成績を残した。

日本勢の結果は以下の通り。

11/30(金)
■女子チームパーシュート
15位 日本(古川美穂、Hashimoto Yuya、Koyama maleate、中村妃智) 4分38秒119
■男子チームスプリント
9位 日本(雨谷一樹、新田祐大、深谷知広) 44秒328

12/1(土)
■女子スプリント ※タイムは予選200mFTTの記録
21位 小林優香(ドリームシーカー/日本)11秒017
28位 太田りゆ(日本)11秒336
■女子オムニアム
21位 古山稀絵(日本) 13点
■男子ケイリン
9位 新田祐大(日本)
13位 渡邉一成(JPC/日本)

12/2(日)
■女子マディソン
15位 日本(中村妃智、橋本優弥) 0点
■女子ケイリン
3位 小林優香(ドリームシーカー/日本)
7位 太田りゆ(日本)
■男子スプリント
24位 深谷知広(日本) 9秒926
29位 新田祐大(日本) 9秒954
31位 渡邉一成(JPC/日本) 10秒012
■男子オムニアム
13位 窪木一茂(日本) 71点

結果詳細はTISSOT TIMMING HPより
http://www.tissottiming.com/2018/ctrwcIII/ja-jp/Default/

■小林優香のコメント
メダルを取れたことは素直にうれしい。去年は悔しい思いをし、今年の2戦目までも悔いの残るレースだった。ここできっかけがつかめて良かった。欲を言えば違う色のメダルがよかったので、合宿でもう一段パワーアップして次の大会でも表彰台を狙いたい。

本大会の日本選手団

Categories: New Book Information Tags:

2018-2019トラックワールドカップ第4戦派遣選手団

December 10th, 2018
Assembly name: 2018-2019UCIトラックワールドカップ 第4戦
Dispatch period: 2018年12月11日(火)~12月18日(火)
During the General Assembly: 2018年12月14日(金)~12月16日(日)
Open reminder place: London
Oversight: イアン・メルビン (中距離ヘッドコーチ)
メカニック 齊藤 健吾 (強化支援スタッフ)
マッサー: 木下 遥 (強化支援スタッフ)
Staff: レン・パーカー (強化支援スタッフ)
ブレンダン・マーフィー (強化支援スタッフ)
エミリー・ラッセル (強化支援スタッフ)
Hand selected
Hashimoto Hideya (岐阜 JPCU岐阜/チームブリヂストンサイクリング)
Kajiwara Yuumi (茨城 筑波大学)
Koyama maleate (東京 日本体育大学)
Categories: New Book Information Tags:

〈MEDIA〉TV放送予定(トラック/ブノワ・ベトゥ,脇本雄太)NHK World

December 6th, 2018

■NHK World J-Arena
NHKワールド 2018/12/7(金)13:30〜(28分)、17:30~、25:30~、翌7:30~
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/jarena/20181207/2073022/

~番組HPより~
▽Japan’s homegrown track cycling sport of keirin first joined the
Olympics in 2000. Despite a vibrant professional scene, Japan has
underperformed on the world stage until now. We speak to 10-time former
sprint cycling world champion, Koichi Nakano, and renowned coach Benoit
Vetu, who are working hard to transform Japan’s fortunes. Thanks in part
to revamped training program performances have been improving, with Yuta
Wakimoto clinching the men’s keirin title at this year’s UCI World Cup.

■日本での番組の視聴方法
・NHKワールド(英語版)HP
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/
上記のアドレスにアクセスしていただき、トップページにある「Live」と書かれたウインドウをクリックしていただくとその時間に放送されている番組を見ることができます。

・携帯端末アプリをダウンロードし視聴
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ja/app/

・NHKワールド「ひかりTV 181ch」「J:COM 280ch」「地域ケーブルテレビ」
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/japanese/info/info04.html

Categories: New Book Information Tags:

2018-2019トラックワールドカップ第3戦派遣選手団

November 19th, 2018
Assembly name: 2018-2019UCIトラックワールドカップ 第3戦
Dispatch period: (短距離選手)2018年11月26日(月)~12月4日(火)
(中距離選手)2018年11月25日(日)~12月4日(火)
During the General Assembly: 2018年11月30日(金)~12月2日(日)
Open reminder place: ドイツ・ベルリン
Oversight: ブノア・ベトゥ (短距離ヘッドコーチ)
イアン・メルビン (中距離ヘッドコーチ)
メカニック 高橋 優平 (強化支援スタッフ)
齊藤 健吾 (強化支援スタッフ)
マッサー: 中山 真臣 (強化支援スタッフ)
木下  遥 (強化支援スタッフ)
Staff: 田畑 昭秀 (情報科学スタッフ)
レン・パーカー (強化支援スタッフ)
ロバート・スタンレー (強化支援スタッフ)
エミリー・フランチェスカ (強化支援スタッフ)
アリス・ボナミ (通訳)
総務: 齊藤 真未 (JCFスタッフ)
Hand selected
<短距離ナショナルチーム>
Nitta Yu-dai (JPCA JPCU福島)
Fukaya Tomohiro (JPCA JPCU愛知)
Ametani Kazuki (JPCA JPCU栃木)
太田 りゆ (JPCA JPCU埼玉)
<ジャパン・プロ・サイクリング(JPC)チーム>
Watanabe Kazunari (JPCA JPCU福島)
<ドリーム・シーカー(DSR)チーム>
Yuka Kobayashi (JPCA JPCU福岡)
<中距離ナショナルチーム>
Kuboki Kazushige (福島 チームブリヂストンサイクリング)
Nakamura HiSatoshi (千葉 日本写真判定株式会社)
Koyama maleate (東京 日本体育大学)
Hashimoto Yuya (岐阜 鹿屋体育大学)
Yoshikawa Miho (和歌山 Live GARDEN Bici Stelle)
Ueno South (鹿児島 シエルブルー鹿屋)
Categories: New Book Information Tags:

2018-2019UCIトラックワールドカップ第2戦 レポート

November 2nd, 2018

先週のフランス大会に引き続き、UCIトラックワールドカップ第2戦がカナダ・ミルトンにて開催された。

【短距離チーム】
今大会での大きな収穫は、短距離の深谷知広のスプリント6位。世界トップクラスの選手が多く参加し、パワーの面で遅れをとっていたと思われていたスプリントで1/4決勝まで進出。東京オリンピックの出場権をスプリント単独でも獲れる可能性を大きく示した。
Also、太田りゆは女子ケイリンでの著しい成長を見せた。結果は敗者復活戦での敗退だったが、次に大きくつながるレース内容で今後の活躍が期待される。
ワールドカップ第1戦で男子ケイリンで金メダルを獲った脇本雄太は、危なげなく1-6位決勝まで進んだが、決勝では一瞬立ち遅れ6位となった。しかし、確実に成長している手ごたえを感じるレースであった。

【中距離チーム】
フランス大会は出場せず、本大会がシーズンWC初戦となった。女子チーム・パーシュートの7位は2020年東京オリンピックの出場権を得られる最低ラインをクリアしたと思われるが、今後各国の状況ではボーダーが上がる可能性もあり、確実にポイントを積み上げていきたい。
女子オムニアムの梶原悠未は、第1種目のスクラッチで幸先よく4位に入ったものの、以降の種目でメダルを争う位置に入れず、総合7位となった。本大会は女王ローラ・ケニーの出場でレベルが一気に上がり、その経験を活かし次戦に挑む。
男子チーム・パーシュートは昨年の記録からタイムを伸ばせず15Place。オリンピック出場枠である8位以内を引き続き目指していく。

その他の成績は下記サイトより。
http://www.tissottiming.com/2018/ctrwcII/ja-jp/Default/

Categories: New Book Information Tags:

2019年JCF登録について

November 1st, 2018

11月1日から2019年JCF登録の継続申請を開始いたします。
2019年は、国際ライセンスのWebからの個ね人申請が可能になります。
※運用は12月1日から開始予定です。(11月はまだ対応しておりません。)
2018年分の申請はこれまで通り、各加盟団体からJCFへご申請ください。

2019年JCF登録について - 350.74 kB - (1384 hits)

詳細は「JCF登録」ページをご覧ください。

Categories: New Book Information Tags: , , , , , , ,

トラック中距離・ナショナルコーチ・トレーニングキャンプ視察研修会について

October 29th, 2018

≪応募フォームのURLを訂正しました。≫

Categories: New Book Information Tags:

2018-2019UCIトラックワールドカップ第1戦 レポート

October 22nd, 2018
トラックシーズンの本格的な開幕を告げる、UCIトラックワールドカップ第1戦がフランス・パリ郊外のサン=カンタン=アン=イヴリーヌにて開催された。
日本トラックチームで最も期待を集める男子ケイリンは、日本からは昨シーズンの世界選手権銀メダルの河端朋之(JPCU岡山)と2017-2018ワールドカップ第4戦優勝の脇本雄太(JPC/JPCU福井)が出場。ワールドカップでは今大会から2020東京オリンピックのオリンピックポイント対象大会となり、各国主力級が揃うハイレベルな戦いとなるなか、脇本雄太が見事に優勝。河端朋之は惜しくも準決勝4位で決勝進出は逃すも10位。日本はトップ10に2名の選手が入る唯一の国となり、オリンピック出場へ向け貴重なポイントを獲得した。

ワールドカップ第2戦は10月26日より、中距離チームも加わりカナダにて実施される。

■脇本雄太のコメント

2017年12月のワールドカップで獲得した金メダルがまぐれじゃないと証明できて嬉しかった。これでオリンピックのメダルに自分の中で1歩近づいと思っている

■レース結果(メダル獲得種目のみ掲載)
Men's Keirin
1 脇本雄太/WAKIMOTO Yuta JPC/JPN
2 DAWKINS Edward NZL +0.079
3 MAKSEL Krzysztof POL +0.128

10 河端朋之/KAWABATA Tomoyuki JPN

■その他種目の結果
Categories: New Book Information Tags:

2018-2019トラックワールドカップ第1戦派遣選手団

October 16th, 2018
Assembly name: 2018-2019UCIトラックワールドカップ 第1戦
Dispatch period: 2018年10月14日(日)~10月30日(火)
During the General Assembly: 2018年10月19日(金)~10月21日(日)
Open reminder place: Paris, France
Oversight: ブノア・ベトゥ (短距離ヘッドコーチ)
コーチ: ジェイソン・ニブレット (短距離コーチ)
メカニック 森  昭雄 (強化支援スタッフ)
マッサー 中山 真臣 (強化支援スタッフ)
Staff 田畑 昭秀 (情報科学スタッフ)
レン・パーカー (強化支援スタッフ)
グレゴリー・レンティン (強化支援スタッフ)
アリス・ボナミ (通 訳)
Hand selected
<ナショナルチーム>
Kawabata Tomoyuki (JPCA JPCU岡山
Fukaya Tomohiro (JPCA JPCU愛知)
太田 りゆ (JPCA JPCU埼玉)
<ジャパン・プロ・サイクリング(JPC)チーム>
Wakimoto Yuta (JPCA JPCU福井)
<ドリーム・シーカー(DSR)チーム>
Yuka Kobayashi (JPCA JPCU福岡)
Categories: New Book Information Tags:

2018-2019トラックワールドカップ第2戦派遣選手団

October 15th, 2018
(10/16修正)

Assembly name:

 

2018-2019UCIトラックワールドカップ 第2戦

Dispatch period: 2018年10月22日(Month)~10月30日(木)
※短離選手は2018年10月14日(日)~10月30日(火)
During the General Assembly: 2018年10月26日(金)~10月28日(日)
Open reminder place: カナダ・ミルトン
Oversight: ブノア・ベトゥ (短距離ヘッドコーチ)
イアン・メルビン (中距離ヘッドコーチ)
コーチ: ジェイソン・ニブレット (短距離コーチ)
ドクター: 内田 彰子 (強化医科学部会員)
メカニック 森  昭雄 (強化支援スタッフ)
齊藤 健吾 (強化支援スタッフ)
マッサー 中山 真臣 (強化支援スタッフ)
木下  遥 (強化支援スタッフ)
Staff 田畑 昭秀 (情報科学スタッフ)
レン・パーカー (強化支援スタッフ)
グレゴリー・レンティン (強化支援スタッフ)
ロバート・スタンレー (強化支援スタッフ)
エミリー・フランチェスカ (強化支援スタッフ)
井上 純爾 (強化支援スタッフ)
アリス・ボナミ (通 訳)
総務 貝塚 直子 (JCFスタッフ)
齊藤 真未 (JCFスタッフ)
Hand selected
<短距離ナショナルチーム>
Kawabata Tomoyuki (JPCA JPCU岡山)
Fukaya Tomohiro (JPCA JPCU愛知)
太田 りゆ (JPCA JPCU埼玉)
<ジャパン・プロ・サイクリング(JPC)チーム>
Wakimoto Yuta (JPCA JPCU福井)
<ドリーム・シーカー(DSR)チーム>
Yuka Kobayashi (JPCA JPCU福岡)
<中距離ナショナルチーム>
Ichimaru Naogo 大 分・チームブリヂストンサイクリング)
近谷  涼 (富 山・チームブリヂストンサイクリング)
Sawada KatsuraTaro (宮 城・日本大学/チームブリヂストンサイクリング)
Imamura Shunsuke (福 岡・中央大学/チームブリヂストンサイクリング)
新村  穣 (茨 城・CS Slinger)
Nakamura HiSatoshi (千 葉・日本体育大学/日本写真判定株式会社)
Kajiwara Yuumi (茨 城・筑波大学)
Yoshikawa Miho (和歌山・Live GARDEN Bici Stelle)
Hashimoto Yuya (岐 阜・鹿屋体育大学)
Koyama maleate (東 京・日本体育大学)
Categories: New Book Information Tags: