Main menu

Archive

Archive for May, 2017

TOJ第3ステージレポート

May 23rd, 2017

例年は厳しいコースと展開で終盤までに絞られた先頭グループからさらに抜け出した選手が勝利するステージ。チームは引き続き吉岡と山本の先頭グループゴールを目標にスタート。序盤から逃げた3名に対して集団が一定ペースでコントロールし、大きな難関もなく終盤に突入。先頭3名は吸収され前方では転回があるものの最後のゴールまでの登りを残し集団は一つ。ゴールは昨日優勝し総合リーダーに立ったNIPPOのカノラが連勝し、上位陣も3位まで昨日と同じ顔ぶれであった。

Categories: New Book Information Tags:

Tour of Japan 3rd Stage

May 23rd, 2017
Categories: New Book Information Tags:

動画<2017全日本トラック 男子スプリント>

May 23rd, 2017
Categories: New Book Information Tags:

TOJ第2ステージレポート

May 22nd, 2017

5月22日 第2ステージ(京都ステージ)105km 第1ステージはテクニカルな緩めのアップダウンサーキットを走るステージ。チームは吉岡と山本をトップグループに残すことを最重要課題としスタート。序盤に出来た5名の逃げにチームから山本大喜が参加し最大3分差まで広がる中、集団では吉岡がパンク等のトラブルで停車、自転車交換し再スタートし何とか集団復帰。終盤には山本を含む逃げもメイン集団に吸収されラストの周回へ。最後はNIPPOのカノラが登りで単独アタックを決め優勝、少人数の長い逃げで少々消耗した山本、トラブルで脚を使った吉岡の2人だったが、トップから7秒遅れのメイングループでのゴールとなり今日の課題はクリアした。

Categories: New Book Information Tags:

TROFEE CENTRE MORBIHAN2017 Stage2,3<レポート>

May 22nd, 2017

Stage2 Stage2は途中500mほどの登り区間が2か所ある7kmのアップダウンの個人タイムトライアルで、バイクコントロール技術ではなく力勝負のコースで争われた。優勝したのは昨日のステージで3位となったノルウェーのLEKNESSUND ANDREASで49.315km/hで総合リーダーとのタイム差を1秒差まで縮めた。アジア選手権チャンピオンのカザフスタンのCHZHAN IGORが13秒差で3位に入った。このコースを楽しみにしていた松田であったがうまくスピードを乗せられず1分差の49位にとどまった。

Categories: New Book Information Tags:

2017年 U23ネイションズカップ(チェコ・COURSE DE LA PAIX)遠征派遣選手団

May 22nd, 2017

Dispatch period:2017年5月29日(月)~6月6日(火) 大会期間:2017年6月1日(木)~4日(日)       開催場所:チェコ共和国 〔監  督〕 浅 田   顕 (JCFロード競技部会員) 〔メカニック〕市 川 貴 大 (JCF強化支援スタッフ 〔マッサー〕 穴 田 悠 吾 (JCF強化支援スタッフ) 〔選手6名〕 雨 澤 毅 明 (栃 木 宇都宮ブリッツェン)        小野寺   玲 (栃 木 宇都宮ブリッツェン)        岡 本   隼 (神奈川 日本大学)        石 上 優 大 (神奈川 EQADS)        岡   篤 志 (茨 城 宇都宮ブリッツェン)        渡 邊   歩 (福 島 EQADS)

勢和多気国際クロスカントリー<速報>

May 21st, 2017

Coupe du Japon 勢和多気国際クロスカントリー(UCI3) Open daily reminders:2017/5/21 Reminders to open:清和の森マウンテンバイクコース(三重県多気町) 男子エリート 前田 公平 東京都 弱虫ペダルサイクリングチーム 1:19:13.68 恩田 祐一 新潟県 MIYATA-MERIDA BIKING TEAM 1:19:22.16 平野 星矢 長野県 Bridgestone Anchor Cycling Team 1:20:10.01

Categories: New Book Information Tags:

TOJ第1ステージレポート

May 21st, 2017

今回のツアー・オブ・ジャパンでのジャパンナショナルチームは所属チームが本大会に参加していないエリート&U23の強化指定選手で構成される中、狙いは吉岡直哉(那須ブラーゼン)と山本大喜(鹿屋体育大学)の個人総合成績をUCIポイント圏内に残す事、そしてその過程でチャンスを見つつ、各選手がそれぞれの特長を生かし見せ場を作る事。本日初日の短距離個人タイムトライアルでは皆全力で走るも上位での成績は無かったが、明日からの本格的ステージに向けて刺激を加え準備を整えた。日本人選手としては岡篤志(宇都宮ブリッツェン)がU23ながらトップから僅か3秒79遅れの8位で走り抜き実力をアピールした。(Sensible Asada)

Categories: New Book Information Tags:

Tour of Japan 1st Stage

May 21st, 2017

1st Stage(2.65km) 1 SUMMERHILL Daniel UHC 3:15.53 2 GIACOPPO Anthony IWS 3:15.98 3 GARCIA CORTINA Ivan TBM 3:16.36 4 ABERASTURI IZAGA Jon UKO 3:16.97 5 CANOLA Marco NIP 3:18.34 6 PUJOL MUNOZ Oscar UKO 3:19.07

Categories: New Book Information Tags:

TROFEE CENTRE MORBIHAN2017 Stage1<レポート>

May 21st, 2017

5月20日から21日までタイムトライアルを含めて3ステージで行なわれるジュニアネイションズカップTROFEE CENTRE MORBIHANがスタートし、日本からは松田祥位、蠣崎優仁、成海大聖、依田翔大、佐藤健、小野寺慶の6選手が出走した。 この日はブルターニュ地方のアップダウンコースを70kmほど走った後7.2kmの周回を5周する101.7kmで争われた。周回は1.2kmと800mの登り区間があり、じわじわと脚を削られるコース設定となっている。

Categories: New Book Information Tags: