メインメニュー

アジア選手権ロードWJ<レポート>

2017 年 3 月 2 日

アジア選手権ジュニア女子ロード
ジュニア女子のレースは1周12.8kmのコースを5周回する64kmで争われた。日本チームは連覇を狙う下山美寿々、細谷夢菜、石上夢乃、成海綾香の4名が参加した。
1周目、2周目とカザフスタン、中国がアタックを仕掛けてくるが大きな差はつかず一つの集団で進む。3周目に下山を含む8名の先行グループが出来る。先頭グループにチームから複数名乗せるために後続でも細谷、石上が追撃の動きを行なうが先頭集団に追いつくことはなくタイム差も広がってしまう。
4周目後半には下山は後ろからのチームメイトの合流を諦め、一人で戦うこととする。そのままゴールまで8名が逃げ切り、下山は良い番手でラスト300mのコーナーを曲がったが最後は後ろから唯一2名の選手を送り込んだ中国の選手に抜かれて2位となった。今回の日本チームは複数名を先頭集団に送り込むだけの力があるチームであったが、チーム力を生かす戦いとはならなかった。

アジア選手権ジュニア女子ロード 結果
1 Chang Yue (中国) 1時間53分18秒
2下山美寿々 同タイム
3 Batriya Chaniporn(タイランド)同タイム
10細谷夢菜  44秒差
17石上夢乃 同タイム
22成海綾香 2分44秒差

(JCF強化コーチ柿木孝之)

カテゴリー: 新着情報 タグ: