メインメニュー

トラック中距離 新ヘッドコーチ就任について

2017 年 10 月 3 日

日本自転車競技連盟(JCF)の東京オリンピックに向けた新たな1歩。
2020年のメダル獲得に向けてオーストラリアから中距離のヘッドコーチが新たに就任致しますので皆様にお伝えいたします。
新中距離ヘッドコーチ:Ian MELVIN(イアン・メルビン)
就任日:2017年10月3日
オーストラリア出身

イアン・メルビン氏は2013年にカナダの男子中距離種目のヘッドコーチに抜擢され、2016年には団体追抜のタイムを15秒縮めるなど、数々の実績を残してきました。
また下記記載のアカデミーオブスポーツからで輩出された選手たちがツール・ド・フランスなどロードレースの大舞台で活躍をするなど、数々のライダーを育てています。

経歴(コーチとして):
2013~2017 カナダ トラックナショナルチーム 中距離ヘッドコーチ
2006~2013 オーストラリア クイーンズランド州スポーツアカデミー
アカデミーオブスポーツ 自転車コーチ

コーチとしての近年の成績:
2017アメリカ大陸選手権 男子団体追抜 優勝
2017アメリカ大陸選手権 男子個人追抜 優勝
2016トラックワールドカップ第2戦 男子団体追抜 優勝
2016トラックワールドカップ第1戦 男子団体追抜 3位
2016アメリカ大陸選手権 男子オムニアム 優勝

イアン氏のコメント:
コーチとして、オーストラリア・クイーンズランド州スポーツアカデミーで7年間コーチしていましたが、私が指導した選手は、オリンピックや世界選手権で複数のメダルを獲得(Michael Hepburn、Jordan Kerby&Mitchell Mulhern)し、また、ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ヴェルタ・エスパーニャで競い合っています。当時、私が指導した選手達はUCIジュニアトラック世界選手権で10個以上の金メダルを獲得しています。
カナダでは男子のトラック中距離プログラムを、何もない所から作りました。私は団体追抜4分29秒の能力を持つ小さなグループから始め、4年間で30秒縮めました。そして、選手はUCIトラックワールドカップ、パンアメリカンゲーム、パンアメリカンチャンピオンシップ&コモンウェルスゲームでメダルを獲得しました。
トラックでの強化に並行して、私はまた、1年を通してヨーロッパを転戦するU23男子ロードチームを立ち上げ、監督し、ベルギー近郊やスペイン・バレンシアを拠点に活動していました。
- この機会へ寄せる期待 -
私は日本のコーチとして、自国(日本)開催のオリンピック出場に携われることを光栄に思います。そして、2020年に選手たちを最高のパフォーマンスに到達させられると信じています。
私は英国、オーストラリア、カナダでの実務的な知識を持っており、この経験から、私は日本人選手が今後何年も活躍できるパスウェイと世界レベルの環境を構築できると信じています。
- 日本の可能性について -
多くの国際的な監督は、日本を「眠れる巨人」という印象で見ています。過去には、日本選手が表彰台に上る姿を何度かは見てきました。しかし、オリンピック出場資格をどう獲っていくのかについての、経験・知識とそれを支える基盤を整備することで、日本人選手が新しいレベルでの成績を収め、日本の成功は2020年東京オリンピック以降も長く続けられると信じています。
- 短期目標 -
短期的な私の目標は、日本の人材が誰で、どのようなものであるかを真に理解し、その可能性を実際に評価することです。
オリンピックの出場資格獲得はわずか12ヶ月先に始まるので、我々のやるべき事は多くあり、今シーズンのUCIワールドカッププログラムの準備も間近に迫っている中で、日本のチームや選手と会えることを大変楽しみにしています。

佐藤 一朗氏(中距離アシスタントコーチ)のコメント
世界のトラック中距離種目を常にリードするオーストラリアでコーチングを学ばれ、昨シーズンはカナダ男子チームをワールドカップ優勝に導くなど数々の実績を残されているIan Melvinヘッドコーチと共に東京オリンピックを目指せる事はコーチとしてこの上ない喜びです。これまで得られなかった海外のトレーニング技術を吸収しつつ、アシスタントコーチとしてIan Melvinヘッドコーチを支えメダル獲得の為に共に戦っていきたいと思います。

カテゴリー: 新着情報 タグ: