メインメニュー

2017年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS<速報>

2017 年 11 月 10 日

2017年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS
11/9<トライアル・男子ジュニア予選結果>

大会2日目には、個人競技として男子ジュニア20/26および女子エリートの予選が行われた。
男子ジュニア20予選
 11位:土屋凌我 560pt
 13位:豊澤剛 500pt
 16位:高橋靖矢 460pt
男子ジュニア26予選
 6位:塩﨑太夢 610pt<予選通過>
塩﨑は11/11(土)に行われる決勝に進出となった。

なお、今年から世界選手権では新たなルールが採用され、従来の足着きやタイヤ以外の寄りかかり等のdabs(失敗)回数の少なさを競う方式から、定められた障害物区間をdabs無しで通過した際に獲得できるポイントの合計で競う方式となった。
1つのセクションには障害物区間が6つ設定され、各々をクリアすると10点獲得となる。
したがって1セクションは60点満点となり、予選は5セクションを3ラップするため、60x5x3=900点が最高得点となる。
11/10(金)には寺井一希が男子エリート20予選に出場する。

リザルト - 113.22 kB - (49 hits)

カテゴリー: 新着情報 タグ: