Main menu

Archive

Posts Tagged ‘RR’

Japan Cup <Breaking>

October 22nd, 2017

ジャパンカップ(103km) 1 CANOLA Marco NIP 2:45.37 2 PRADES REVERTER Benjami UKO 2:45.37 3 雨澤 毅明 BLZ 2:45.37 4 TOLHOEK Antwan TLJ 2:45.37 5 LEBAS Thomas KIN 2:45.37 6 STUYVEN Jasper TFS 2:46.11

Categories: New Book Information Tags:

ジャパンカップ オープンレースほか<リザルト>

October 21st, 2017
Categories: New Book Information Tags:

ジャパンカップクリテリウム<速報>

October 21st, 2017

クリテリウム(33.75km) 1位 CANOLA Marco NIP 43:57.075 2位 LOBATO DEL VALLE Juan Jose TLJ 43:58.479 3位 WELTEN Bram BMC 43:58.896

Categories: New Book Information Tags:

Japan Cup kicks off!

October 21st, 2017

ジャパンカップオープニングフリーランが9時から開始され、一般参加者のほかジャパンカップ参加プロ選手達も一緒にスタートした。

Categories: New Book Information Tags:

ジャパンカップ明日開幕!

October 20th, 2017

明日開幕する2017年ジャパンカップサイクルロードレースのチームプレゼンテーションが、本日19時より栃木県宇都宮市のオリオンスクエアにおいて開催され、参加各チームが紹介された。 明日は宇都宮市森林公園で9時から、フリーラン、チャレンジレース、オープンレースが、宇都宮市大通りで14時30分のオープニングイベントを皮切りに各クリテリウムが行われる。

Categories: New Book Information Tags:

京都車連より「2級審判員講習会」のお知らせ

October 19th, 2017

京都車連では2級審判員講習会(トラック・ロード)を開催します。 詳しくは下記をご覧ください。 http://kyoto-cf.com/gpeasy/

Categories: New Book Information Tags: , ,

大阪車連より「3級審判員講習会」のお知らせ

October 19th, 2017
Categories: New Book Information Tags: , ,

2017ジャパンカップサイクルロードレース(UCIアジアツアー・オークラス)大会派遣選手団

October 18th, 2017

Conference Name: 2017ジャパンカップサイクルロードレース(UCIアジアツアー・オークラス) 派遣期間: 2017年10月20日(金)~22日(日) 大会期間: 2017年10月21日(土)~22日(日) 開催場所: 栃木県・宇都宮市

実業団より『第4回 JBCF おおいたサイクルロードレース』レポート

October 16th, 2017

マトリックスパワータグが完全勝利再び Jプロツアー第21戦が、大分県大分市の大銀ドーム周辺に設定された特設周回コースで行われた。来年に国際自転車競技連合(UCI)公認となることが決定しており、今年からUCIの規定に則った1周10.0kmのコースが新設された。 レースは序盤からアタック合戦に。阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が単独で抜け出すと、Join the club TadashiTaro (Shimano Racing)、小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)、白川幸希(VICTOIRE広島)の3名が合流して4人の逃げ集団が形成されるが、この逃げはメイン集団に吸収される。決定的な逃げが決まったのは4周目。阿部と主催者推薦枠で出場する石上優大(JAPANナショナルチーム)の2人が先行すると、5人の選手が合流し7人の逃げ集団が形成される。

Categories: New Book Information Tags:

実業団より『第4回 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム』レポート

October 15th, 2017

小野寺玲が今季2勝目。宇都宮ブリッツェンが1、2フィニッシュ Jプロツアー第20戦が、大分県大分市のJR大分駅前の好立地に設定された公道特設周回コースで行われた。過去3回の開催では、有力チームが集団をコントロールしてゴールスプリント勝負に持ち込む展開が定石だが、昨年は逃げ集団が逃げ切っている。 レースは序盤こそアタックの応酬となったが、3分の1を消化する10周目に入る頃からチームランキングトップのマトリックスパワータグが集団前方を固めてコントロールする展開となる。after that、シマノレーシングや宇都宮ブリッツェンがアタックを仕掛けてコントロールを崩そうと試みるもマトリックスパワータグがすぐさま攻撃を潰し、ひとつの集団のままレースは進んでいく。

Categories: New Book Information Tags: