Menu principale

Archivio

Posts Tagged 'RR’

全日本ロード明日開幕!

22 June 2017

全日本選手権ロードレースが明日から3日間、青森県階上町で開催される。 詳細は大会公式ホームページをご覧ください。

全国都道府県対抗自転車競技大会(福井) 実施要項

14 June 2017

Nome Assembly:第52回全国都道府県対抗自転車競技大会 期 日:2017年8月24日(木)~26日(土) 会 場:福井県 福井市(福井市営競輪場)/大野市(大野市特設ロード・レース・コース) ※本大会は都道府県連盟より選抜された選手・監督の出場となります。

Categorie:Nuove informazioni Prenota Tag: ,

実業団より『第1回 JBCF 那須ロードレース』レポート

12 June 2017

ブリヂストンアンカー鈴木龍がプロ初勝利 今年初開催となる那須ロードレースは、那須町役場周辺1周7.1kmの公道を周回するコースで、その半分は2015年全日本選手権ロードレースのコースでもある。大会は地元那須町はじめ那須塩原市、那須ブラーゼンと宇都宮ブリッツェンの運営会社などからなる実行委員会とJBCFが主催するもの。レースのほか各種出店やイベントも行われ、朝からの快晴も手伝い観戦の家族連れなど多くの観客がイベントを楽しんだ。

実業団より『第1回 JBCF 那須塩原クリテリウム』レポート

12 June 2017

ホセ・ビセンテが岡篤志を下してルビーレッドジャージを獲得 今年初開催となる那須塩原クリテリウムは、JR那須塩原駅前の片側2車線道路を利用した1周2.3kmの周回コースでのクリテリウム。地元那須塩原市はじめ那須町、那須ブラーゼンと宇都宮ブリッツェンの運営会社などからなる実行委員会とJBCFが主催するもの。市の中心駅周辺道路を交通規制しクリテリウムには各種出店やイベントも行われ、観戦の家族連れなど多くの観客が大会を楽しんだ。

Trofeo 2017 Stage4<レポート>

12 June 2017

Stage4 最終ステージとなるstage4は2km超の登り、1.5kmの登りと400mの石畳登り区間を含む1周20kmの周回を6周回する120kmで争われた。 個人総合リーダーを擁するデンマークは2名しか残っておらず、一方20秒差で個人総合2位のオランダはベスト10に3名残しており、また山岳ポイント争い、ポイント賞争いも昨日までに決着がついておらず、スタートから激しいアタック合戦になることが予想された。

Trofeo 2017 Stage3<レポート>

11 June 2017

Stage3は昼から80kmのロードレースと夕方から12kmのTTと2つのレースが行われた。 Stage3-1 ロードコースは1周20km弱の周回コースで2.3km、1.3kmの登りを含むが平坦区間が多く、逃げ切りと集団スプリントのいずれの可能性もある。スプリンターのいない日本チームは個人総合でもすでに関係のない位置にいるので逃げを狙いたい。

Trofeo 2017 Stage2<レポート>

10 June 2017

Trofeo 2017 Stage2 第2ステージは1km強のところどころ18%超えの石畳激坂区間を含む1周14kmの周回コースを3周半した後、緩い1.5kmほどの登りを2回含む1周11kmの周回を3周半する99kmで争われた。 1周回目の激坂区間は小野寺、蠣崎は集団前方で落ち着いてこなすが、1周目終了時には土砂降りの雨と雷で前も見えない状況となり、よりレースが激しくなっていく。2周目の激坂区間では滑りやすい路面で集団内でも力差が大きく出始め、蠣崎、小野寺は集団内で後退していく。3周目には落車も発生して、集団前方をキープできなかった蠣崎、小野寺はこれにより足止め、ホイール破損もしてしてしまう。この日も日本チームは先頭集団に一人も残れなかった。

Trofeo 2017 Stage1<レポート>

9 June 2017

Trofeo 2017  Stage1 6月8日から11日までTTを含めて5つのステージで争われるジュニアネイションズカップTrofeo(ドイツ)がスタートし、日本からは蠣崎優仁、篠田幸希、小野寺慶、成海大聖、宇賀隆貴、依田翔大の6選手が出走した。メインスポンサーの変更により大会名は変わり、日数も1日増えてまたコースがより厳しくなった。 第1ステージは5%ほどの2km超の登りを2か所含む1周22kmの周回コースで、スタート周回コースに入る前にも2km以上の登りをこなす。ラスト1kmは登りであり、クライマーというよりは登れるスプリンターに向いたコース設定である。

全日本ロード選手リスト

8 June 2017

全日本ロード選手リストを大会公式ホームページにアップしました。

U23 ネイションズカップ COURSE DE LA PAIX U23<レポート>

5 June 2017

最終ステージは前半の平坦と丘陵区間と後半の山岳区間に分かれるオールラウンドなコース。チームは雨澤の総合成績上昇を目指しスタートした。今日は風が強くレースは序盤から、ベルギーに対し逆転を狙う各国の攻撃により集団が長く伸び、耐え切れず脱落する選手が続出するが、日本チームは雨澤を守るように全員で位置取りし難を逃れ山岳に入る。最初の山岳ポイントでは逃げグループも捕まり集団は60名程に絞られ、チームからは雨澤、岡、石上が残る。