Menu principale

Archivio

Posts Tagged 'RR’

静岡車連より「3級審判員講習会」のお知らせ

8 December 2017

静岡車連では、12月17日(日)伊豆ベロドロームにて3級審判員講習会を開催します。Per maggiori informazioni、要項をご確認ください。

Categorie:Nuove informazioni Prenota Tag: , ,

2018第1回ジュニアトレーニングキャンプ

24 November 2017

2018年第1回ジュニア育成強化事業が11月23日~27日まで日本サイクルスポーツセンターで開催されている。昨年まではJCFジュニア強化育成部会が企画立案していたが,計画実施母体がロード・トラックともにそれぞれの部会がエリートまでの一貫指導を見据えて計画することとなった。公募で招聘されたロード(男子22名,女子1名)トラック希望男子11名,女子9名が参加し,当面の目標として,来年2月に開催されるアジアジュニア自転車競技選手権大会でメダル獲得を目指す。この合宿ではジュニアアスリートとしての知識,体力測定,タイム計測が行われ総合的に一次選考する。来月には2次選考キャンプを開催する予定である。(トラック競技部会長 折本裕樹)

Categorie:Nuove informazioni Prenota Tag: ,

2018年JCFロードU23強化選手自己推薦について

23 November 2017

2018年JCFロードU23強化選手自己推薦について 2018年JCFロードU23強化指定選手として強化活動に参加を希望する選手は、添付の「2018年JCFロードU23強化選手自己推薦」内容をご理解の上、自己推薦書(参考書式参照)を提出してください。締め切り 2017年11月30日

静岡車連より「JCF2級公認審判員講習会」のお知らせ

22 November 2017

静岡車連では、12月16・17日にロード・トラック・シクロクロスのJCF2級公認審判員講習会を開催します。Per maggiori informazionihttp://shizuoka-cf.com/?p=9031Si prega di fare riferimento alla。。

Categorie:Nuove informazioni Prenota Tag: , ,

2018年JCF ジュニア(ロード・トラック)育成強化事業計画・募集要項

7 November 2017

2018年JCF ジュニア(ロード・トラック)育成強化事業計画・募集要項 1.応募期間 2018年JCFジュニア育成強化事業の応募申込期限は平成29年11月17日(金)必着とします。 ma、i candidati a partire da organizzazioni membri JCF dopo questo periodo di reclutamento (Kotairen prefetture Car Communication Len-Gakuren-veicolo, ecc)、JCFロード部会、トラック部会で精査し対象となれば次事業から参加できる。

マスターズ選手権 個人タイムトライアル<動画>

6 November 2017

マスターズ選手権TT<リザルト>

6 November 2017

三原山ヒルクライム<リザルト>

4 November 2017

実業団より「JBCFロードシリーズ2017年間アワード」レポート

4 November 2017

「幕張新都心クリテリウム」をもって全日程を終了したJBCFロードシリーズの年間表彰式が、幕張メッセで開催されている「CYCLE MODE international 2017」のメインステージで行われた。 各部門の年間総合優勝の選手とチームが登壇し、一般社団法人日本実業団自転車競技連盟の斧隆夫理事長から、表彰状と副賞が贈られた。 Jプロツアー個人総合優勝のホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)には、輪島塗の優勝カップが授与された。

実業団より『第2回JBCF幕張新都心クリテリウム』レポート

4 November 2017

<Jエリート>混戦から抜け出したLinkTOHOKUの2人がワン・ツーフィニッシュ JエリートツアーとJフェミニンツアーの最終戦は、昨年に続き千葉県千葉市の幕張メッセ前道路でのクリテリウム。1周810mのフラットな周回コースは、2か所のシケイン状の複合コーナーを含む長方形のレイアウト。加速と減速が絶え間なく繰り返されるため、一度集団から遅れると復帰は厳しくなる。見かけよりもハードなコースだ。 E1クラスタは45周36.45km。スタート直後からアタックが繰り返され、集団は縦に長く伸びた状態でレースは進行する。決定的な動きは起きないものの、逃げと吸収が繰り返されるたびに人数が減っていく。スタートした49人は、レース半ば過ぎまでに約半数まで絞られる。