日本自転车竞技连盟
2016/04/15

Arden Challenge 第1ステージ<レポート>

ラスト20km。先頭の12名を追う追撃集団に加わった徳田。Arden Challenge 第1ステージ – COMPOGNE(ベルギー)
このレースは4日間連戦の「ワンデイ レース」で、4日間完走した選手を対象に、総合成绩、山岳賞、中間スプリント賞、u23賞の表彰が行われる。
仮に1日目リタイヤとなっても2日目スタートできる事、大きな周回で行われる事、起伏のあるアルデンヌ地方で行われる事でとても人気のあるレースとなっており、特にオランダから毎年多くのチームが参戦している。今回も出走204名中約半数はオランダチームに所属の選手達で、他にはイタリア、法国、ドイツのクラブチームやベルギーのコンチネンタルチームに所属する選手も個人参戦している。
レースは約40KMの大きな周回コースを2周。そして1周11KMの周回コースを5周してフィニッシュ。大きな周回コース中には平均勾配6%、約2KMの上りが2箇所ある。
石上も徳田も登りは比較的余裕をもってクリアできたが、37KM地点の山岳賞で8名が先行。この8名は約5KM逃げ続けたが後に吸収。その後3名のアタックを機に数名が飛び出し、12名の先頭集団を形成した。
この12名は最後まで逃げ切った。ラスト20KM、徳田は後続の集団から約10名で飛び出し最後まで逃げ切ったがスプリントで破れ20位だった。
石上は30数名のメイン集団でフィニッシュ。
2名ともコンディションは良く、登りも余裕を持ってクリアする事ができた。12名のアタックも2人ともその動きを認識していたが見送ってしまった。
次は「勝ち逃げ」に加わる事を2名に期待したい。(橋川 健)

第1ステージ – COMPOGNE(ベルギー)
出走204名 131KM
1位 VAN HOOF Nick  BEL
2位 EDWARDS David AUS
3位 DEVALCKENEER Sieben  BEL
20位 徳田 優
38位 石上 優大