Auto Giappone da Zhuan League Athletic
2011/05/02

BMX JAPAN SERIES ROUND2, 3

UCIポイントが付与されるBMX JAPAN SERIES ROUND2およびROUND3が4月30日・5月1日の2日間、秩父滝沢サイクルパークで開催された。
4月30日のROUND2は海外から参戦の2選手を含む多くのライダーがエントリーした。
エリート男子決勝では全日本チャンピオン三瓶将廣がスタートからリードするものの、第2コーナーで長迫吉拓がトップを奪う接戦に持ち込まれた。しかし最終コーナーで両名が接触転倒し、3位につけていた松下巽が優勝した。
5月1日のROUND3は強風の影響で最終レースの決勝が中止となった。
Va notato、明日5月3日は新潟県上越市の金谷山BMX コースに場所を移してUCI BMX JAPAN SERIES ROUND4が開催される。

UCI BMX JAPAN SERIES ROUND2
[Risultati Atletica]
1位 松下  巽 GT JAPAN/SPY
2位 高山祐次郎 Groovy Factory/AST
3位 阪本 章史 DIA TECH PRODUCTS
4位 草間 亮介 HARO JAPAN
5位 佐伯  進 Team TOYO-CREDIT
6位 吉村樹希敢 カトープレジャーグループ,TOYO CREDIT,SHOEI
7位 長迫 吉拓 DIA TECH PRODUCTS,SPY, SEV sports,Jykk Japan
8位 三瓶 将廣 REDLINE