日本自転車競技連盟

新着情報

COUPE DU JAPON UCI XCO Class 3 富士見パノラマ大会

5月 27th, 2018
OUPE DU JAPON UCI DHI Class 3 富士見パノラマ大会のクロスカントリー競技が5月27日(日曜日)に行われた。
競技結果は以下の通り 

男子エリート
1    平林 安里          SPECIALIZED RACING JAPAN     1:26:08.03
2    恩田 祐一          MIYATA-MERIDA BIKING TEAM  1:26:38.60
3    前田 公平          弱虫ペダルサイクリングチーム       1:26:50.83
女子エリート
1    今井 美穂          CO2bicycle       1:16:25.59
2    橋口 陽子          TEAM 轍屋        1:17:09.79
3    佐藤 寿美          drawer THE RACING      1:20:44.01
男子ジュニア
1    DINHAM Matthew         AUS      TREK SHIMANO AUSTRALIA      1:13:39.54
2    村上 功太郎       JPN      松山工業高校      1:14:42.92
3    神永 真一          JPN      ProRide 1:16:28.20      2:48.66 16.8
女子ジュニア
1    CUTHBERT Zoe            AUS      Trek Shimano Australia  1:10:00.01
2    小林 あか里        JPN      MTBクラブ安曇野  1:10:13.77
3    松本 璃奈          JPN      TEAM SCOTT     1:12:23.33
男子マスターズ
1    品川 真寛          TEAM YOUCAN             1:02:11.48
2    斎藤 朋寛          RIDELIFE GIANT           1:03:23.56
3    青木 誠            UltraSetaSelect             1:06:40.35
女子マスターズ
1    綾野 桂子         cycleclub3UP.     43:34.28
2    辻 瑞穂            PAXPROJECT Ladies       43:48.26
3    北島 優子         Power sports SICK         54:16.89
男子ユース
1    村上 裕二郎      松山工業高校      46:05.90
2    中島 渉            Limited Team 846/Team-K        47:26.01
3    野澤 瑠            TEAM BG8         48:57.23
女子ユース
1    渡部 春雅         駒澤大学高等学校            37:35.99
2    中島 瞳            Limited Team 846/ Team-K       37:58.24
男子アドバンス
1    川村 誠            スクミズマシンワークス        47:22.37
2    大橋 優            TeamPoppo/なんちゃってバイカーズ       48:08.72
3    福王寺 大樹       たぬき小屋            48:37.45
男子チャレンジ
1    兼子 博昭          スワコレーシングチーム        33:25.90
2    安藤 光平          acu-power Racing Team   33:26.17
3    黒沢 大介          Team A&F           33:55.75
女子チャレンジ
1    矢吹 優夏         BBQ    19:13.19
2    簑原 由加利      日本ろう自転車競技協会    25:48.62

テクニカルデータ
コース長 4,300m
標高Hi 1,134m Lo 1,036m

大会名:  
COUPE DU JAPON UCI DHI Class 3 富士見パノラマ大会
開催日:2018/05/25-27
カテゴリー:MTB XCO
開催地:長野県富士見 富士見パノラマリゾート
主催:富士見パノラマ実行委員会

20180527 XCO Fujimi - 881.71 kB - (46 hits)

Categories: 新着情報 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP Tour du Pays de Vaud 2018

5月 27th, 2018

Stage3-1

Stage3-1は当日朝にコースが突然変更になりスタート直後の3.4kmの登りに続き、10km過ぎから8kmほどの勾配の緩い登りが加わることになった。さらにコース中間には4.4kmの登りも控え、コースプロフィールからは分からないアップダウンも多く78.7kmと距離は短いながらも激しいレースになることが予想された。

スタートして2kmのスピードの出る広い平坦区間で大落車が発生して30人ほどが巻き込まれる。日本チームも数名巻き込まれ日野が腰を強打してそのままリタイアを余儀なくされる。落車の状況によりレースはニュートラル措置がとられ、中村も代車に乗りかえてスタートする。

最初の山岳で3名が抜け出し、そこからは個人総合リーダーを擁するデンマークがコントロールして集団は進む。40km過ぎからの4.4kmの登り区間で集団は完全にバラバラになり、その中で小野寺が20人以下となった先頭集団に入りレースを進める。その後、香山らも合流しメイングループは再び50人ほどになる。そこからは細かな動きはあるが、アタックは決まらず最後は緩い登りでのスプリントとなりフランスのPAGE Hugoが制した。香山と小野寺は連携が取れず香山の28位にとどまった。

Stage3-1

1 PAGE Hugo(フランス) 2時間8分8秒
2 STRELKOV Nikita(ロシア)同タイム
3 MAAS Edo(オランダ)同タイム
28香山飛龍  同タイム
36小野寺慶 10秒差
66道見優太 6分20秒差
93宇佐美颯基  20分25秒差
DNF中村龍吉
DNF日野凌羽

Stage3-2

午後の10.2kmのTTはコースプロフィールでは平坦基調の単調なコースに見えたが、アップダウンが多く、道の狭い区間もありテクニカルコーナーも2つある。優勝は前評判通りデンマークのSKJELMOSE JENSEN Mattiasが10.2kmを12分22秒で走り抜け2位に21秒差、3位に30秒差をつけ圧倒的な走りを見せた。日本チームは香山の1分42秒差の56位が最高位であった。

最終ステージとなるstage4は山岳ポイント自体は厳しくないが、スタートからアップダウンがラスト20kmまで続く。好調の小野寺、香山でステージ上位を狙う。

Stage3-2    10.2km TT

1SKJELMOSE JENSEN Mattias(デンマーク) 12分22秒 AV49.4km/h
2LEVY William Blume(デンマーク) 22秒差
3AASHEIM Ludwig (ノルウェー)30秒差
54香山飛龍 1分42秒差
64小野寺慶1分54秒差
85道見優太 2分34秒差
88宇佐美颯基  2分45秒差

Stage3個人総合成績

1SKJELMOSE JENSEN Mattias(デンマーク) 5時間18分11秒差
2LEVY William Blume(デンマーク) 18秒差
3AASHEIM Ludwig (ノルウェー)37秒差
38小野寺慶5分01秒差
60道見優太 11分51秒差
63香山飛龍 15分22秒差
83宇佐美颯基  33分50秒差

JCF強化コーチ柿木孝之

Categories: 新着情報 Tags:

COUPE DU JAPON UCI DHI Class 3 富士見パノラマ大会

5月 27th, 2018
 COUPE DU JAPON UCI DHI Class 3 富士見パノラマ大会のダウンヒル競技が5月26日(土曜日)に行われた。
競技結果は以下の通り男子エリート
1    井本 はじめ         Sram/Santacruz            2:17.866
2    金子 匠            &stream…小川輪業        2:18.374
3    加藤 将来          ACCEL                        2:19.325
女子エリート
1    吉川 千香子       重力技研/DKMC             2:49.021
2    中川 弘佳          Lovespo.com/Liv          2:56.455
3    小林 あか里        MTBクラブ安曇野             3:03.851
男子マスターズ
1    GILSENAN Paul Nukeproof                   2:32.996
2    吉川 邦岳          重力技研/DKMC             2:33.779
3    大野 良平          KYB含み損                   2:34.386
男子ユース
1    齋木 司            重力技研/八海山麓MTBパーク        2:41.762
2    平野 達也          YELLOW-LINE                         2:51.175
3    久保 稀光          BreezeBike/fiftycycles               2:51.706
男子アドバンス
1    竹本 将史          TRIPCYCLE GLOBAL RACING      2:41.039
2    村上 宰            TEAM JDS         2:47.161
3    江下 健太郎       じてんしゃPitプロ 埼玉日高             2:48.203
男子チャレンジ
1    倉林 快明          SEO cycle         2:31.821
2    篠原 洋平          TRIPCYCLE GLOBAL RACING      2:32.824
3    長縄 亮磨          カトーサイクル            2:37.005
女子チャレンジ
1    渡邉 織枝          札幌かえる庭園     2:53.516

テクニカルデータ
コース長 1,500m
スタート標高 1,333m
フィニッシュ標高 1,052m

大会名:COUPE DU JAPON UCI DHI Class 3 富士見パノラマ大会
開催日:2018/05/25-27
カテゴリー:MTB DHI
開催地:長野県富士見 富士見パノラマリゾート
主催:富士見パノラマ実行委員会

20180526 DHI - 886.88 kB - (16 hits)

Categories: 新着情報 Tags:

BMXアジア選手権大会 派遣選手団・大会直前報告

5月 27th, 2018

本日5月26日、タイ・チャイナート県にて2018年BMXアジア選手権大会が開幕し、初日の予選が行われました。

日本チームはアジア独特の荒れたコースコンディションに苦戦し、朝のオフィシャルプラクティスから負傷者が続出する波乱の幕開けとなりました。
エリート男子クラス大会2連覇中の吉村樹希敢は、今大会コース最大のジャンプを飛び出した際、柔らかくなった路面にタイヤが埋まり前転、レースリタイアを余儀なくされました。
また昨年ジュニア男子にて3位入賞し、2年目となる今大会にてタイトルを狙っていた島田遼も、同セクションにて転倒し、来週に控える世界選手権大会へ向けて欠場の選択となりました。

残されたメンバーにて挑んだ予選は、エリート男子にて松下巽と、池上泰地が順当に勝ち上がり明日の決勝へ進出しました。昨年3位入賞の吉井康平は、昨日の転倒での負傷箇所が響き、予選通過はなりませんでした。
ジュニアは男女ともに参加者全員が予選を通過し、明日の決勝にてタイトル獲得を目指します。

またチャレンジカテゴリーへ参加した男子6名、女子1名も予選を勝ち上がり、明日の決勝へ向けて最終調整を行います。

暑さはもちろん、日々変わるコースコンディションに苦戦をしていますが、明日の決勝1本勝負へ向け、戦略的にタイトル死守のサポートをしていきます。
(BMX強化コーチ 三瓶)

予選結果

[男子エリート]
松下 巽 予選 2位通過
池上 泰地 予選 4位通過
吉井 康平 予選 12位 不通過
吉村 樹希敢 欠場

[男子ジュニア]
増田 優一 予選 3位通過
中井 飛馬 予選 4位通過
島田 遼 欠場

[女子ジュニア]
丹野 夏波 予選 1位通過
永禮 美瑠 予選 2位通過
早川 優衣 予選 4位通過

[男子ユース]
橋本 颯馬 予選 2位通過 (男子15-16歳クラス)
中林 凌大 予選 3位通過 (男子15-16歳クラス)
早川 敦哉 予選 5位通過 (男子15-16歳クラス)
滝口 怜弥 予選 6位通過 (男子15-16歳クラス)
澤畑 琉 予選 2位通過 (男子14歳クラス)
木内 彪凱 予選 1位通過 (男子13歳クラス)

[女子ユース]
野村 凪沙 予選 4位通過 (女子15-16歳クラス)

派遣選手団情報

派遣大会:アジアBMX大陸選手権大会
派遣期間:平成30年5月24日(木) 〜 5月29日(火)
開催場所:タイ・チャイナート県

派遣スタッフ
[監督]
渡辺 浩嗣 (連盟強化スタッフ)
[コーチ]
三瓶 将廣 (連盟強化スタッフ)
古幡 陵介 (連盟強化スタッフ)
[マッサー]
石田 将之 (連盟強化スタッフ)
[メカニック]
三瓶 貴公 (連盟強化スタッフ)
[スタッフ]
宮﨑 大地 (連盟強化スタッフ)

派遣選手
[男子エリート]
吉村 樹希敢 (大阪 Gan Trigger)
松下 巽 (神奈川 全日空商事株式会社)
吉井 康平 (東京 フォスター電機株式会社)
池上 泰地 (大阪 クワハラバイクワークス)

[男子ジュニア]
中井 飛馬 (新潟 日本体育大学荏原高等学校)
島田 遼 (広島 近畿大学泉州高等学校)
増田 優一 (大阪 大阪偕星学園高等学校)

[女子ジュニア]
永禮 美瑠 (愛知 西陵高等学校)
丹野 夏波 (神奈川 白鵬女子高等学校)
早川 優衣 (広島 興譲館高等学校)

[男子ユース]
橋本 颯馬 (茨城 常磐大学高等学校)
滝口 怜弥 (千葉 東邦大学付属東邦高等学校)
早川 敦哉 (岡山 井原市立芳井中学校)
中林 凌大 (埼玉 戸田市立笹目中学校)
澤畑 琉 (茨城 水戸市立内原中学校)
木内 彪凱 (静岡 伊豆の国市韮山中学校)

[女子ユース]
野村 凪沙 (大阪 岸和田市立春木中学校)

 

Categories: 新着情報 Tags:

ツアー・オブ・ジャパン第7ステージ

5月 27th, 2018
ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ(伊豆ステージ)120.8㎞
開催日:5月26日

1 グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーン・メリダ) 3h29m53s
2 クリス・ハーパー(オーストラリア/ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)+0s
3 フェリックス・アレハンドロ・バロン・カスティージョ(コロンビア/チーム・イルミネート)+0s
…6 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオ)+1m18s=日本人最高位
…34 草場啓吾+10m23s、54 中川拳+18m42s、58 冨尾大地+18m21s
佐藤健は途中棄権、松田祥位は未出走

第7ステージ終了後個人総合リーダー
マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム)17h34m13s

コメント
個人総合を決定付けるステージではチームは草場の山岳賞獲得への最後のチャンスなった。しかし序盤からのペースアップに苦しみ山岳賞争いには参加する事は出来なかった。レースは序盤から逃げたメンバーから3名が生き残り、バーレーンメリダのボレを先頭に総合リーダーのいる後続グループに対し1分以上のタイム差でゴールした。草場はラスト2周までリーダーグループで粘り34位でゴールし健闘した他、中川、冨尾も最後まで粘りを見せゴールした。レース全体では個人総合上位に大きな変動は無く明日最終日東京ステージのスタートへ並ぶ。

浅田 顕
Categories: 新着情報 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP Tour du Pays de Vaud 2018

5月 26th, 2018

Stage2

Stage2は20km地点に5km弱の山岳ポイントがあり、その後40kmの周回を1周半してゴールする119.6kmで争われた。周回にも4kmの登り区間があり、先週のフランス大会より一つ一つの登り区間が長いアップダウンが続くコース設定で、厳しいレースになることが予想された。

最初の登り区間までは集団で進み、最初の山岳ポイントの登りでペースが上がり集団は長く伸びていく。この登りの後の下り区間が非常に危険との事前情報により各チームが前に前に位置取りをするためさらにペースが上がる。集団前方でこの登りを超えた小野寺であったが、ここからの危険な下り区間でドイツとデンマークの選手が砂にハンドルを取られ落車をし、それを避けるため急ブレーキをかけた影響で先頭20名に入り損ねてしまう。総合リーダーを擁するオランダチームも乗り損ねたためメイン集団を牽引する。日本チームからは小野寺、日野がこの牽引に加わる。先頭集団には総合優勝を狙う強豪チームが複数名入っており、差は縮まらず徐々に広がり60km地点での2回目の登り区間では1分30秒差まで広がる。小野寺には動くだけの脚はあったが、落車を避けた際に前ブレーキシュー、それに伴いホイールにも問題を抱えたにもかかわらず、代車に乗り換える判断がつかなかった。登り区間では乗り遅れた強豪選手らと追走集団をたびたび形成して動けているにもかかわらず下り区間で下がるのを繰り返してしまった。

結局先頭グループはゴールまで14名が残り、ラストはここから3名が抜け出し、デンマークのLEVY William Blumeがスプリントを制した。日本選手はメイン集団に残った小野寺の36位が最高位であった。

チームカーが走るレース経験の少ないジュニア選手は今回のレースでも集団内での位置取り、チームでの動き方などレースの戦い方だけではなくトラブルからの復帰の際のチームカーの隊列の使い方、パンクの際の対応、補給の仕方、チームカーの呼び方、代車に乗りかえるか否かの判断など多くを学んでいる。

stage3は午前に80km弱のアップダウンの激しいロードレースと午後からの10km平坦TTが行なわれる。コンディションの良い小野寺と登りでのパンクで遅れてしまった香山で午前のステージ上位を狙っていく。

Stage2

1 LEVY William Blume(デンマーク) 2時間52分03秒
2 BENZ Pirmin(ドイツ) 同タイム
3 BALMER Alexandre(スイス) 同タイム
36小野寺慶 2分41秒差
59道見優太 同タイム
81宇佐美颯基  9分37秒差
84香山飛龍  13分24秒差
86中村龍吉 15分12秒差
91日野凌羽 18分29秒差

Stage2個人総合成績

1 LEVY William Blume(デンマーク) 2時間57分37秒
2 SKJELMOSE JENSEN Mattias(デンマーク) 4秒差
3 BENZ Pirmin(ドイツ) 5秒差
51小野寺慶 3分01秒差
52道見優太 同タイム
71宇佐美颯基  10分44秒差
83香山飛龍 13分44秒差
85中村龍吉 15分32秒差
95日野凌羽 19分37秒差

JCF強化コーチ柿木孝之

Categories: 新着情報 Tags:

ツアー・オブ・ジャパン第6ステージ

5月 25th, 2018

ツアー・オブ・ジャパン 第6ステージ(富士山ステージ)32.9㎞
開催日:5月25日

1マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム) 1h19m19s
2ヘルマン・ペルシュタイナー(オーストリア/バーレーン・メリダ) +28s
3クリス・ハーパー(オーストラリア/ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)+1m48s
…12中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオ)+2m47s=日本人最高位
…62草場啓吾+17m29s、64冨尾大地+17m29s、69中川拳+19m42s、79佐藤健、80松田祥位+24m34s

第6ステージ終了後個人総合リーダー
マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム)14h02m52s

コメント
富士山山頂ゴールステージでは、山岳ジャージ奪回の伊豆ステージに備え各自がマイペースで山頂を目指すステージとなったが、決して緩くはなく富士スピードウェイから急勾配で富士山5合目まで駆け上がる苦しい道のりであった。勝ったのはキナンサイクリングチームのスペイン人マルコス・ガルシア・フェルナンデスで、一気に個人総合リーダーにも浮上した。日本人ではNIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの中根が2分47秒の12位で入り個人総合成績を8位まで上昇させた。明日は山岳賞に決着がつく伊豆ステージ。草場を中心にチームはベストを尽くす。浅田 顕

Categories: 新着情報 Tags:

2018 UCI U23ネイションズカップチェコ大会代表選手団

5月 25th, 2018

1.派遣日程:平成30年5月27日~6月7日
2.開催日程:平成30年6月1日~4日
3.開催場所:チェコ・プラハ
4.選 手 団
監  督
浅田  顕(JCF強化コーチ)
メカニック
市川 貴大(JCF強化支援スタッフ)
マッサー
穴田 悠吾(JCF強化支援スタッフ)
選   手(6名)
山本 大喜(奈良 KINAN Cycling Team)
石上 優大(神奈川 EQADS)
松田 祥位(岐阜 EQADS)
渡辺  歩(福島 GSC Blaganac Vel Sport 31/EQADS)
小山 貴大(大阪 シマノレーシング)
中村 圭佑(神奈川 USSA Pavilly Barentin)

Categories: 新着情報 Tags:

2018 UCIジュニアネイションズカップ大会(31. Saarland TROFEO)日本代表選手団

5月 25th, 2018

1.開催日程:平成30年6月7日(木)~10日(日)
2.派遣日程:平成30年6月3日(日)~12日(火)
3.開催場所:ドイツ・ザールラント州
4.選 手 団
監 督
柿木 孝之(JCF強化コーチ)
選  手
日野 泰静(愛 媛・松山城南高校)
馬越 裕之(奈 良・榛生昇陽高校)
鳥倉 必勝(神奈川・ウォークライド)
福田 圭晃(神奈川・横浜高校)
山本 哲央(山 梨・中央大学)
細田 悠太(鹿児島・南大隅高校)

Categories: 新着情報 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP Tour du Pays de Vaud 2018

5月 25th, 2018

Stage1

5月24日から27日までの4日間、チームタイムトライアル(TTT)と個人タイムトライアル(TT)を含めて5ステージで行なわれるジュニアネイションズカップTour du Pays de Vaudが始まった。20チーム(19のナショナルチーム)が参加するこの大会に日本からは小野寺慶、香山飛龍、日野凌羽、中村龍吉、道見優太、宇佐美颯基の6選手が出走した。ジュニアの国際レースとして伝統あるこのレースは今年で50周年のメモリアル大会となる。

Stage1はローザンヌの観光の中心となるレマン湖近くの4.5kmの周回コースで争われた。15%の勾配の登り区間が300mあるが、特に難しいコーナーはなく力勝負のコースであり、TTを得意とする選手のいない今回の日本チームはレース前から選手同士で先頭交代の順番、牽く区間、登りのペース配分などを密に話し合いチームワークで好タイムを狙った。スタートして最初の区間を日野、中村がスピードに乗せてからペースを作り急勾配の登りはじめを宇佐美、そして道見がペースを保つ。頂上からの緩い下り、平坦、下りのスピードの必要な区間を小野寺、香山が強力に牽引する。ラスト1kmの最終コーナーからのほぼ直線平坦区間ですでに4名になっていたチームを香山、小野寺でペースを上げるがここでチームが分解してしまい、隊列を戻すまでにタイムを失ってしまう。日本チームは4.5kmを5分54秒で走り、優勝したオランダから22秒差の14位となった。

最後の1kmで数秒は失ってしまい、これがなければ12位まで順位を上げることが出来たとレース後に選手は悔しがった。より声を掛け合っていれば修正できた箇所もあり、TTTを走る機会のないジュニア選手らはレース前だけではなくレース中の選手間のコミュニケーションの重要性をより理解した。

Stage1  4.5km TTT
1 オランダ 5分32秒 av49.8km/h
2 デンマーク 1.34秒差
3 チェコ 5秒38差
14日本 22秒03

JCF強化コーチ柿木孝之

Categories: 新着情報 Tags: