Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • Jプロツアー第8戦『第11回JBCF富士山ヒルクライム』レポート(実業団より)
2014/06/17

Jプロツアー第8戦『第11回JBCF富士山ヒルクライム』レポート(実業団より)

jbcf_fujisan【Jプロツアー】増田成幸が圧倒、堀孝明とワンツー達成の宇都宮ブリッツェン
ヒルクライム連戦の2戦目は日本を代表する「激坂」のふじあざみライン。The average slope is greater than 10%、An average of 18 percent, especially from midfield too、Followed by up to 22% of the interval。Jプロツアーの記録は昨年にホセ・ビセンテ(Team UKYO)の出した40分52秒。日本人では森本誠の42分11秒。
スタート後はフラビオ・バルセッキそして狩野智也のTeam UKYO勢が先頭でペースを作る。やがて狩野らが抜け出しそして先頭は増田成幸・堀孝明(宇都宮ブリッツェン)、岩井航太(那須ブラーゼン)、櫻井一輝(なるしまフレンドレーシングチーム)の4人に。堀が増田のために先頭を引き、そして中盤過ぎからの急坂で増田が抜け出しそのまま独走、2位に1分20秒の大差を付け優勝。2位に堀が、3位には22歳の岩井が入り、栃木県勢で表彰台を独占した。優勝した増田は2012年Jプロツアー石川ロード以来、2年ぶりの優勝。

Jプロツアー第8戦『第11回JBCF富士山ヒルクライム』
日付 2014年6月15日
Venue Shizuoka Prefecture Sunto-gun Oyama-cho Fuji thistle line
From the full-length 11.4km、Elevation difference 1200m

Result
P1クラスタ
1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)42分49秒
2位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)+1分20秒
3位 岩井航太(那須ブラーゼン)+1分27秒
4位 ガルシア・リカルド(Team UKYO)+1分59秒
5位 狩野智也(Team UKYO)+1分59秒
6位 櫻井一輝(なるしまフレンドレーシングチーム)+2分10秒
Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(Team UKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

Fクラスタ
1位 針谷千紗子(Live GARDEN BICI STELLE)1時間01分27秒
2位 大谷梢(湘南ベルマーレクラブ)+21秒
3位 西加南子(LUMINALIA)+34秒
Jフェミニンリーダー 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)

Photos and statements:JBCF general corporate social Tuan Tuan industry from all over Japan Mika Zhuan vehicle Athletic League