Japan Auto vom Zhuan Athletic League
  • HOME
  • ROAD
  • NACHRICHTEN
  • J Pro Tour Runde 9, Bericht "48. JBCF West Road Klassische Hiroshima Turnier" (von der Unternehmensgruppe)
2014/06/23

J Pro Tour Runde 9, Bericht "48. JBCF West Road Klassische Hiroshima Turnier" (von der Unternehmensgruppe)

jbcf_west【Jプロツアー】「畑中勇介が鈴木真理を下して連覇達成」
JBCFの主催するロードレースで2番目に高いレースレイティングAAの本大会は、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)の1周目からの逃げで始まる。メイン集団はチーム右京を中心に差を1分までにコントロール。阿部の逃げはじつに10周目前半まで続き、吸収後の10周目後半から入部正太朗(シマノレーシング)と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が逃げる。
最終周回、ラスト5kmで畑中勇介(シマノレーシング)が2人に合流、さらに鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)と野中竜馬(シマノレーシング)が合流し、先頭はシマノレーシング3人と宇都宮ブリッツェン2人に。展望台への上りで入部がペースアップし4人に。ゴールまで400mの並びは増田、Tritt in den Klub ein、Suzuki、畑中の順。鈴木がスパートしたがゴール手前で畑中が並び畑中がわずかに先着。畑中が昨年の本大会に続いて連覇を達成した。

Jプロツアー第9戦『第48回JBCF西日本ロードクラシック広島大会』
日付 2014年6月21日、22Japan
会場 広島県中央森林公園サイクリングコース
距離 全長12.3km
Ergebnis
P1クラスタ 12.3km×12周(147.6km)
1位 畑中勇介(シマノレーシング)3時間45分21秒 
2Zeigen Suzuki Wahrheit (Utsunomiya Blitzen)
3位 入部正太朗(シマノレーシング)+03秒
4位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+06秒
5位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+30秒
6位 佐野淳哉(那須ブラーゼン)+31秒
Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(Team UKYO)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

【Jフェミニンツアー】6/22
Ergebnis
Fクラスタ 12.3km×3周(36.9km)
1位 パターソン・ジル(Team ASAHI)1時間06分16秒
2位 吉川美穂(Team ASAHI)+1分38秒
3位 星川恵利奈(Team ASAHI)+1分39秒
Jフェミニンリーダー 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)

【Jユースツアー】6/21
4周するYクラスタは、1周目の上りで日野竜嘉(松山聖陵高等学校)と大町健斗(チームサイクルプラス)の2人が抜け出し30秒から1分の差をメイン集団につける。仕掛けあう2人は、最終周回の上りで大町が接触落車、日野がそのまま逃げ切って優勝。
Ergebnis
Yクラスタ 12.3km×4周(49.2km)
1位 日野竜嘉(松山聖陵高等学校)1時間19分51秒
2位 大町健斗(チームサイクルプラス)+37秒
3位 藤田拓海(横浜高校自転車競技部)+1分19秒
Jユースツアーリーダー 藤田拓海(横浜高校自転車競技部)
写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟