Japan car from Zhuan Athletic League
2013/05/12

MTBアジア選手権大会速報(XCO)

Yamamoto Kohei<クロスカントリー男子エリート>
1. 山本 幸平(北海道・Specialized Racing Team)1:27:46.374
2. KAZANTSEV, Kirill(カザフスタン)1:29:47.424
3. DUAN, Zhiqiang(中国)1:30:31.285
7. 沢田 時(滋賀・ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)1:34:42.332
14. 前田 公平(東京・TEAM SCOTT)1:39:51.585
DNF 斉藤 亮(長野・MIYATA-MERIDA BIKING TEAM)最終ラップリタイア
[小田島梨絵チーム・マネージャーのレポート]
5月12日(日)アジアMTB選手権クロスカントリーが中国成都にて行われ、男子エリートに出場した日本チームは山本幸平が5連覇の金メダルを獲得した。
レースはスタートループ1.7㎞と6.5㎞のフルコースを4周で行われた。当日は強い日差しと30度近くまで上昇した気温のため、スタートを待つだけでも体力を消耗するような厳しいコンディションであった。
スタートから約1㎞地点に最初に現れたのは中国と山本の2人パック。そのすぐ後に日本の他3選手が続いてレースを展開してほしかったが、イランや韓国など数か国が間に入ってしまい先頭とのタイム差が開く厳しいスタートとなった。ほどなく先頭の中国選手が下りで転倒しリタイア、その後は山本が「今日は勝つための走り」という安定した走りで独走を続け、貫録の優勝を決めた。後続は1周目終了時点では沢田時と斉藤亮が3位パック、前田公平もさほど遅れずトップ10の位置で走行し後半の伸びを期待したが、沢田は結果7位、前田は14位、斉藤は熱中症のため嘔吐を繰り返しリタイア、メダルには届かなかった。