日本自転车竞技连盟

Archive

Posts Tagged ‘RR’

UCI JUNIOR NATIONS CUP Tour du Pays de Vaud 2018

May 27th, 2018

Stage3-1 Stage3-1は当日朝にコースが突然変更になりスタート直後の3.4kmの登りに続き、10km過ぎから8kmほどの勾配の緩い登りが加わることになった。さらにコース中間には4.4kmの登りも控え、コースプロフィールからは分からないアップダウンも多く78.7kmと距離は短いながらも激しいレースになることが予想された。 スタートして2kmのスピードの出る広い平坦区間で大落車が発生して30人ほどが巻き込まれる。日本チームも数名巻き込まれ日野が腰を強打してそのままリタイアを余儀なくされる。落車の状況によりレースはニュートラル措置がとられ、中村も代車に乗りかえてスタートする。 最初の山岳で3名が抜け出し、そこからは個人総合リーダーを擁するデンマークがコントロールして集団は進む。40km過ぎからの4.4kmの登り区間で集団は完全にバラバラになり、その中で小野寺が20人以下となった先頭集団に入りレースを進める。然后、香山らも合流しメイングループは再び50人ほどになる。そこからは細かな動きはあるが、アタックは決まらず最後は緩い登りでのスプリントとなりフランスのPAGE Hugoが制した。香山と小野寺は連携が取れず香山の28位にとどまった。 Stage3-1 1 PAGE Hugo(法国) 2時間8分8秒 2 STRELKOV Nikita(俄罗斯)同时 3 MAAS Edo(荷兰)同タイム 28香山飛龍 同タイム 36小野寺慶 10秒差 66道見優太 6分20秒差 93宇佐美颯基 20分25秒差 DNF中村龍吉 DNF日野凌羽 Stage3-2 午後の10.2kmのTTはコースプロフィールでは平坦基調の単調なコースに見えたが、アップダウンが多く、道の狭い区間もありテクニカルコーナーも2つある。優勝は前評判通りデンマークのSKJELMOSE JENSEN Mattiasが10.2kmを12分22秒で走り抜け2位に21秒差、3位に30秒差をつけ圧倒的な走りを見せた。日本チームは香山の1分42秒差の56位が最高位であった。 最終ステージとなるstage4は山岳ポイント自体は厳しくないが、スタートからアップダウンがラスト20kmまで続く。好調の小野寺、香山でステージ上位を狙う。 Stage3-2 10.2km TT 1SKJELMOSE JENSEN Mattias(丹麦) 12分22秒 AV49.4km/h 2LEVY William Blume(丹麦) 22秒差 3AASHEIM Ludwig (挪威)30秒差 54香山飛龍 1分42秒差 64小野寺慶1分54秒差 85道見優太 2分34秒差 88宇佐美颯基 2分45秒差 Stage3個人総合成績 1SKJELMOSE JENSEN Mattias(丹麦) 5時間18分11秒差 2LEVY William Blume(丹麦) 18秒差 3AASHEIM Ludwig (挪威)37秒差 38小野寺慶5分01秒差 60道見優太 11分51秒差 63香山飛龍 15分22秒差 83宇佐美颯基 33分50秒差 JCF強化コーチ柿木孝之

Categories: 新着情报 Tags:

ツアー・オブ・ジャパン第7ステージ

May 27th, 2018

ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ(伊豆ステージ)120.8㎞ 開催日:5月26日 1 グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーン・メリダ) 3h29m53s 2 クリス・ハーパー(オーストラリア/ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)+0s 3 フェリックス・アレハンドロ・バロン・カスティージョ(コロンビア/チーム・イルミネート)+0s …6 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオ)+1m18s=日本人最高位 …34 草場啓吾+10m23s、54 中川拳+18m42s、58 冨尾大地+18m21s 佐藤健は途中棄権、松田祥位は未出走 第7ステージ終了後個人総合リーダー マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム)17h34m13s コメント 個人総合を決定付けるステージではチームは草場の山岳賞獲得への最後のチャンスなった。しかし序盤からのペースアップに苦しみ山岳賞争いには参加する事は出来なかった。レースは序盤から逃げたメンバーから3名が生き残り、バーレーンメリダのボレを先頭に総合リーダーのいる後続グループに対し1分以上のタイム差でゴールした。草場はラスト2周までリーダーグループで粘り34位でゴールし健闘した他、中川、冨尾も最後まで粘りを見せゴールした。レース全体では個人総合上位に大きな変動は無く明日最終日東京ステージのスタートへ並ぶ。 浅田 顕

Categories: 新着情报 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP Tour du Pays de Vaud 2018

May 26th, 2018

Stage2 Stage2は20km地点に5km弱の山岳ポイントがあり、その後40kmの周回を1周半してゴールする119.6kmで争われた。周回にも4kmの登り区間があり、先週のフランス大会より一つ一つの登り区間が長いアップダウンが続くコース設定で、厳しいレースになることが予想された。 最初の登り区間までは集団で進み、最初の山岳ポイントの登りでペースが上がり集団は長く伸びていく。この登りの後の下り区間が非常に危険との事前情報により各チームが前に前に位置取りをするためさらにペースが上がる。集団前方でこの登りを超えた小野寺であったが、ここからの危険な下り区間でドイツとデンマークの選手が砂にハンドルを取られ落車をし、それを避けるため急ブレーキをかけた影響で先頭20名に入り損ねてしまう。総合リーダーを擁するオランダチームも乗り損ねたためメイン集団を牽引する。日本チームからは小野寺、日野がこの牽引に加わる。先頭集団には総合優勝を狙う強豪チームが複数名入っており、差は縮まらず徐々に広がり60km地点での2回目の登り区間では1分30秒差まで広がる。小野寺には動くだけの脚はあったが、落車を避けた際に前ブレーキシュー、それに伴いホイールにも問題を抱えたにもかかわらず、代車に乗り換える判断がつかなかった。登り区間では乗り遅れた強豪選手らと追走集団をたびたび形成して動けているにもかかわらず下り区間で下がるのを繰り返してしまった。 結局先頭グループはゴールまで14名が残り、ラストはここから3名が抜け出し、デンマークのLEVY William Blumeがスプリントを制した。日本選手はメイン集団に残った小野寺の36位が最高位であった。 チームカーが走るレース経験の少ないジュニア選手は今回のレースでも集団内での位置取り、チームでの動き方などレースの戦い方だけではなくトラブルからの復帰の際のチームカーの隊列の使い方、パンクの際の対応、補給の仕方、チームカーの呼び方、代車に乗りかえるか否かの判断など多くを学んでいる。 stage3は午前に80km弱のアップダウンの激しいロードレースと午後からの10km平坦TTが行なわれる。コンディションの良い小野寺と登りでのパンクで遅れてしまった香山で午前のステージ上位を狙っていく。 Stage2 1 LEVY William Blume(丹麦) 2時間52分03秒 2 BENZ Pirmin(德国) 同时 3 BALMER Alexandre(瑞士) 同タイム 36小野寺慶 2分41秒差 59道見優太 同タイム 81宇佐美颯基 9分37秒差 84香山飛龍 13分24秒差 86中村龍吉 15分12秒差 91日野凌羽 18分29秒差 Stage2個人総合成績 1 LEVY William Blume(丹麦) 2時間57分37秒 2 SKJELMOSE JENSEN Mattias(丹麦) 4秒差 3 BENZ Pirmin(德国) 5秒差 51小野寺慶 3分01秒差 52道見優太 同タイム 71宇佐美颯基 10分44秒差 83香山飛龍 13分44秒差 85中村龍吉 15分32秒差 95日野凌羽 19分37秒差 JCF強化コーチ柿木孝之

Categories: 新着情报 Tags:

ツアー・オブ・ジャパン第6ステージ

May 25th, 2018

ツアー・オブ・ジャパン 第6ステージ(富士山ステージ)32.9㎞ 開催日:5月25日 1マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム) 1h19m19s 2ヘルマン・ペルシュタイナー(オーストリア/バーレーン・メリダ) +28s 3クリス・ハーパー(オーストラリア/ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)+1m48s …12中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオ)+2m47s=日本人最高位 …62草場啓吾+17m29s、64冨尾大地+17m29s、69中川拳+19m42s、79佐藤健、80松田祥位+24m34s 第6ステージ終了後個人総合リーダー マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム)14h02m52s コメント 富士山山頂ゴールステージでは、山岳ジャージ奪回の伊豆ステージに備え各自がマイペースで山頂を目指すステージとなったが、決して緩くはなく富士スピードウェイから急勾配で富士山5合目まで駆け上がる苦しい道のりであった。勝ったのはキナンサイクリングチームのスペイン人マルコス・ガルシア・フェルナンデスで、一気に個人総合リーダーにも浮上した。日本人ではNIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの中根が2分47秒の12位で入り個人総合成績を8位まで上昇させた。明日は山岳賞に決着がつく伊豆ステージ。草場を中心にチームはベストを尽くす。浅田 顕

Categories: 新着情报 Tags:

2018 UCI U23ネイションズカップチェコ大会代表選手団

May 25th, 2018

1.派遣日程:平成30年5月27日~6月7日 2.開催日程:平成30年6月1日~4日 3.開催場所:チェコ・プラハ 4.選 手 団 監  督 浅田  顕(JCF強化コーチ) メカニック 市川 貴大(JCF強化支援スタッフ) マッサー 穴田 悠吾(JCF強化支援スタッフ) 選   手(6名) 山本 大喜(奈良 KINAN Cycling Team) 石上 優大(神奈川 EQADS) 松田 祥位(岐阜 EQADS) 渡辺  歩(福島 GSC Blaganac Vel Sport 31/EQADS) 小山 貴大(大阪 シマノレーシング) 中村 圭佑(神奈川 USSA Pavilly Barentin)

Categories: 新着情报 Tags:

2018 UCIジュニアネイションズカップ大会(31. Saarland TROFEO)日本代表選手団

May 25th, 2018

1.開催日程:平成30年6月7日(木)~10日(日) 2.派遣日程:平成30年6月3日(日)~12日(火) 3.開催場所:ドイツ・ザールラント州 4.選 手 団 監 督 柿木 孝之(JCF強化コーチ) 選  手 日野 泰静(愛 媛・松山城南高校) 馬越 裕之(奈 良・榛生昇陽高校) 鳥倉 必勝(神奈川・ウォークライド) 福田 圭晃(神奈川・横浜高校) 山本 哲央(山 梨・中央大学) 細田 悠太(鹿児島・南大隅高校)

Categories: 新着情报 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP Tour du Pays de Vaud 2018

May 25th, 2018

Stage1 5月24日から27日までの4日間、チームタイムトライアル(TTT)と個人タイムトライアル(TT)を含めて5ステージで行なわれるジュニアネイションズカップTour du Pays de Vaudが始まった。20チーム(19のナショナルチーム)が参加するこの大会に日本からは小野寺慶、香山飛龍、日野凌羽、中村龍吉、道見優太、宇佐美颯基の6選手が出走した。ジュニアの国際レースとして伝統あるこのレースは今年で50周年のメモリアル大会となる。 Stage1はローザンヌの観光の中心となるレマン湖近くの4.5kmの周回コースで争われた。15%の勾配の登り区間が300mあるが、特に難しいコーナーはなく力勝負のコースであり、TTを得意とする選手のいない今回の日本チームはレース前から選手同士で先頭交代の順番、牽く区間、登りのペース配分などを密に話し合いチームワークで好タイムを狙った。スタートして最初の区間を日野、中村がスピードに乗せてからペースを作り急勾配の登りはじめを宇佐美、そして道見がペースを保つ。頂上からの緩い下り、平坦、下りのスピードの必要な区間を小野寺、香山が強力に牽引する。ラスト1kmの最終コーナーからのほぼ直線平坦区間ですでに4名になっていたチームを香山、小野寺でペースを上げるがここでチームが分解してしまい、隊列を戻すまでにタイムを失ってしまう。日本チームは4.5kmを5分54秒で走り、優勝したオランダから22秒差の14位となった。 最後の1kmで数秒は失ってしまい、これがなければ12位まで順位を上げることが出来たとレース後に選手は悔しがった。より声を掛け合っていれば修正できた箇所もあり、TTTを走る機会のないジュニア選手らはレース前だけではなくレース中の選手間のコミュニケーションの重要性をより理解した。 Stage1  4.5km TTT 1 オランダ 5分32秒 av49.8km/h 2 デンマーク 1.34秒差 3 チェコ 5秒38差 14日本 22秒03 JCF強化コーチ柿木孝之

Categories: 新着情报 Tags:

ツアー・オブ・ジャパン第5ステージ

May 25th, 2018

ツアー・オブ・ジャパン 第5ステージ(南信州ステージ)123.6㎞ 開催日:5月24日 場 所:長野県飯田市 レース結果 第5ステージ成績 1トマ・ルバ(フランス/キナンサイクリングチーム) 3h13m35s 2ホルヘ・カミロ・カスティブランコ・クビデス(コロンビア/チーム・イルミネート)+0s 3ディラン・サンダーランド(オーストラリア/ベネロング・スイスウェルネス・サイクリングチーム)+20s …6窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)1m19s=日本人最高位 61中川拳+9m57s、73草場啓吾+13m10s、76冨尾大地、77松田祥位+22m51s、82佐藤健+24m03s 第5ステージ終了後個人総合リーダー トマ・ルバ(フランス/キナンサイクリングチーム) 12h42m16s 第5ステージ終了後個人総合山岳賞 草場啓吾⇒小石祐馬(チーム右京)へ コメント 第5ステージは本格的な山岳コースの初日となる。チームは草場の山岳賞ジャージを守るために序盤からアタックに反応するが、各選手疲労が出始め徐々に後退し先頭グループを外してしまい、ゴールまでの残りの距離を其々のグループで走り切り、次以降のステージに備える事になった。明日の第6ステージ(富士山ステージ)は5名でスタートラインに並ぶ。

Categories: 新着情报 Tags:

ツアー・オブ・ジャパン第4ステージ 草場啓吾が山岳賞奪回!

May 24th, 2018

ツアー・オブ・ジャパン 第4ステージ 139.4㎞ 開催日:5月23日 場 所:岐阜県美濃市 レース結果 第4ステージ成績 1ミッヘル・ライム(エストニア/イスラエル・サイクリング・アカデミー) 3h23m59s 2レイモンド・クレダー(オランダ/チーム右京)+0s 3マルティン・ラース(エストニア/チーム・イルミネート) +0s 4大久保 陣(チームブリヂストンサイクリング) +0s =日本人最高位 …58中川拳+58s、73冨尾大地+2m48s 76佐藤健+2m53s、85吾草场、86松田祥位+4m04s 武山晃輔は負傷の影響により未出走 第4ステージ終了後個人総合リーダー グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーン・メリダ) 9h28m23s 第4ステージ終了後個人総合山岳賞 草場啓吾 コメント 第4ステージではチーム一丸となり山岳リーダージャージを奪回した。レースは序盤の激しいアタック合戦の末、山岳賞争いのメンバーを中心とする5名が先行し、集団はリーダーチームのコントロールで進む。草場は1回目の山岳賞を1位、2回目も3位通過し山岳リーダージャージを奪回した。チームの意思統一が大きな力になった第4ステージであった。

Categories: 新着情报 Tags:

STAN OCKERS CLASSIC BORSBEEK

May 22nd, 2018

STAN OCKERS CLASSIC BORSBEEK 5月21日 開催地 ベルギー アントワープ地方 156km 1 JACOBS PIETER (BEL) 2 LAMB ROSS (GBR) 3 DE BOES TIMMY (BEL) 77 橋本 英也  +1’53” 78 沢田 桂太郎 同上 DNF一丸 尚伍 DNF近谷 涼 DNF 今村 俊介 コースは平坦の12kmのコースを13周。ゴール前は横風の影響を受けるような約1kmの長い直線区間がある。またゴール前3kmほどに100m程度ではあるが石畳区間がある。部分的に道幅の狭い区間はあるが、全体的には集団で流れるコースだった。 スタート直後からアタックが繰り返され日本チームもその動きに反応した。約30kmを過ぎた頃に橋本がアタック。追撃したベルギー人選手に今村が反応し、他の選手は踏むのを止めてしまったが、今村はそのままペースを落とさずに走り続け集団を引き離し独走した。 今村のアタックに集団から3名が加わり4名のエスケープグループが形成され、集団を1分前後リードした。後続の集団ではコントロールするチームが存在せずに常にアタックが繰り返された。追走の動きで近谷が3名で集団を抜け出し、先頭グループの4名に今村、追走の3名に近谷、メイン集団に橋本、沢田、一丸と絶好の体制となった。 50kmを過ぎ集団のペースが上がり近谷のグループを吸収、そして60km過ぎには今村のグループも吸収されレースは振り出しに戻った。 100km過ぎに11名が先行し、1分53秒を先行し逃げ切った。後続の集団は約70名による12位争いのスプリントとなったが、橋本と沢田はリスクを避ける判断からスプリントには参加せずに集団後方でフィニッシュした。 トラックナショナルチームによる欧州ロードレース活動により25日間で10レースを走った。この1ヶ月で選手達は大きな身体的なパフォーマンス及びテクニックの向上が見られ、それはレースの内容、成績となって表れていた。 今年のトラックシーズンの活躍を期待したい。

Categories: 新着情报 Tags: