日本自転车竞技连盟
2015/05/21

TOJ日本国家队比赛报告

德田第四阶段饭阶段123.6公里
個人総合成績に重要な山岳ステージのひとつ。チームは徳田優の先頭集団ゴールと、面手、秋田、松本の3選手には逃げグループに参加する事を課題とした。レース各チームの逃げ狙いの選手らによるアタックで序盤からペースが上がり、懸命に展開に参加した面手、秋田、そして小橋と松本もメイングループから遅れてしまう。徳田と黒枝はメイングループに残り待機するが、中盤のペースアップで分裂したそれぞれのグループに取り残され徳田が約9分遅れ、今日は温存の日ながら、要所で徳田をサポートした黒枝が18分遅れのグループでゴール、序盤から最終グループで走った小橋、面手も20分以上遅れてのゴールとなった。还、秋田と松本はグループに復帰できず途中棄権となってしまった。途中に様々な展開があったがレース先頭は結局、総合リーダーを42秒ほど置き去りにした形で個人総合上位メンバーによる25名程のスプリントで決着となり、日本人選手としては、土井雪広(TEAM UKYO)、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、中根英登(愛三工業レーシング)の3名のみが残った。

舞台演出
1ベンジャミン・プラデス(スペイン/チームマトリックス)3h0m31s
2アダム・フェラン(オーストラリア/ドラパック)+0s
3トマ・ルバ(フランス/ブリヂストンアンカー)+0s
…57徳田優+9m51s、79黒枝咲哉+15m16s、85小橋勇利+20m15s、93面手利輝+23m58s
总体个别领导者
アダム・フェラン(オーストラリア/ドラパック)

赛事官方网站