Japan car from Zhuan Athletic League
2017/05/24

TOJ第4ステージレポート

逃げる孫崎と初山(アンカー)比較的フラットな美濃ステージでは集団スプリントで決着することが多く、今日のチームは吉岡と山本を温存させながら先頭集団でゴールさせる事を最優先とし、展開の中で新城、孫崎、草場が逃げに参加することも課題とした。レースはスタート直後に山岳賞の初山(ブリヂストン・アンカー)と孫崎の2人が飛び出し、リーダーチームのNIPPOが管理する集団は2人の逃げを容認し90㎞過ぎの2つ目の山岳ポイントまで進んだ。山岳ポイントを加算した初山は集団に戻る一方、孫崎は残る力を込め逃げ続けた結果、スタートからラスト約25㎞まで逃げ続け存在をアピールする事が出来た。
レースは最後には集団でまとめゴールスプリントへ持ち込まれた中、チーム右京のイヴァン・ガルシア・コルティナが大集団のトップで入りステージ優勝を飾った。草場、新城に位置取りでサポートを受けながら力を温存した吉岡と山本もトップと同タイムでゴールし、孫崎の逃げも含め今日もチームの課題を達成した。(Sensible Asada)

5月24日 第4ステージ(美濃ステージ)139.4㎞
Race Results

1ジョン・アベラストゥリ・イサガ(スペイン/チーム右京)3h22h04s
2アンソニー・ジャコッポ (オーストラリア/アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス)+0s
3イヴァン・ガルシア・コルティナ(スペイン/バーレーン・メリダ)+0s
…13山本大喜、29吉岡直哉+0s、58草場啓吾+26s、75新城雄大+1m47s、81孫崎大樹+3m21s