Japan car from Zhuan Athletic League
2016/08/23

Trofeo d’or<レポート>St1-3

JPN_TEAM8UCI2.2 Trofeo d'or Feminin to be contested in five stages, including the TT from the moon 21 days to 24 days has been started。Japan team Kajiwara Yumi、Miho Yoshikawa、Ueno South、Sakaguchi HijiriKaoru、Yumiko Goda、Faces six players elite women's race experience there is little in the Tsubasa Makise of Europe。

Stage1
第1stageは平坦とアップダウンの12.3kmのTTが行なわれた。バイクコントロールテクニックは不要なコース設定で、力とペース配分のみでの勝負となることが予想された。日本チームからは梶原が7位となり、新人賞ジャージを獲得した。

Stage1
1 DELZENNE Elise 17分6秒
2 DEMAY Coralie (Poitou-CHARENTES.FUTUROSCOPE.86)19Parsec
3 PITEL Edwige (S.C. MICHELA FANINI) 21Parsec
7 梶原悠未  38秒差
15 坂口聖香  1分2秒差
32 上野みなみ 1分26秒差
58 牧瀬翼   2分4秒差
69 吉川美穂  2分24秒差
89 合田祐美子 3分12秒差

新人賞ジャージの梶原Stage2
TTの街から移動して午後のstage2は82.5kmのコースで争われた。3か所の登りがあるがどれも短く、集団スプリントになることが予想された。レースは落車が複数回起こる中でアタックがあまりなくスローペースで進む。リーダーチームのLOTTO SOUDALが緩くコントロールし、山岳ポイントでは数名がアタックをかけるが大きな逃げにはならない。下りと平坦区間で集団は一つになり、非常にゆっくり進む集団スプリントの展開となる。ゴールが近くなりイタリアのスプリンターを擁するALE CIPOLLINIがコントロールをはじめ、そのままゴール前の2.2kmの周回に入る。午前のTTのあとにこの周回を下見して危険区間を把握しており、チームでまとまって集団スプリントに向けて備えたかったがうまくまとまることが出来ない。最後は集団スプリントとなり、ALE CIPOLLINIのBASTIANELLI Martaが優勝した。日本チームは吉川が単騎で位置取り、スプリントを行ない2位となった。梶原はこのステージでは終始集団前方に位置していたが、ゴール前に下がってしまった時に集団が割れて7秒失ったが新人賞ジャージを守り総合7位につけている。

Stage2 2位の吉川Stage2
1 BASTIANELLI Marta( ALE CIPOLLINI) 2時間17分14秒
2 吉川美穂 同タイム
3 VAN DE REE Monique(LARES-WAOWDEALS-BELGIQUE)同タイム
39 坂口聖香 7秒差
46 梶原悠美 同タイム
51 上野みなみ 同タイム
69 合田祐美子 43秒差
86 牧瀬翼 7分20秒差

Stage2 個人総合成績
1 DELZENNE Elise (LOTTO SOUDAL)2時間 34分17秒
2 DEMAY Coralie(Poitou-CHARENTES.FUTUROSCOPE.86) 22Parsec
3 DUVAL Eugenie(Poitou-CHARENTES.FUTUROSCOPE.86) 36Parsec
7 梶原悠未  48秒差
15 坂口聖香  1分12秒差
34 上野みなみ 1分36秒差
53 吉川美穂  2分23秒差
72 合田祐美子 3分58秒差
77 牧瀬翼   9分27秒差

Stage3
Stage3は今大会一番厳しい95kmのコース設定で、40km地点から70kmまで勾配のある登りが5か所続く。40kmの登り口では前に上がらねば後ろに取り残されるコースであったが、日本チームは吉川以外は集団後方で入ってしまい誰も20名以上の先頭グループに残れない。2つ目の登りではおよそ6つの集団に分かれ、Sakaguchi、Ueno、合田が第2グループ、Kajiwara、Yoshikawa、牧瀬は第3グループに入る。最後の登りからゴールまでは25mの平坦コースであり、先頭集団とは1分ほどのタイム差であったので第2グループもまとまれば先頭グループに追いつくタイム差であったが、3名残っていた日本チームが真剣に追いかけ始めるのが遅くうまくまとまらなかった。
この日は登りが始まる際のチームでの位置取り、そして後半はチームでまとまって戦う意識が足りなかった。明日第4stageは平坦基調なコース設定であり、集団スプリントが予想される。日本チームはゴール前にはチームでまとまり、吉川のスプリントでのステージ優勝を狙う。

Stage3
1 JACKSON Alison 2時間39分55秒
2 DELZENNE Elise 同タイム
3 BASTIANELLI Marta同タイム
30 上野みなみ 2分20秒差
33 Sakaguchi HijiriKaoru same time
47 合田祐美子 2分25秒差
49 牧瀬翼 10分25秒差
56 吉川美穂 11分34秒差
62 Kajiwara Yumi same time

Stage3 個人総合成績
1 DELZENNE Elise (LOTTO SOUDAL) 5時間 14分4秒
2 DUVAL Eugenie(Poitou-CHARENTES.FUTUROSCOPE.86) 44Parsec
3 DE VUYST Sofie(LOTTO SOUDAL) 45Parsec
32 坂口聖香  3分40秒差
39 上野みなみ 4分4秒差
48 合田祐美子 6分31秒差
50 梶原悠未 12分30秒差
53 吉川美穂  14分5秒差
73 牧瀬翼   20分0秒差

(JCF強化コーチ 柿木孝之)