日本自転车竞技连盟
2014/03/28

U23欧州合宿レポート(最終)

3月24日
合宿トレーニング最終日。フラットな往復コースにて25㎞のTTレベルの個別一定走と、同じく25㎞のチーム走を実施した。一昨日のレースの疲労が残る選手がいるが、タイム計測と強度の高いトレーニングが実施できた。トータル4hで130㎞を走行。2006年当時から何人かの記録があるので比較をし長期的にタイムを縮めてゆきたい。

合宿総評
今回は1月の国内基礎技術トレーニング合宿に続き、4月から始まるU23ネイションズカップや世界選手権等のワールドクラスレースに備え、トレーニングとレース環境に恵まれた南仏TOULOUSE近郊にて合宿を実施した。国内の優秀な成績にて選出されたU23強化メンバーだが、今回環境を借りて走ったフランスのアマチュア界では日本人選手が体力面、技術面、戦術面において地元選手に劣っていることを実感した。こういったレベルを勝ち抜いてきた各国代表と戦うネイションズカップや世界主権で活躍するには、まずは今回の合宿のような活動を継続的に実施することが重要であることを再確認した。还、今回はフランスで実施したが、比利时、意大利、スペイン等、特色の異なる様々な国のレースに順応してゆくことも大切で、今後はさらに足を延ばしてゆきたい。还、U23カテゴリー内でも単一の活動だけでは無く、レベルの異なる選手が段階的にレベルアップできるようなプログラムの実施が理想的である。
2014年3月28日 浅田 顕