日本自転車競技連盟
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • U23欧州遠征レースレポート<VOLTA CYCLISTA VALENCIA>
2014/09/05

U23欧州遠征レースレポート<VOLTA CYCLISTA VALENCIA>

選手紹介地中海に面したしペインのバレンシアを中心に設定された4つのコースで競う4日間のステージレース。スペインのトップクラブチームをはじめ外国籍7チームを含め27チームが集結。世界選手権ロードを2週間後に控えスペインでは自転車熱が高まっている。ジャパンチームはエリートの宮澤崇史選手を指導役に加えステージレースのノウハウを伝授しながら上位を目指す。

レース名 VOLTA CYCLISTA VALENCIA
開催地  スペイン・バレンシア県
距 離  第1ステージ 126.1㎞
第2ステージ 130.2㎞
第3ステージ  129.6㎞
第4ステージ 121.5㎞
クラス  スペイン車連 ELITE & U23
期 間  2014年9月4~7日
参加者  小石祐馬(VINI FANTINI-NIPPO-DE ROSA)、石橋学(鹿屋体育大学)、 岡篤志(EQA U23)、清水太己(EQA U23)、面手利輝(EQA U23)、内野直也(EQA U23)、宮澤崇史((VINI FANTINI-NIPPO-DE ROSA)

第1ステージ成績
1 HAVIK Piotr (オランダナショナルチーム)2h37m50s
2 RODRIGUEZ Sergio (スペイン/GIPUZKOA)+3s
3 SAMOLENKOV Artem (ロシア/LOKOSPHINX)+3s
…6小石祐馬+23s、13岡篤志+27s、23 石橋学+59s
…40宮澤崇史、68内野直也、72面手利輝、124清水太己+4m43s

コメント
バレンシアの町から海沿いの直線道路を40㎞程走り少し内陸に入った街を周回するフラットなステージ。スタートから風が強く吹き序盤から集団は縦に伸び距離を消化してゆく。周回に入るところで先頭25名程が先頭集団を形成し、チームからは石橋、小石、岡が乗りゴールを目指す。メイングループも追い上げることなく終盤へ突入。勝負はラスト10㎞で先頭グループはアタックにより分解され出来た6名の先頭グループに小石が入り、6位でゴール。続いて秒差のグループで岡、先頭グループの逃げを強力に牽引した石橋も少し遅れてゴール。その後のメイングループでは残る4名も無事ゴールし第1ステージを終えた。平坦ながら強風で体力を消耗するようなステージだったが、トップに3人乗せるなど良い動きが出来た。しかし勝を狙うには、より高いチームワークが必要と感じた。勝ったのはオランダナショナルチームのPiotr HAVIK。ラボバンク・デヴェロップメント(UCIコンチネンタルチーム)所属の選手だ。明日は山岳を含む厳しいステージのため上位の顔ぶれも変わるだろう。(浅田 顕)