Auto Giappone da Zhuan League Athletic
  • HOME
  • ROAD
  • NOTIZIE
  • U23欧州遠征レースレポート VOLTA CYCLISTA VALENCIA 第2ステージ
2014/09/06

U23欧州遠征レースレポート VOLTA CYCLISTA VALENCIA 第2ステージ

DSCN1532_8009/5 VOLTA CYCLISTA VALENCIA 第2ステージ 130.2㎞
I risultati del secondo stadio
1 Mikel BIZKARRA(スペイン/GOMUR-CANTABRIA)3m13m04s
2 Aritz BAGUES (スペイン/GIPUZKOA) +1m12s
3 CALDERON Steven (スペイン/GOMUR-CANTABRIA)+1m29s
…45小石祐馬+4m32s、52石橋学+6m10s、101宮澤崇史+12m59s、岡篤志、内野直也、清水太己は後続でゴール
…面手利輝は途中棄権
第2ステージ終了時個人総合成績
1 Israel MUNO (スペイン/GOMUR-CANTABRIA)5h52m56s
…16小石祐馬+2m53s

コメント
第2ステージは山岳ステージ。終盤に控える1級山岳で小石と石橋の両選手を良い状態で登らせるためにチームは作戦を組んだ。昨日の平坦ステージとはレースの種類がガラッと変わり、登りを得意とする選手らによりスタート直後からアタックが始まる。15名の先行グループに予定通り内野が乗る。その後の追撃グループには宮澤が入り25名程の先頭グループに2名が入る展開となった。昨日上位でゴールした総合上位勢がトップグループに居るかなど、もはや関係なく、先頭グループではアタック合戦が続く。後半に入ると先頭をキープしていた内野が脱落し集団へ戻る。後続は先頭とのタイム差が2分以上開いたことろでオランダナショナルチームとロシアがエースアップを開始し、ジャパンチームもペースアップに加わり最終山岳へ突入。しかし小石、石橋とも山岳に強い選手たちに徐々に離され最終山岳をパスし、登り途中で吸収された宮澤を含め、各選手それぞれの小集団でのゴールとなった。総合上位に残れなかったことは残念だが、宮澤が入ったことでチームの動きとしては良い部分が伺えた。勝ったのはバスク地方出身のBIZKARRA、最初から逃げに乗り最後の登りでライバルを引き離して独走した。明日はステージ狙いでチームとして動いて行きたい。(浅田 顕)