日本自転车竞技连盟
2018/03/19

U23 春季欧州遠征第6戦<レポート>

U23 欧州遠征 第6戦
1周約1.6kmのクリテリウム。ゴール前は約5%の登りとなっている。距離にして400m、高低差15mにも満たない小さな丘だが、50回通過するとなると獲得標高750m。2時間のレースで750m登るとなると、それなりの「登り」となる。
オランダ特有の強風も吹いていたが住宅街を走り、直線も短い事からそれほどの影響は無かった。
当日は最高気温0度の中で行われたが、序盤から山本が積極的に動く。山本にとってアジア選以来のレースとなり、今回のレースは結果以上にコンディションを確認する事と、来週末から始まるネイションズカップに向けての最後の調整として、レースに臨んだ。
スタートしてジャパンのメンバーを中心にアタックが繰り返される。10km過ぎに松田が単独で集団を抜け出す。そして次の周回には1名が加わり2名の逃げとなる。さらに4名が追いつき6名の逃げグループが形成され、集団から30秒先行した。
メイン集団でも活発にアタックが繰り返され、15名の追走ができるが、ここにジャパンは誰も加われなかった。しかし大前がメイン集団を全開で引っ張り振り追走集団を潰す。
メイン集団のペースが一瞬緩んだ隙に山本が単独で飛び出す。30秒のギャップを一人で追うのは難しいと思えたが、一気に15秒差まで詰める。しかし先頭集団も山本のペースに合わせて踏み返し、15秒のギャップが埋まらない。ここで松田が先頭集団から離れ、山本を待ち、松田は山本を先頭集団に合流させた。
先頭集団の7名は順調に周回を重ね、メイン集団とのギャップも1分となる。
ラスト20周前後で先頭集団にいた松田が単独で落車。
先頭集団は人数が4名に絞られ、最終周回へ。「余裕があった」山本は「勝ち」を意識していたが、足を攣ってしまい4名のスプリントで4位でフィニッシュした。
松田はレース終盤、メイン集団に吸収されたものの、最後は小人数で集団から飛び出し10位。蠣崎は17位でフィニッシュした。(橋川 健)

山本コメント
「チームメイトに助けてもらったのに、4位という結果に終わってしまいましたが、自分では納得のいくレースをすることができました!
そして来週は、春遠征のメインである、ネイションズカップを走ります!
今回のレースで得たことを生かし、最高のコンディションで、最高の成績を残せるように頑張ります!」

3月18日 KTN – 60e ronde van Woensdrecht
1.65kmX50周 82.5km

1 Jesper Rasch
2 Wouter Been
3 Tom Vermeer
4 山本 大喜
10 松田 祥位
17 蠣崎 優仁
DNF 大前 翔