Japan car from Zhuan Athletic League
2016/09/11

Back to Cantabria <レ ポ ー ト>

9Month 10 days the second stage 148km
The second stage, which runs a large circuit course more undulating than the first stage、A small mountain stage significantly affect the easy individual total score marked with time difference for more than uphill of 2km to the goal before 5km。The team faces in the strategy to further increase the overall 4-position of the Onodera of rank。レースは予想以上に展開が激しく逃げが出来ては吸収される動きを繰り返し、チームも常にメンバーを送り込んだ。総合上位争いのアタックが激しくなる中、後半には20名程度の逃げに雨澤、Onodera、石上の3名が入るグループが出来る場面もあったが、ゴールが近づくにつれて総合上位同士の争いも激しさをまし、小野寺も雨澤、石上のアシストを受け善戦するが、ゴールはトップから42秒遅れのグループでゴールし個人総合は14位に留まった。レースは狙い通りに行かなかったが、チームの動きに連携が取れ始め来季に向けて明るい材料が見えた。(Sensible Asada)

The second stage results
1 MIGUEZ Sergio(スペイン/SUPERMERCADOS FROIZ)3h28m49s
2 ZABALA Josu (ス ペ イ ン / RURAL HOUSING)+3s
3 LINARES Oscar(スペイン/GOMUR)+3s
…21小野寺玲+42s、56石上優大+3m54s、60 横山航太+4m30s、80新城雄大+13m01s

第2ステージ終了時点個人総合リーダー
MIGUEZ Sergio(スペイン/SUPERMERCADOS FROIZ)6h52m45s
…14小野寺玲+42s