日本自転車競技連盟
  • HOME
  • MOUNTAIN BIKE
  • NEWS
  • 【大会レポート:最終日】第26回アジアマウンテンバイク選手権大会/第12回アジアジュニアマウンテンバイク選手権大会
2020/02/05

【大会レポート:最終日】第26回アジアマウンテンバイク選手権大会/第12回アジアジュニアマウンテンバイク選手権大会

1 日時 令和2年2月1日〜2月5日
2 会場 タイ チェンライ

大会最終日となる五日目はXCE(クロスカントリーエリミネーター)が開催されて、日本からは竹之内悠が参加した。
XCOとは別に作られたコースは基本的にワンラインのコーナーが多い為、スタート直後のゆるい登りから1stコーナーへの入りが重要となる。
13時からタイムトライアルが行われて、その結果をもとに1/4、セミファイナル、ファイナルと各組2名ずつ勝ちあがる方式で行われた。
予選のタイムトライアルは1:56:147で2位と幸先のいいスタートとなったが、予選1位のタイに3秒差をつけられた。2分弱で3秒差はとても大きな差であり、日本チームとしてインターバル中にマッサージや冷却、ローラーなど出来る限りのサポートを行った。
クォーターファイナルは余裕で先頭で通過、セミファイナルでスタートのクリートキャッチを完全に失敗してしまい、4位で最初のコーナーへ。コーナーで攻めて走って前を詰めたが、前の選手にラインをふさがれ完全にストップしてしまい敗退となった。
5位決定戦のスモールファイナルのメンバーはインドネシアの昨年の覇者、優勝候補の台湾と強豪が揃いスタートから激しいレースが行われた。3番手でファーストコーナーを抜けてそのままゴールとなり7位となった。

レースを終えて、タイをはじめ他国は種目の多いマウンテンバイク競技全体の強化を行っておりどのレースも競技力が向上している印象を受けた。
今後選手各自の努力だけでなく、日本全体での強化をしっかりとおこなっていく必要性を強く感じた。

沢山のご声援ありがとうございました。

JCF
マウンテンバイクヘッドコーチ
鈴木雷太