日本自転車競技連盟
  • HOME
  • MOUNTAIN BIKE
  • NEWS
  • 【大会レポート:2日目】第26回アジアマウンテンバイク選手権大会/第12回アジアジュニアマウンテンバイク選手権大会
2020/02/02

【大会レポート:2日目】第26回アジアマウンテンバイク選手権大会/第12回アジアジュニアマウンテンバイク選手権大会

1 日時 令和2年2月1日ー2月5日
2 会場 タイ チェンライ
大会二日目はダウンヒル決勝が行われた。
会場はXCOから約8km離れた別会場で行われた。コースは大きなお寺にゴールする1.14kmの特設コース。ジャンプやラダー、バームなども設置されたコース。標高差が少なくペダリングセクションが多く、土質も赤土が削れてダスティーでタイヤが埋もれやすいので、コースをよく熟知してコースを踏み外さないようにするなど、日本にはない路面コンディションで決勝が行われた。
14時27分 7人目に羽口鉄馬がスタート。午前の試走でも走り込み昨日より2秒縮めて11位。
11人目スタートで秋元拓海。昨日の試走時に激しくクラッシュをして膝を強打。山本マッサーに処置してもらいスタートを切った。日本選手で唯一DHバイクで走ったが膝の痛みもありペダリングセクションでスピードに乗せられなかったが、昨日より2秒縮めて9位。
12人目スタートの九島勇気。昨日は木に激突してのストップもあったが、今日は大きなミスもなく走り、一時は暫定トップとなったがタイナショナルチームが123フィニッシュとなり最終的には昨日より3秒縮めて5位に終わった。
明日はXCO女子U23 川口うららと佐藤寿美2名と、男子U23 北林力、村上功太郎、山口 創平の3名、男子ジュニア松本一成、中島渉のレースが行われる。
ご声援よろしくお願いします。
JCF  マウンテンバイクヘッドコーチ
鈴木雷太