日本自転車競技連盟
2011/04/20

ツール・ド・コリア第6ステージ レポート

総合6位に付けていた伊丹が膝に痛みが出て走行不可能となり第3ステージレース途中でリタイアしたため、3名となった日本チームは上位チームの動きを見ながら、勝負所の第6ステージに勝負を賭けたが、山岳ポイント8.5kmの登り坂で狩野、吉田が2集団で通過。ラスト10kmでメイン集団に追い付き集団ゴール勝負となった。
明日は移動日で休日、終盤3ステージに勝負を賭ける。
(監督 高橋松吉)