日本自転車競技連盟
  • HOME
  • JCF NEWS
  • トラック強化指定選手強化プログラム応募フォームの開設について
2020/09/15

トラック強化指定選手強化プログラム応募フォームの開設について

新しいトラック強化指定選手選考基準(エリート)が2020年9月1日に発効されました。

強化指定選手の選考には従来通り全日本選手権大会をはじめとする各大会での成績やパフォーマンスが考慮されますが、新たに短距離・中距離それぞれの種目でのパフォーマンス基準が設けられましたので、選考基準をご確認ください。

トラック強化指定選手選考基準(2020年9月1日~2022年3月31日)

こちらのパフォーマンス基準を満たした方で、トラック強化指定選手強化プログラムに興味のある方はぜひ下記応募フォームにご登録ください。(登録可能期間:2020年9月15日~2020年10月25日)

11月に開催予定の全日本自転車競技選手権-トラックにおいて、ナショナルコーチがご応募いただいた選手の審査を行い、その後伊豆のハイパフォーマンスセンター・オブ・ジャパン・サイクリング(HPCJC)にて選手を選考するための合宿を予定しています。

なお、JCFが2024年パリオリンピックに向けて注力する種目/選手を募集したい種目は次の通りです。

短距離:
男女ともにケイリン、スプリント、チームスプリント。中でも男女チームスプリントのスターター(第一走者)と女子スプリントの選手を特に募集しています。コーチは、チームスプリント及びタイムトライアルの1周目のパフォーマンスおよび女子200m予選やケイリンでのパフォーマンスも注視しています。

中距離:
男子はオムニアム、マディソン、チームパーシュート。女子はオムニアムとマディソンの選手を特に募集しています。コーチは、個人パシュートでのパフォーマンスも注視しています。

ご応募お待ちしております。

応募フォーム