日本自転车竞技连盟
2013/09/30

世界選ロード男子エリート<速報>

朝から雷雨で中止になるのではと思うぐらいの雷雨で、選手も厳しいレースを強いられていた。
悪天候と長丁場のレースのため、勝負を決したのは20名前後の集団のまま最終周回に入り、4名の選手が集団から抜け出し、RODRIGUEZ OLIVER Joaquin(スペイン) VALVERDE BELMONTE Alejandro(スペイン) FARIA DA COSTA Rui Alberto(ポルトガル)、NIBALI Vincenzo(イタリア)と2名の選手が入ったスペインチームが有利なレース展開となり、RODRIGUEZ OLIVER Joaquin(スペイン)がアタック、それを必死に追い上げようと追走する地元開催国のNIBALI Vincenzo(イタリア)、スペイン対イタリアの戦いを冷静に見ながら勝機を伺っていたFARIA DA COSTA Rui Alberto(ポルトガル)がアタック、逃げていたRODRIGUEZ OLIVER Joaquin(スペイン)をゴール前でとらえ二人のゴール勝負となった、ゴール勝負を制したのはFARIA DA COSTA Rui Alberto(ポルトガル)が初優勝で2013年世界選手権は終了した。(強化コーチ 高橋 松吉)


※日本选手不出场