Japon voiture de Zhuan Athletic League
2007/12/19

All Japan charge de l'étudiant Round Series 9 (IRIS-cho) Résultat

img635朝から冷たい風が吹く中、シリーズ第9戦が12月16日(日)に埼玉県菖蒲町にて開催された。大会は埼玉県自転車競技連盟主催の埼玉県クリテリウム大会の1レースに組み込まれ行なわれた。
レースは、11時30分より1周3kmの周回コースを10周・30kmの設定で毎周回1着3点、2着2点、3着1点が与えられ、さらに最終ポイントは1着15点から10着2点までにそれぞれポイントが与えられるポイントレース形式で行われた。
スタートと同時に飯塚航(中央大学)のペースアップにより集団の振り落としが行われる。その中で飯塚、半田信頼(順天堂大学)、續谷利次(早稲田大学)、橋本龍弘(日本大学)の4人の逃げが決まってしまう。
集団との差は500mくらいに広がるも、周回中ほとんどの場所で向かい風か横風にあおられる程の強風だったため、集団からの単独の追い上げではなかなか逃げ集団に追いつくことはないまま差が広がりながら周回が進む。
逃げている4人で中間スプリント争いをしながらも半田、續谷のどちらかが1位通過の3点を取り着実に点数をかせいでいく。4周目に飯塚、6周目に橋本が集団より遅れ1人では強風のためどうにもならず集団に戻る。その後も2人で逃げることとなるが集団との差は依然と縮まることはない。
9周目に順天堂大学の辻本翔太、石川雄太が集団より飛び出し、その後1週間前のシリーズ第8戦で優勝した十時正嗣(早稲田大学)も追う。ゴール1km手前で逃げている2人に辻本、石川が追いつき十時は追いつくことが出来ず、順大3人対早大續谷1人のゴール勝負となった。
最後は順大3人が1、2、3着でゴール。最初より逃げていた半田が1番にゴールしそのまま中間ポイントと合わせて33点で優勝。半田はシリーズ第8戦にてクラス3で3位となり来年度の選手権ロード参加資格を収得したばかりの順天堂大学1年の選手である。續谷は4着でゴールするも中間ポイントとの合計で2位、ゴール2着の辻本が3位となった。
次のシリーズ戦は第10戦、11戦はそれぞれ1月13日、2月10日に同じ場所(埼玉県菖蒲町)で開催され、最終戦が2月11日に明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会となる。(日本学生自転車競技連盟)

[Résultats] athlétisme
● iris-cho Critérium Round 1
1La confiance Lieu de soudure Juntendo
2Lee Valley bits Suite fois l'Université Waseda
3Placez Tsujimoto Shota Juntendo
4Placez Hashimoto RyuHiroshi Université Nihon
5Placez Juntendo Yuta Ishikawa
6Placez l'Université de Waseda Masatsugu dix heures

◆ classement de la série (au cours de la série 9 Exit)
1Placez l'Université de Chuo Masahiro Watanabe
2Placez Kasahara Kei 輔 Université Meiji
3Placez Tsujimoto Shota Juntendo
4Placez l'Université de Chuo Masayuki Yamamoto
4Placez Ryo Ikeda Université Meiji

Liens Connexes:http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/