日本自転車競技連盟
2010/05/09

女子ロードワールドカップ<速報>

5月9日(日)女子ワールドカップ(チョンミン島)

昨夜から降り出した雨の降る中、盛大なセレモニーが開かれ、要人を紹介した後、特設ステージで選手を紹介し、スタート時間を待つ。
チョンミン島に昨年完成した橋を上海方面に渡り出口ゲート前をUターンする、走行距離138.6kmで行われた。
コース上に設けられた山岳ポイントは海抜72mの橋の頂上で折り返しを含め2回、スプリントが2回、17チームが参加、10時スタート。
27.4km地点、1回目のスプリントポイントで豊岡が2着に入り積極的なレース展開を見せる。
58km地点山岳ポイントで集団が大きく分かれる。橋をUターンする時点でトップ集団22名。残念ながら日本チームの選手は第2集団に取り残される。
2回目の山岳ポイント67.3km地点で8名の選手がトップグループを形成。14名の第2グループ、豊岡・森田・牧瀬を含むメイン集団の第3グループ、そして上野、明珍を含む第4グループと分かれた。
メイン集団はトップ集団9名とのタイム差は1分前後と変わらないが、90km地点で第2グループを吸収、トップ集団に入っていないチームが協力してメイン集団のペースを上げる。
徐々にタイム差を詰めるが、思った以上にタイム差が詰まらない中、トップグループからSarah DuslerとJudith Arndtが抜け出し逃げる。
間もなくして第2グループとなった6名の選手はメイン集団に吸収され、逃げている2名とのタイム差は30秒、ラスト 20kmで20秒、徐々にタイム差が詰まりラスト3kmでメイン集団に吸収され、大集団のゴール勝負となった。
チョンミンレース同様、上位の3選手は同じく Ina Yoko Teutenberg(チームコロンビア)が優勝。
日本チームの最高位は豊岡の31位に終わった。(高橋 松吉)

1位 Ina Yoko Teutenberg (JER) 3:30.17
2位 Kirsten Wild (NED)
3位 Rochelle Gilmore
31位 豊岡 英子
42位 森田 正美
50位 牧瀬 翼
78位 上野 みなみ +14:17
明珍 裕子(DNF)