Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • CYCLOCROSS
  • NEWS
  • 第24回シクロクロス全日本選手権大会 マキノ高原大会Day2 速報
2018/12/09

第24回シクロクロス全日本選手権大会 マキノ高原大会Day2 速報

シクロクロスレースの日本一を決める「第24回シクロクロス全日本選手権大会(兼2019年シクロクロス世界選手権代表候補選手選考会)」が滋賀県高島市マキノ高原特設コースにおいて開催。2日目となる12月9日(日曜日)の午後は男女エリートのレースが行われた。雪は降ったり止んだりを繰り返すが、第2レース終了後に行われたエリートクラスの試走によってラインが掘り起こされ泥混じりのシャーベット状のラインが完成した。

この日の第3レースとなる女子エリートは12:40にスタート。松本 璃奈(TEAMSCOTT)がホールショットを奪い、前年チャンピオンの今井 美穂(CO2bicycle)と並んでピット前を通過。それに続いたのが與那嶺 恵理(OANDAJAPAN)。
松本が少しづつリードを奪い、それを今井と與那嶺がパックで追走する。松本が逃げる中、今井と與那嶺はお互いにミスを繰り返し、今井が単独で2位となる。先頭を走る現役高校生の松本はラップごとに差を広げ、2分差をつけて優勝した。

そして最終レースとなる男子エリート。出走は78名。ホールショットを奪ったのは雪に強いと定評のある横山 航太(Shimano Racing)、しかし担ぎのセクションで前田 公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)がリードを奪うことに成功した。それを横山、沢田 時(TEAMBRIDGESTONECycling)、丸山 厚(チームリドレー)が追う。やがて横山が2パックから抜け出し、前田を追うが1周目にできた15〜6秒の差は詰まることなく、前田が優勝。2位には横山。3位にはスタートで出遅れてしまった小坂 光(Utsunomiya Blitzen Cyclocross team)が、丸山、沢田を交わして入った。
各クラスの結果は以下の通り。

Women's Elite
1 : 松本 璃奈  TEAMSCOTT 41:35
2 : 今井 美穂  CO2bicycle +2:03
3 : 與那嶺 恵理  OANDAJAPAN +2:40

Men's Elite
1 : 前田 公平  弱虫ペダルサイクリングチーム 50:29
2 : 横山 航太  シマノレーシング +0:16
3 : 小坂 光  宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム +0:36