Japan Auto vom Zhuan Athletic League
2011/08/14

第26回ユニバーシアード男子BMX<速報>

藤原海渡男子BMX
1位 KLESHCHENKO Evgeniy RUS 31.654
2位 YASHKIN Kirill RUS 32.587
3位 BIKNIUS Tautvydas LTU 32.731
5位 藤原 海渡 JPN 50.625

<藤原選手本人のレポート>
今回のユニバーシアードのコースは日本にはないくらいジャンプも大きく、また練習時に雨が降ったりで練習時間も限られていたので苦戦しました。
予選では他国の選手もプロセクションでのクラッシュが多く、みんな限られた練習時間に苦戦しているようでした。
Außerdem、インターバルが短かったため、僕は体力を温存したり他の選手の走りを見るようにしました。
今回のコースでもスタートがとても重要で、パッシングポイントはプロセクションとその後の第二バームにねらいをつけました。
決勝ではスタートに失敗してしまい、出遅れてしまいましたが他の選手が第一バームで混戦になると予測したので、プロセクションで勝負しようと考えて走りました。
第二バームの入り口で4位・3位の選手と接近し、インからパスしようとしましたが4位の選手に接触し、スリップしてしまいました。前の選手も転倒する可能性も多いために早くレースに戻りましたが、そのままクラッシュも無く5位でゴールしました。
今回のレースではハイレベルなコースで走れたのでとても良い経験と刺激になりました。
Außerdem、肝心な時にミスをしないようにもっとレースにもなれる必要があると感じています。
(藤原 海渡)