日本自転車競技連盟
  • HOME
  • MOUNTAIN BIKE
  • NEWS
  • 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)における自転車競技マウンテンバイク代表選考基準について
2020/05/26

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)における自転車競技マウンテンバイク代表選考基準について

マウンテンバイクの選手選考については選考基準発表から約2年間の実績と、更に直近1年間の成績(UCIポイント)を基準とするとしてきました。 しかし新型コロナウイルスの影響による2020年のオリンピック延期、そして3月15日以降UCIポイントの付くすべてのレースは停止となり、 選考期間は5 月28 日を待たずして約75 日間のチャンスが失われてしまいました。

これらの影響を考慮した選考期間の延長、また5月15日付のUCI追加発表を受けた2021シーズンのワールドカップ2大会追加なども検討してきましたが、
・資格基準期間2年間の約90%、個人ランキング換算期間1年間の約80%は既に消化されており、一定の判断ができる期間と判断できること
・今後の世界的な活動計画も定まらない中、また、安全性についても不安のある遠征の助長を促しかねない期間設定は得策ではないこと
・期間延長を行うよりも選考を早期に決着させることが選手への配慮、安心感を与え、1年後の大会に向けて最大限調整することができること

これらのことから当初の基準に従って、競技者の選考をすることといたしました。
なお、選考結果の選手発表は後日改めてお知らせいたします。

マウンテンバイク委員会

「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)選手選考基準について 種目別選考基準一覧」