日本自転車競技連盟
  • HOME
  • 連盟概要
  • NEWS
  • 第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウムみどころ(学連より)
2010/02/19

第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウムみどころ(学連より)

日本学生自転車競技連盟(学連)の主催する、第4回明治神宮外苑学生自転車クリテリウム大会が、今週末21日に学生スポーツのメッカである神宮外苑で行われる。コースは、明治記念館前をスタート/ゴールとし、銀杏並木を折り返す1.5kmで、8カテゴリーに約250名がエントリーしている。
この大会のメインイベントは、14時25分から行われる男子大学対抗クラス。全日本学校対抗選手権(インカレ)ロードや全日本学生選手権ロードなどの選手権大会以外に行われる、全日本学生ロードレースカップシリーズ(全11戦)の最終戦としてその総合優勝者を決定し、各校の上位2名の順位合計の少ない順に学校対抗を争うレースとなる。
今大会でのシリーズポイントは、1位60点、2位48点、3位40点、以下10位までポイントを獲得する事ができる。第10戦終了時点でのシリーズポイントは、1位西園良太(東大)254点、2位堀内俊介(中央)170点、3位十時正嗣(早大)150点となっており、西薗は2位以下を大きく引き離しシリーズ優勝を確定させているが、今大会でも優勝を狙ってくるだろう。
その他優勝を狙ってくる選手として、昨年の本大会で優勝した内間康平(鹿屋体大)、学生選手権クリテリウムで優勝した吉田隼人(鹿屋)、10戦で西薗を押さえて優勝した佐々木龍(早大)、シリーズ2位の堀内などが挙げられる。
女子クリテリウムは、北京オリンピック日本代表の和田見里美(中京)に対し、近藤美子(鹿屋)や田中まい(日体大)らの優勝争いになるだろう。学連登録選手以外も参加でき、シクロクロス日本代表の福本千佳(Ready Go JAPAN)にも注目だ。
さらに、将来学生自転車競技者となる若年層の拡大に向けて、小・中学生ならびにその両親の年齢層にサイクル・ロードレースの楽しみを体験する機会を提供することをも目指しており、小・中学生タイムトライアルやマスターズクリテリウム、セフティー・ロード・ライド講習会なども午前中から開催される。マスターズクリテリウムには、今中大介氏もゲスト参加する予定となっている。
クリテリウムは、自転車レースのなかでも平均40km/h以上、最高60km/h以上で競われる高速レースで、コースを何度も周回するので観戦し易くなっている。都心で開催される公道を使ったロードレースは少なく、自転車レースを体感できる数少ないチャンスなので、是非応援へお越し頂き、母校の選手に声援をお願いしたい。
レース情報はこちらhttp://www.jicf.info/pg63.html

レーススケジュール
10:00 開会式
10:30 小中学生タイムトライアル・マスターズクリテリウムなど
12:20 セフティー・ロード・ライド講習会
13:00 女子クリテリウム
14:25 男子大学対抗