日本自転車競技連盟
  • HOME
  • CYCLOCROSS
  • NEWS
  • 18歳未満の競技者における親権者からのドーピング検査に対する『同意書』の提出について
2021/02/05

18歳未満の競技者における親権者からのドーピング検査に対する『同意書』の提出について

 2021年1月1日に発効する「世界アンチ・ドーピング規程 検査及びドーピング調査に関する国際基準」では、18歳未満の競技者(※大会出場時)がドーピング検査のある大会に出場するために、その親権者のドーピング検査についての同意をアンチ・ドーピング機関に提出することが必要であると定めています。

 2021年1月1日からこの同意書の提出先が変更になっていますので、新しい様式をダウンロードして、親権者の署名した同意書を大会に持参し、携帯してください。

●『同意書の提出方法』
・18歳未満の選手並びにその親権者は指定の様式をダウンロードして、必要事項を記入・署名のうえ、大会出場時にはライセンスと共に持参してください。
この同意書の提出後に再びドーピング検査の対象となった場合は、既に提出済みであることをドーピング検査時に申し出てください。

・詳しくはJADA(日本アンチ・ドーピング機構)のサイトを確認してください。

●『同意書の書式、用紙の取得方法』 下記、ウェブサイトから同意書の様式をダウンロードしてください。
・日本アンチ・ドーピング機構   https://www.playtruejapan.org/
・同意書は、親権者が変わらない限り一度取得すれば満18歳まで有効となります。

様式に変更が有りましたので、JCF国内競技者登録証(ライセンス)発行時に同封の同意書の用紙は使用しないでください。