日本自転車競技連盟
2008/05/23

2008世界大学選手権速報(第1日目)

第五回世界大学選手権自転車競技大会がオランダのNijmegen(ナイメーヘン)で開幕した。
16年ぶりに開催された2006年の第四回大会(ベルギー)に続 き、2年ぶりの開催となった本大会は、ロードレース、ロードタイ ムトライアル、マウンテンバイク・クロスカントリー、マウンテン バイク・マラソンの四種目で、 参加国25カ国、総選手数300 名により競われる。
参加国は、オーストラリア、ベルギー、カナダ、ドイツ、エストニ ア、フランス、英国、グアテマラ、ハンガリー、アイルランド、イ ンドネシア、日本、リトアニア、ルクセンブルグ、オランダ、オー ストリア、ポーランド、ロシア、スロヴェニア、スロヴァキア、 チェコ、ベラルーシュ、南アフリカ、スゥエーデン、スイス。

日本からは以下の6名の選手が参加している。
男子ロードレースおよびロードタイムトライアル
辻本 翔太(つじもと しょうた)順天堂大学3年
湯浅 徹(ゆあさ とおる)明治大学3年
続谷 利次(つづきたに としつぐ)早稲田大学3年
男子ロードレース
十時 正嗣(ととき まさつぐ)早稲田大学3年
男子マウンテンバイク
鈴木 禄典(すずき よしのり)学習院大学3年
女子ロードレースおよびロードタイムトライアル
川又千裕(かわまた ちひろ)鹿屋体育大学2年

大会第一日となった22日はマウンテンバイク・クロスカントリー が行われた。
1周8.1kmのコースは、モトクロス用コースの内部と周囲の森林地帯を使った、比較的フラットでハイスピードなコース設定である。男子はオランダ、スイス、ベルギー、ドイツ、南アフリカ、 チェコ、フランス、英国、スロバキア、オーストラリア、エストニ ア、ハンガリー、日本、リトアニア、スエーデンから57名が出走 した。日本からの出場は鈴木禄典(学習院大学3年)の1名。ス タートでは好ポジションに付け、120分・5.5周のうち0.5 周目は4位つけてフィニッシュ地点を通過したものの、悪路でもハ イギアをパワフルに踏み抜く欧州勢に毎周回徐々に抜かれ、最終的 には1ラップ・マイナスの30位でフィニッシュした。
優勝はスイスのTill MARXであった。
女子は90分・3.5周で行われ、フランスのCaroline MANI が優勝した。

関連リンク:http://www.wucc2008.com/