日本自転車競技連盟
  • HOME
  • TRACK
  • NEWS
  • 2018-2019UCIトラックワールドカップ第3戦 レポート
2018/12/11

2018-2019UCIトラックワールドカップ第3戦 レポート

2018年11月30日から12月2日の3日間にわたり、ドイツ・ベルリンにて2018‐2019シーズンの第3戦となるトラックワールドカップ
ベルリン大会が行われた。
シーズン3戦目のワールドカップとなり、各国・各種目のオリンピックポイントが見え始め、ポイント獲得の戦略が練り直された様子が伺えた。
日本は、短距離から男女6名と中距離から男女6名の合計12名で参戦。女子ケイリンで2017-2018シーズン善戦を見せていた小林優香が3位に入り念願のメダルを獲得、太田りゆが7位と、共に過去最高の成績を残した。

日本勢の結果は以下の通り。

11/30(金)
■女子チームパーシュート
15位 日本(古川美穂、橋本優弥、古山稀絵、中村妃智) 4分38秒119
■男子チームスプリント
9位 日本(雨谷一樹、新田祐大、深谷知広) 44秒328

12/1(土)
■女子スプリント ※タイムは予選200mFTTの記録
21位 小林優香(ドリームシーカー/日本)11秒017
28位 太田りゆ(日本)11秒336
■女子オムニアム
21位 古山稀絵(日本) 13点
■男子ケイリン
9位 新田祐大(日本)
13位 渡邉一成(JPC/日本)

12/2(日)
■女子マディソン
15位 日本(中村妃智、橋本優弥) 0点
■女子ケイリン
3位 小林優香(ドリームシーカー/日本)
7位 太田りゆ(日本)
■男子スプリント
24位 深谷知広(日本) 9秒926
29位 新田祐大(日本) 9秒954
31位 渡邉一成(JPC/日本) 10秒012
■男子オムニアム
13位 窪木一茂(日本) 71点

結果詳細はTISSOT TIMMING HPより
http://www.tissottiming.com/2018/ctrwcIII/ja-jp/Default/

■小林優香のコメント
メダルを取れたことは素直にうれしい。去年は悔しい思いをし、今年の2戦目までも悔いの残るレースだった。ここできっかけがつかめて良かった。欲を言えば違う色のメダルがよかったので、合宿でもう一段パワーアップして次の大会でも表彰台を狙いたい。

本大会の日本選手団