日本自転车竞技连盟
  • HOME
  • BMX
  • 新闻中心
  • 2019大阪BMX国際/JBMXF大東建託シリーズ第4戦/レゼンデ・レナトと榊原爽が優勝!
2019/10/21

2019大阪BMX国際/JBMXF大東建託シリーズ第4戦/レゼンデ・レナトと榊原爽が優勝!

UCIクラス1の2019大阪BMX国際/JBMXF大東建託シリーズ第4戦が、大阪府堺市の大阪府営大泉緑地サイクルどろんこ広場で開催された。前週に東京都の有明アーバンスポーツパークで行われた東京オリンピックのテストイベント、REDAY STEADY TOKYO-自転車競技(BMXレーシング)に出場した選手もエントリー。男子エリートはブラジルのナショナルチャンピオンであるレゼンデ・レナトが優勝。女子エリートはREDAY STEADY TOKYOでも勝利したオーストラリアの榊原爽が連勝を果たした。

 

精英男士
日本勢に加えてオーストラリアの榊原魁と、ブラジルナショナルチャンピオンのレゼンデ・レナトがエントリーしたエリート男子のカテゴリー。決勝レースはレナトが好スタートを決め、全日本チャンピオンの中井飛馬が追うなかで、最後までレースをリードしたレナトがトップでフィニッシュした。2位には中井、3位には吉井康平が入った。

スタートからレースをリードし、最終コーナーをトップで抜けたレゼンデ・レナト(500)が、追い上げる中井飛馬(215)を振り切り優勝した。

レゼンデ・レナトのコメント: 準決勝は第1コーナーで失敗するなどミスが出たが、決勝では完璧な走りができた。日本で優勝することができてうれしい。

エリート男子結果
優勝 レゼンデ・レナト(Brazilian National Team、表彰中央)
2位 中井飛馬(新潟県/日本体育大学、表彰左)
3位 吉井康平(東京都/フォスター電気、表彰右)

エリート女子/ジュニア女子
9名のエリートに、3名のジュニアを加えた12名の混走で行われた女子のレース。決勝はスタートでトップに立った榊原爽をロンドン五輪銀メダリストのサラ・ウォーカー(ニュージーランド)が追う展開となった。ウォーカーが第2コーナーの入り口でインから仕掛けるものの、転倒して後続の選手も巻き込まれてしまう。榊原がトップでフィニッシュし、2位には転倒を回避した丹野夏波、3位に中国のルー・ヤンが入った。4位でジュニアの籔田寿衣がフィニッシュ。規定によりエリートとジュニアの表彰が別に行われるため、籔田がジュニア女子の優勝者となった。

第2ストレートをトップで走る榊原爽(7)を、サラ・ウォーカー(96)が追う展開の決勝レース。

榊原爽のコメント:大阪のレースは15年ぶりで、楽しみにしていたなかで優勝できてうれしい。決勝ではトップ争いをしていたサラ・ウォーカーが転倒して、いい勝負ができなかった面もあったが、スタートから前に出てトップでフィニッシュできた。2年ぶりの日本で友だちに会えて、(BMXに乗る)子どもたちとも交流して楽しめたのもプラスになった。

エリート女子結果
優勝 榊原爽(オーストラリア/Team Sakakibara、表彰中央)
2位 丹野夏波(神奈川県、表彰左)
3位 LU Yan(中国/Chinese BMX National Team、表彰右)

ジュニア女子結果
優勝 籔田寿衣(大阪府/モトクロスインターナショナル、表彰中央)
2位 早川優衣(岡山県、表彰左)
3位 酒井亜樹(大阪府/DEUX ROUES ELITE TEAM、表彰右)

青年男子
エントリーが7名で3レースの総合成績で争われたジュニア男子。全日本チャンピオンの増田優一が圧倒的な強さをみせて、すべてのレースをトップでフィニッシュし表彰台の頂点に立った。

大きなジャンプが連続する第2ストレートをクリアする地元大阪の増田優一。3レースともトップでフィニッシュする強さを発揮した。

ジュニア男子結果
優勝 増田優一(大阪府/Formula International Factory Team、表彰中央)
2位 島比加瑠(東京都/日本体育大学江原高等学校、表彰左)
3位 庄司佳真(神奈川県/Groovy Factory、表彰右)

大会概要
大会名:2019大阪BMX国際/JBMXF大東建託シリーズ第4戦/西日本2戦 大阪大会
赞助:公益財団法人日本自転車競技連盟/一般社団法人全日本BMX連盟
主管:大阪府自転车竞技连盟
公認:国際自転車競技連合(UCI) クラス1
开催场所:大阪府営大泉緑地サイクルどろんこ広場(大阪府堺市)
開催期日:2019年10月19日(泥)~10月20日(日)
後援:大阪市、堺市