Japan car from Zhuan Athletic League
  • HOME
  • TRIAL
  • NEWS
  • 2019Jシリーズトライアル(第3戦)結果
2019/07/16

2019Jシリーズトライアル(第3戦)結果

Assembly name:2019Jシリーズトライアル#03京都大会
Open daily reminders:2019/07/14
Reminders to open:亀岡トライアルランド(京都府亀岡市本梅町西加舎大畑)
Sponsorship:JBTA日本自転車トライアル協会
In charge:ワンダーエナジー

2019年のトライアル国内シリーズ第3戦は京都府亀岡市の亀岡トライアルランドで開催。前夜に少し強めの雨が降り続いたため当日朝には設定を急遽変更するなどの措置がとられたものの、午後競技が終わるまで小雨が続くことになり、特に上位カテゴリーには厳しいグラウンドコンディションでの競技となった。
最上位カテゴリーのスーパーエリートは、寺井一希が開幕戦から三連勝。土屋凌我は寺井と同点ながら1点で抜けたセクションの有無で惜しくも2位となった。3位には今年からスーパーエリートに昇格した谷口友希が入り、来期も最上位カテゴリーで戦う権利を獲得した。
J-エリートは橋本茂樹が僅差で初優勝し、1点差で小椋紘が2位。第2戦に続き市川加那斗が3位に入った。12~29歳男子と15歳以上女子選抜が出場するM-カデットは、濱野伊吹が2回目の優勝となりシリーズ暫定ランキングでも1位となった。2位には第2戦で優勝した横田宏太郎が入り、同点ながらクリーン数の差で漆原悟が3位となった。
午前のカテゴリーでは、マスターズの柳橋岳人が開幕戦から三連勝となり、同点クリーン差で穐丸健一が2位となった。10~16歳男子と12歳以上女子が出場するベンジャミンでは、森蒼汰郎が他を圧倒して開幕戦から三連勝となり、今年13歳になる市川琉那が2位に入った。このベンジャミンでは市川を含め2位から4位まで女子選手が入り、同様にプッシンでも2位から4位までが女子選手となったことも注目される。
2019Jシリーズトライアルは、二か月後の9/15に第4戦広島大会として灰塚ダムトライアルパークで開催。続いて10/6に最終戦となる茨城大会が開催され、年間5戦でシリーズウイナーが決定する。

大会結果:
スーパーエリート (16歳以上 男子選抜)
1 寺井 一希 (チームハリケーン) 66pt(1x1pt)
2 土屋 凌我 (Independents) 66pt(0x1pt)
3 谷口 友希 (TEAM MITANI) 74pt

J-エリート (15歳以上 男子)
1 橋本 茂樹 (F.T.F) 66pt
2 小椋 紘  (RED ZONE) 67pt
3 市川 加那斗 (北関東バイクトライアル) 73pt

M-カデット (12-29歳 男子 , 15歳以上 女子選抜)
1 濱野 伊吹 (RED ZONE)男子 15pt
2 横田 宏太郎 (ワンダーエナジー)男子 18pt(8x0pt)
3 漆原 悟 (MYROAD NAKANO)男子 18pt(5x0pt)

マスターズ (30歳以上 男子)
1 柳橋 岳人 (Independents) 11pt(11x0pt)
2 穐丸 健一 (TEAM TERASO) 11pt(6x0pt)
3 寺曽 秀明 (TEAM TERASO) 13pt

ベンジャミン (10-16歳 男子 , 12歳以上 女子)
1 森 蒼汰郎 (MYROAD NAKANO)男子 6pt
2 市川 琉那 (北関東バイクトライアル)女子 21pt
3 寺曽 芹奈 (TEAM TERASO)女子 27pt

プッシン (8-12歳 男子 , 8歳以上 女子)
1 本田 空夢 (GREENCYCLE)男子 4pt
2 人見 星衣來 (北関東バイクトライアル)女子 7pt
3 坂本 円加 (team N)女子 12pt

チャレンジW (6-10歳 男子 , 6-16歳 女子)
1 柳橋 樹 (Independents)男子 3pt
2 藪木 佑磨 (Independents)男子 5pt(2x1pt)
3 辻 悠人 (GREENCYCLE)男子 5pt(1x1pt)

競技結果(リザルトPDF)

result_2019_js03 - 627.7 kB - (43 hits)

午前競技
午後競技

2019 J-serise Trials #03 Kyoto(ダイジェスト動画)

2019Jシリーズトライアル
http://jbta.jpn.org/event/2019/2019_js.htm