日本自転車競技連盟
  • HOME
  • BMX
  • NEWS
  • 2021年 UCI BMX スーパークロスワールドカップ第3戦(コロンビア) 男子 Under 23 カテゴリー 中井飛馬 優勝 (日本人初 W 杯優勝)
2021/06/02

2021年 UCI BMX スーパークロスワールドカップ第3戦(コロンビア) 男子 Under 23 カテゴリー 中井飛馬 優勝 (日本人初 W 杯優勝)

 コロンビア・ボゴタで開催されている BMX レーシング種目ワールドカップシリーズ第3戦にて、男子 Under23 カテゴリーにて中井飛馬が優勝しました。

1.大会名:2021 UCI BMX スーパークロス ワールドカップ第 3-4 戦
2.大会日程:第3戦 2021年5月29日(土)、第4戦 2021年5月30日(日)
3.大会会場:コロンビア・ボゴタ Pista de BMX Bici cross

<大会レポート>

 今月初旬、イタリアにて開幕した BMX レーシング種目ワールドカップシリーズの第 3 戦が、コロンビア・ ボゴタにて開催されました。 ここボゴタの会場では初のワールドカップ開催であり、エリートカテゴリーにおいては東京オリンピック出 場枠をかけた最終大会に位置づけられた大会となりました。
(日本は開催国枠が付与されるため今大会エリートカテゴリーへは不参加)

 日本からは 2019 年全日本チャンピオンの中井飛馬 (日本体育大学)、2019 年全日本ジュニアチャンピオンの 増田優一(大阪体育大学)の 2 名が Under23(以下 U23)カテゴリーへ参戦しました。
 これまで約 20 年間に渡りジュニアカテゴリー(17−18 歳)と、エリートカテゴリー(19 歳以上)の混合クラスで 実施されてきましたが、今シーズンより新たに 17−22 歳までの U23 カテゴリーが追加となりました。

 男子 U23 は、計 11 カ国、41 名にて争われ、中井は準決勝を 1 位、全体のトップタイムにて通過。増田も 8 位で通過し、日本人 2 名が決勝へ進出しました。 決勝では中井がスタートから先頭にたち、後続の追走から逃げ切り優勝。増田は第 1 コーナーまで 4 位に位 置づけるも、コース中盤にて順位を落とし 7 位でレースを終えました。 ワールドカップシリーズにおいては、日本チームとして初の優勝獲得となりましたが、新設された U23 カテ ゴリーを強化の新たなマイルストーンへと位置づけ、エリートカテゴリーへのスムーズな移行を狙います。 そして、今シーズン第 1 戦女子エリートカテゴリーにて 3 位へ入賞した畠山紗英(日本体育大学)へ続く、ワー ルドカップの舞台に通用する選手の育成に尽力していく方針です。

<中井飛馬コメント>

 今回は勝ちに行くと決め挑んだ大会だっただけに、常にプレッシャーと高い緊張感を持ったレースでした が、最後の決勝でも自分のパフォーマンスを出し切ることができ満足しています。 また、ワールドカップというステージで表彰台に立てたことは、次のエリートカテゴリーへの大事なス テップと捉えています。 第4戦でも同じパフォーマンスを発揮し、この勝ち上がる感覚を積み重ねられるよう準備していきます。

 競技連盟、スポンサー、家族をはじめ、今大会への派遣を実現してくださった全ての皆さま、ありがとう ございました。
引き続き、応援よろしくお願い致します。


<増田優一コメント>

 ワールドカップシリーズへは2年ぶりの参加でしたが、新クラス設立検討段階から視野に入れていた U23 へ挑戦しました。 これまで課題としていた決勝まで勝ち進むプロセスを、今大会では体感でき大きな収穫があった 1 日でし た。
 明日の第4戦では、中井選手と共に表彰台に立てることを目標として走ります。 応援ありがとうございました。



<大会結果男子 Under23>

優勝:中井飛馬 (日本体育大学)
2 位:Castro Cevallos Cristhian Felicicimo(エクアドル)
3 位:Castro Nino Daniel Santiago(コロンビア)
7 位:増田優一(大阪体育大学)

<大会リザルト>

 


photo:日本自転車競技連盟