日本自転車競技連盟
  • HOME
  • CYCLOCROSS
  • NEWS
  • 2021-2022 JCXシリーズ 第5戦 「 関西シクロクロス 資生堂 琵琶湖グランプリ UCI2 」結果
2021/11/22

2021-2022 JCXシリーズ 第5戦 「 関西シクロクロス 資生堂 琵琶湖グランプリ UCI2 」結果

2021-2022 JCXシリーズ 第5戦となる「 関西シクロクロス 資生堂 琵琶湖グランプリ UCI2 」が草津市烏丸半島特設コースで行われた。前節の野辺山大会でUCIポイントを獲得した10人中6人が愛媛県でMTB-XCOの全日本選手権参加のため不在だったが、男女エリートとも今シーズン高い確率で表彰台を獲得している選手らが参加、UCIポイント獲得を目指す他の選手らと新レイアウトのパワーコースを力走した。

男子エリートは9周回で争われ、織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)が1周目の数あるキャンバーセクションの中でも一番斜度がきつい直登セクションで先頭に立つと周回毎に後続との差を広げ独走で優勝し、国内UCIレース2連勝となった。2位争いは終盤までもつれたが、残り2周回で小坂 光(宇都宮ブリッツェン)が横山 航太(シマノレーシング)を切り離すことに成功し2位でフィニッシュ。横山が3位となった。このレースには79名が出走し完走者は19名だった。

女子エリートは6周回で争われ、スタート直後から福田 咲絵(AX cyclocross team)と石田 唯(早稲田大学)のマッチレースかに思われたが、石田のミスを見逃さず福田がトップに立つとその後は独走となり、トップカテゴリー昇格後初優勝を飾った。2位には石田。3位争いは終盤までもつれ、ファイナルラップに望月 美和子(ORCA CYCLING TEAM)を交わした赤松 綾( AYA BIKES)が3位に入った。このレースの出走者は15名、完走者は8名だった。

男子ジュニアには川畑 有矢がただ一人エントリー。CM1との混走によりレースを行った。

UCIカテゴリーのレース結果は以下の通り

男子エリート(9Laps)
1 : 織田 聖 (弱虫ペダルサイクリングチーム) 1:01:50
2 : 小坂 光 (宇都宮ブリッツェン) +01:23
3 : 横山 航太(シマノレーシング) +02:24

女子エリート(6Laps)
1 : 福田 咲絵(AX cyclocross team)48:14
2 : 石田 唯(早稲田大学) +01:44
3 : 赤松 綾( AYA BIKES) +02:14

男子ジュニア
1 : 川畑 有矢 41:43

その他のカテゴリのレース結果は大会ホームページまたはAJOCCホームページを参照してください。