日本自転車競技連盟
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • 2022年世界選手権ロードTT 男子U23レポート
2022/09/22

2022年世界選手権ロードTT 男子U23レポート

2022年世界選手権ロードレース(オーストラリア・ウロンゴン)

9月19日 男子U23個人タイムトライアル 28.8km

競技結果
1位WÆRENSKJOLD Søren(ノルウェー)34分13秒40 平均速度50.502㎞/h
2位SEGAERT Alec(ベルギー)34分29秒74
3位HAYTER Leo(イギリス)34分37秒56
…21位 留目夕陽 36分33秒17 平均速度47,274㎞/h

完走43人/出走44人

コメント
欧州での開催が多い世界選手権ロードだが、今年は2010年以来のオーストラリア開催。日本チームとしての最初の種目は男子U23個人タイムトライアル、留目夕陽が参加した。高速コーナーが頻発するテクニカルなコースを大きなミスなくこなし、終始安定したペースで現在の実力を発揮した。世界選手権タイムトライアル21位という成績は男子U23カテゴリーとしての2020年以降で一番の評価成績といえる。引き続き同種目はロード競技の最重要な必須科目として取り組んでゆきたい。